AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

AWS アカウントの閉鎖に関するよくある質問

このよくある質問では、すべての変更点について説明します。

Q: AWS アカウントを閉めるときにエラーメッセージを受け取りました。何をすればよいですか?

AWS アカウントの閉鎖を行っている際にエラーメッセージを受信した場合は、アカウント担当者またはお問い合わせ先に連絡して請求またはアカウントに関するサポートケースを開き、支援を受けることができます。AWS アカウントを閉鎖できない一般的な原因には、次のようなものがあります。

  • アカウントが AWS 組織のマスターアカウントであり、開いているメンバーアカウントがある。

  • アカウントに未払いの請求書がある。

  • アカウントにルートユーザーとしてサインインしていない。

  • アクティブな AWS Marketplace 販売者である。

Q: AWS アカウントを閉鎖するとどうなりますか?

AWS アカウントを閉鎖すると、次のことが発生します。

  • 閉鎖した AWS アカウントの AWS マネジメントコンソール へのアクセスが制限されます。閉鎖後期間ちゅうは引き続き AWS アカウントにサインインして、過去の請求書情報を表示したり AWS サポート にアクセスすることはできます。他の AWS サービスにアクセスしたり、閉鎖したアカウント内で新しい AWS サービスを開始することはできません。

  • 閉鎖後期間が過ぎると、AWS アカウントに残っているコンテンツおよび終了していない AWS サービスは削除および終了されます。AWS アカウントを閉鎖する前に、AWS アカウントからすべてのコンテンツを取得しておく必要があります。コンテンツの取得方法の手順については、「そのサービスのドキュメント」を参照してください。

  • オンデマンド料金の請求は停止されますが、アカウントを閉鎖するまでに発生した使用量に対しては請求され、翌月の月初に課金されます。また、支払いが進行中であるサブスクリプションを購入した場合、アカウントの閉鎖後も引き続き課金が発生することになります。

Q: AWS アカウントを再開した場合どのような料金が課金されますか?

閉鎖後期間中に AWS アカウントを再開した場合、アカウントを閉鎖する前に終了しなかった AWS サービスのコストが請求される場合があります。たとえば、閉鎖から 30 日後に AWS アカウントを再開する場合、その AWS アカウントには閉鎖時にアクティブな t-example.example Amazon EC2 インスタンスが 1 つのみあり、ご使用のリージョンの t-example.example Amazon EC2 インスタンスの価格が 1 時間当たり 0.01 USD だとすると、その AWS サービスについて 30 日 x 24 時間 x 0.01 USD = 7.20 USD が課金される場合があります。

Q: メンバーアカウントを閉鎖すると組織から削除されるのですか?

アカウントを閉鎖すると、閉鎖後期間が過ぎた後組織から削除されます。それまでは、組織内のメンバーアカウントを閉じても、組織のアカウント制限にはカウントされたままです。制限に対してカウントされないようにするには、組織からアカウントを削除します。

Q: アカウントを閉鎖した後もコンテンツは保持されますか?

アカウントの閉鎖前に削除されたコンテンツは保持されませんが、閉鎖後期間中はコンテンツは削除されまん。閉鎖後期間が過ぎると、アカウントに残されたコンテンツは削除されます。その前にコンテンツを削除する場合は、アカウントの閉鎖前にコンテンツを削除する必要があります。

Q: 他の AWS アカウントに、自分のアカウントの AWS サービスに対するアクセス権を付与しています。自分のアカウントを閉鎖した後、それらのアカウントは AWS サービスにアクセスできますか?

AWS アカウントを閉鎖した後、他の AWS アカウントから閉鎖されたアカウントの AWS サービスへのアクセスリクエストは、他のアカウントに自分のアカウントの AWS サービスへのアクセスを許可してある場合でも、すべて失敗します。AWS アカウントを再開すると、必要なアクセス権限が他のアカウントに付与されている場合、他の AWS アカウントから自分のアカウントの AWS サービスにアクセスできます。