Storage Gateway ボリュームの復元 - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Storage Gateway ボリュームの復元

AWS Storage Gateway ボリュームスナップショットを復元する場合、スナップショットを Storage Gateway ボリュームとして復元するか、Amazon EBS ボリュームとして復元するかを選択できます。これは、AWS Backup が両方のサービスと統合されており、Storage Gateway スナップショットは Storage Gateway ボリュームまたは Amazon EBS ボリュームのどちらにも復元できるためです。

Storage Gateway のボリュームを復元するには

  1. https://console.aws.amazon.com/backup で AWS Backup コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Protected resources (保護されたリソース)] を選択し、復元する Storage Gateway リソース ID を選択します。

  3. [Resource details (リソースの詳細)] ページには、選択したリソース ID の回復ポイントのリストが表示されます。リソースを復元するには、[バックアップ] ペインで、リソースの復旧ポイント ID の横にあるラジオボタンをクリックします。ペインの右上隅にある [復元] を選択します。

  4. リソースの復元パラメータを指定します。入力する復元パラメータは、選択したリソースタイプに固有です。

    [リソースタイプ] で、このバックアップを復元するときに作成する AWS リソースを選択します。

  5. Storage Gateway ボリュームを選択すると、到達可能な状態のゲートウェイが選択されます。また、iSCSI ターゲット名も選択してください。

    1. 「ボリューム保管済み」ゲートウェイの場合は、[ディスク ID] を選択します。

    2. 「ボリュームキャッシュ」ゲートウェイの場合は、少なくとも保護されたリソースと同じ容量を選択します。

    [EBS ボリューム] を選択した場合は、[ボリューム種別]、[サイズ (GiB)] の値を指定し、[アベイラビリティーゾーン] を選択します。

  6. [Restore role (ロールの復元)] で、この復元のために AWS Backup が引き受ける IAM ロールを選択します。

    注記

    AWS Backup のデフォルトロールがアカウントに存在しない場合は、適切なアクセス権限を持つデフォルトロールが作成されます。このデフォルトロールを削除するか、使用不能にすることができます。

  7. [Restore backup] (バックアップの復元) を選択します。

    [ジョブを復元] ペインが表示されます。ページ上部のメッセージには、復元ジョブに関する情報が表示されます。

AWS Backup を使用して、API、CLI、または SDK でStorage Gateway のリカバリポイントを復元する

StartRestoreJob を使用します。