AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

AWS Cost Explorer API のベストプラクティス

Cost Explorer API を使用する場合は、次のベストプラクティスに注意してください。

Cost Explorer API へのアクセスを設定するためのベストプラクティス

Cost Explorer API のクエリを実行するためには、IAM ユーザーは明示的にアクセス許可を付与されている必要があります。Cost Explorer API へのアクセス権を IAM ユーザーに付与すると、そのユーザーは、そのアカウントで使用可能なすべてのコストと使用状況のデータのクエリを実行できるようになります。 ユーザーに必要な許可を付与するポリシーについては、「」を参照してください。

Cost Explorer API へのアクセスを設定する場合は、プログラムによるアクセスを許可するために一意の IAM ユーザーを作成することをお勧めします。Cost Explorer API へのクエリアクセスを複数の IAM ユーザーに付与する場合は、それぞれにプログラムによるアクセスの IAM ロールを作成することをお勧めします。

Cost Explorer API のクエリを実行するためのベストプラクティス

Cost Explorer API に対してクエリを実行するときは、必要なデータのみを受け取るように、フィルタリング条件を使用してクエリを絞り込むことをお勧めします。これを行うには、時間範囲の間隔を小さく制限するか、フィルタを使用してリクエストから返る結果セットを制限します。これにより、クエリでアクセスするデータセットが大きい場合と比べて、データは早く返ります。

クエリに 1 つ以上のグループ化ディメンションを追加した場合、結果のサイズは大きくなり、クエリのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。ユースケースによっては、データをフィルタリングするのが合理的です。

Cost Explorer API では、最大 12 か月分の履歴データと今月のデータにアクセスできます。また、3 か月分のコスト予測データを日次レベルで表示したり、12 か月分のコスト予測データを月次レベルで表示したりすることもできます。

Cost Explorer API コストを最適化するためのベストプラクティス

Cost Explorer API の料金は、ページ分割されたリクエストごとに請求されるため、クエリを送信する前に、アクセスするデータセットを正確に識別することをお勧めします。

AWS の請求情報は、1 日に最大 3 回更新されます。Cost Explorer API の一般的なワークロードとユースケースでは、1 日に 1 回から数回のコールパターンのケイデンスが想定されています。入手可能な最新のデータを入手するには、必要な期間に対してクエリを実行します。

Cost Explorer API を使用してアプリケーションを作成する場合は、キャッシュレイヤーを含むようにアプリケーションを設計することをお勧めします。これにより、エンドユーザーの基になるデータを定期的に更新できますが、組織内のユーザーがアクセスする度にクエリがトリガーされることはありません。