AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

Cost Explorer を使用したデータの探索

Cost Explorer ダッシュボードでは、Cost Explorer により、過去 1 か月の推定コスト、同月の予測コスト、日別コストのグラフ、上位 5 つのコストの傾向、最近表示したレポートのリストが表示されます。

すべてのコストには、前日までの使用量が反映されます。たとえば、今日の日付が 12 月 2 日である場合、データには 12 月 1 日からの使用量が反映されます。

Cost Explorer のナビゲーション

左側のペインのアイコンを使用して、次の操作を行います。

  • メインの Cost Explorer ダッシュボードへの移動

  • デフォルト Cost Explorer レポートのリストの表示

  • 保存されたレポートのリストの表示

  • 予約に関する情報の表示

  • 予約の推奨事項の表示

使用する Cost Explorer コスト

[Cost Explorer] ページの上部には、[Month-to-date costs (今月の初めから今日までのコスト)] と [Forecasted month end costs (月末の 予測コスト)] があります。[Month-to-date costs (今月の初めから今日までのコスト)] では、今月これまでに発生した見積り料金が表示され、先月の同じ時点と比較します。[Foreccasted month end costs (月末の予測コスト)] では、月末に支払わなければならない、Cost Explorer による見積り額を表示し、前月の実際のコストと比較します。[Month-to-date costs (今月の初めから今日までのコスト)] と [Forecasted month end costs (月末の予測コスト)] には返金は含まれません。

[this month trends (今月の傾向)] セクションでは、Cost Explorer は最上位のコストの傾向を示します。たとえば、特定のサービスに関連するコストが増大、または特定のタイプの RI のコストが増大したことがわかります。すべてのコストの傾向を確認するには、傾向セクションの右上隅にある [View all trends (すべての傾向を表示)] を選択します。

傾向をより詳細に理解するには、これを選択します。その傾向の計算元のコストを表示する Cost Explorer チャートに移動します。

日別の非ブレンドコスト

Cost Explorer ダッシュボードの中央に、Cost Explorer により現在の非ブレンドコストの日別グラフが表示されます。グラフを作成するために使用するフィルターとパラメータにアクセスするには、右上隅の [Explore costs (コストの確認)] を選択します。これにより、ユーザーは、Cost Explorer レポートページに移動します。デフォルト Cost Explorer レポートにアクセスし、グラフを作成するために使用されるパラメータを変更できます。Cost Explorer レポートには、CSV ファイルとしてデータをダウンロードし、レポートとして特定のパラメータを保存するなどの追加機能が用意されています。詳細については、「Cost Explorer レポートの使用」を参照してください。日別の非ブレンドコストには返金は含まれません。

月別の非ブレンドコスト

月別の詳細度

非ブレンドコストを月別の詳細度で表示して、月額料金に適用された割引を確認できます。Cost Explorer ページを開いて、ナビゲーションペインから [Cost Explorer] を選択することで表示できます。ディスカウントはチャートの [RI Volume Discount (RI ボリューム割引)] として表示されます。割引額は Billing and Cost Management コンソールに表示されるディスカウント額と揃えられています。

Billing and Cost Management コンソールで詳細を表示するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインして、https://console.aws.amazon.com/billing/home#/で Billing and Cost Management コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Bills (請求書)] を選択します。

  3. 割引を表示するには、[Credits, Total Discounts and Tax Invoices (クレジット、割引合計、税金請求書)] [Total Discounts (割引合計)] の隣にある矢印を選択します。

月別合計料金

[RI Volume Discount (RI ボリューム割引)] を除外することで月別合計料金を表示できます。

月別ビューから RI ボリューム割引を除外するには

  1. Billing and Cost Management コンソール (https://console.aws.amazon.com/billing/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Cost Explorer] を選択します。

  3. [Launch Cost Explorer (Cost Explorer を起動)] を選択します。

  4. 左側のペインで、[Cost Explorer] を選択します。

  5. [Cost & Usage (コストと使用状況)] を選択します。

  6. [Filters (フィルタ)] ペインで、[Charge Type (料金タイプ)] を選択します。

  7. [RI Volume Discount (RI ボリューム割引)] を選択します。

  8. ドロップダウンを開くには、[Include only (次を含む)] を選択し、[Exclude only (次を除外)] を選択します。

  9. [Apply filters (フィルタを適用)] を選択します。

非ブレンドの純コスト

該当する割引がすべて計算された後の純コストを表示できます。ベストプラクティスとしては、まだ返金やクレジットなどの手動調整を実行する必要があります。これらは割引後の金額であるため、[RI Volume Discounts (RI ボリューム割引)] は表示されなくなります。

最近の Cost Explorer レポート

Cost Explorer ダッシュボードの下部には、最近アクセスしたレポート、アクセス日時、レポートに戻るリンクのリストがあります。これにより、レポートの切り替え、または最も便利なレポートを記憶できます。

Cost Explorer レポートの詳細については、「Cost Explorer レポートの使用」を参照してください。

償却コスト

予約の使用状況全体の RI 購入のコストを表示できます。AWS は非ブレンド前払い金と定期的な予約料金を組み合わせて、該当するインスタンスの日別実質レートを計算し、焼却コストを見積もります。日別表示では、Cost Explorer は前払い予約料金の未使用分を毎月 1 日または購入日に表示します。