AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

AWS Cost and Usage Report の編集

AWS Cost and Usage report を編集するには、Billing and Cost Management コンソールの [Reports (レポート)] ページを使用します。

注記

レポート名は編集できません。[Report versioning (レポートバージョニング)] で [Overwrite (上書き)] を選択した場合、レポートにリソース ID、時間単位、またはレポートバージョニングを含むかどうか、レポート名を編集することはできません。[Overwrite (上書き)] に設定されたレポートを削除して同じ名前、Amazon S3 バケット、パスプレフィックスで新しいレポートを作成すると、データが破損して正確ではなくなることがあります。

AWS Cost and Usage report を編集するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインして、Billing and Cost Management コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Reports] を選択します。

  3. 編集するレポートを選択し、[Edit report (レポートの編集)] を選択します。

  4. (バージョン管理されたレポートのみ) [Additional report details (その他のレポート詳細)] で、各リソースの ID をレポートに含めるには、[Include resource IDs (リソース ID のインクルード)] を選択します。

  5. [Data refresh settings (データ更新の設定)] で、請求額の確定後に AWS で返金、クレジット、またはサポート料金をアカウントに適用する場合、AWS Cost and Usage report を更新するかどうかを選択します。レポートを更新すると、新しいレポートが Amazon S3 にアップロードされます。

  6. [Next (次へ)] を選択します。

  7. [S3 バケット] に、Amazon S3 レポートを配信するバケットの名前を入力し、[検証] を選択します。バケットでは、適切なアクセス権限が有効になっている必要があります。バケットにアクセス権限を追加する方法の詳細については、Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイド の「バケットとオブジェクトのアクセス許可の設定」を参照してください。

  8. [Report path prefix (レポートパスのプレフィックス)] に、レポート名に付加するレポートパスのプレフィックスを入力します。

  9. (バージョン管理されたレポートのみ) レポートの明細項目を 1 時間ごとに集計するには、[Time granularity (時間詳細度)] で [Hourly (1 時間ごと)] を選択します。レポートの明細項目を 1 日ごとに集計するには、[日別] を選択します。

  10. (バージョン管理されたレポートのみ) [Report versioning (レポートバージョニング)] で、レポートの各バージョンでレポートの以前のバージョンを上書きするのか、以前のバージョンに加えて配信するのかを選択します。

  11. [Enable report data integration for (レポートデータ統合の有効化)] で、AWS Cost and Usage report を Amazon Redshift、Amazon QuickSight、Amazon Athena のいずれにアップロードするかを選択します。Amazon Redshift または Amazon QuickSight のマニフェストを選択すると、レポートは .gz 圧縮で保存されます。Athena マニフェストを選択すると、レポートは parquet 圧縮で保存されます。

  12. [Save] を選択します。