AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

AWS Cost and Usage Report

AWS Cost and Usage report は、AWS の使用状況を追跡し、AWS アカウントに関連する推定請求額を示します。このレポートには、AWS アカウントで使用する AWS 製品、使用タイプ、オペレーションの固有の組み合わせごとに明細項目が表示されます。AWS Cost and Usage report は、時間単位または日単位で情報を集計するようにカスタマイズできます。

AWS Organizations の一括請求機能を使用している場合、このレポートはマスターアカウントでのみ使用することができ、レポート内容には、マスターアカウントに関するすべてのメンバーアカウントのアクティビティが含まれます。メンバーアカウントの所有者は、マスターアカウントの所有者からのみレポートを取得できます。詳細については、「組織の一括請求」を参照してください。

AWS は、アカウントで指定された Amazon S3 バケットにレポートファイルを配信し、1 日 に最大 3 回レポートを更新します。AWS Cost and Usage Report API を呼び出して、レポートを作成、取得、または削除することもできます。各更新は累積的であるため、AWS Cost and Usage report の各バージョンには、すべての明細項目と、以前のバージョンからの情報が含まれます。AWS が月間に生成するレポート数は推定であり、使用量が増えると、当月の残存期間中に変わる場合があります。AWS は毎月末にレポートを確定します。確定されたレポートには、ブレンドコストと非ブレンドコストの計算が含まれ、当月の使用状況がもれなく記録されます。AWS が請求額の確定後に返金、クレジット、またはサポート料金を当月の使用状況に適用する場合、AWS は確定後のレポートを更新することがあります。これはレポートの作成時または編集時にオプションとして設定できます。レポートは、Billing and Cost Management コンソールの [Reports (レポート)] ページでレポートを作成した時点から 24 時間以内に使用を開始できます。

レポートは、Amazon S3 コンソールからダウンロードしたり、Amazon Redshift または Amazon QuickSight にアップロードしたりでき、 Amazon Athena を使用して Amazon S3 内でレポートにクエリを実行したりできます。Amazon Redshift へのアップロードについては、「AWS Cost and Usage Report を Amazon Redshift にアップロードする」 を参照してください。Amazon QuickSight へのアップロードの詳細については、『Amazon QuickSight ユーザーガイド』の「Amazon S3 ファイルを使用したデータセットの作成」を参照してください。Athena を使用してデータのクエリを実行する方法の詳細については、「AWS Cost and Usage Report を Amazon Athena にアップロードする」を参照してください。レポートの作成時に Amazon Redshift、Amazon QuickSight、または Athena マニフェストの作成を選択した場合、Billing and Cost Management は Amazon S3 データおよびマニフェストを提供します。

注記

AWS は、アカウントごとに 5 AWS のコストと使用状況レポート をサポートします。レポートは無料ですが、標準の Amazon S3 ストレージ料金が適用されます。