AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

カスタムレポートの作成と保存

コストを視覚化するためのカスタム Cost Explorer レポートを作成するには、Cost Explorer コンソールで [New report (新規レポート)] ドロップダウンリストを選択し、以下のいずれかのレポートタイプを選択してレポートフィルタを変更します。

コストと使用状況レポート

コストと使用状況レポートは、サービスの使用状況と、サービス間のコストの分散状況を示します。カスタムレポートを作成するには、「Cost Explorerによるコストの分析」で説明しているすべての機能を使用できます。

RI 使用率レポート

RI 使用率レポートは、Amazon EC2、Amazon Redshift、Amazon RDS、Amazon Elasticsearch Service および Amazon ElastiCache リザーブドインスタンス (RI) の使用率、RI による削減額、RI を浪費した額、選択した時間範囲で RI の購入から得られた純削減額を示します。これにより、RI を過剰購入していないか判断できます。

RI 使用率グラフには、アカウントが使用した RI の時間数が表示されます。これは、すべての RI とサービスを統合した使用状況 (使用率) の把握とモニタリングに役立ちます。また、予約購入で節約したオンデマンドインスタンスコスト、未使用の予約の償却コスト、および予約購入による純削減総額も示されます。AWS では、純削減総額を計算するために、予約の削減額から未使用の予約のコストを差し引きます。

次の表では、削減可能額の例を示します (すべてのコストは USD 単位)。

RI 使用率の 例

アカウント RI 使用率 RI 購入済み時間数 RI 使用済み時間数 RI 未使用時間数 RI 使用済み時間数のオンデマンドコスト RI 有効原価 純削減額 削減可能総額

Martha

0.50

100

50

50

$200

$150

$50

$250

Liu Jie

0.75

100

75

25

$300

$150

$150

$250

Saanvi

1.00

50

50

0

$200

$75

$125

$125

上の表に示すように、Martha、Liu Jie、および Saanvi は、RI を 1.50 USD/時間、オンデマンド時間を 4.00 USD/時間で購入しています。この例をさらに分析することで、各自が RI を購入した場合の削減額を確認できます。

  • Martha は、RI を 100 時間、150 USD で購入しています。彼女は 50 時間を使用しています。同じ時間数をオンデマンドインスタンスで使用した場合のコストは 200 USD です。オンデマンド時間コストの 200 USD から RI のコストを差し引いて、50 USD の削減になります。削減額を最適化するには、RI 購入済み時間数の使用率を高めるか、RI を変換して他のインスタンスに充当するか、RI Marketplace で RI を販売することができます。RI Marketplace で RI を販売する方法の詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド の「リザーブドインスタンスマーケットプレイスで販売する」を参照してください。

  • Liu Jie は、RI を 100 時間、150 USD で購入しています。彼は 75 時間を使用しています。同じ時間数をオンデマンドインスタンスで使用した場合のコストは 300 USD です。オンデマンド時間コストの 300 USD から RI のコストを差し引いて、150 USD の削減になります。

  • Saanvi は、RI を 50 時間、75 USD で購入しています。彼女は 50 時間をすべて使用しています。同じ時間数をオンデマンドインスタンスで使用した場合のコストは 200 USD です。オンデマンド時間コストの 200 USD から RI のコストを差し引いて、125 USD の削減になります。

これらのレポートでは、使用率ターゲットと呼ばれる使用率のしきい値を定義し、使用率ターゲットに到達する RI と しきい値を下回る RI を特定します。これらのレポートでは、RI 使用率として、購入済みの RI 時間のうち該当するインスタンスで使用される時間の割合がパーセント単位に四捨五入されて表示されます。

ターゲット使用率は、グラフ内では点線で示され、グラフ下の表では RI 使用率の欄に着色されたステータスバーとして示されています。ステータスバーが赤色の RI は使用時間数がゼロです。ステータスバーが黄色の RI はターゲット使用率を下回っています。ステータスバーが緑色の RI はターゲット使用率に達しています。灰色のバーのインスタンスは、予約を使用していません。 ターゲット使用率は、[Display Options] セクションで変更できます。グラフからターゲット使用率の線を削除するには、[Show target line on chart] チェックボックスをオフにします。使用率ターゲットを下回った場合に AWS で通知するように予算を作成することもできます。詳細については、「予算によるコストの管理」を参照してください。

グラフにフィルタを適用すると、購入アカウント、インスタンスタイプなどを分析することができます。RI レポートは、RI 固有のフィルタと Cost Explorer の標準フィルタを組み合わせて使用します。RI 固有のフィルタは、Cost Explorer RI 使用率と RI カバレッジレポートでのみ利用できます。これらは、AWS が Cost Explorer フィルタを使用する他の場所では利用できません。以下のフィルタが利用可能です。

  • [アベイラビリティーゾーン] – 特定のアベイラビリティーゾーンで RI 使用率をフィルタします。

  • [インスタンスタイプ] – t2.microm3.medium など、特定のインスタンスタイプで RI 使用率をフィルタリングします。これは、db.m4 などの Amazon RDS インスタンスクラスと、dc2.large などの Amazon Redshift および ElastiCache ノードタイプにも適用されます。

  • [連結アカウント] – 特定のメンバーアカウントで予約をフィルタします。

  • [Platform] – LinuxWindows など、プラットフォームで RI 使用率をフィルタリングします。また、Amazon RDS データベースエンジンにも適用されます。

  • [Region] – 米国東部 (バージニア北部)アジアパシフィック (シンガポール)など、特定のリージョンで RI 使用率をフィルタリングします。

  • [範囲] (Amazon EC2) – Amazon EC2 使用率をフィルタして特定のアベイラビリティーゾーンまたはリージョン用に購入された RI を表示します。

  • [テナンシー] (Amazon EC2) – [専有] や [デフォルト] など、テナントで Amazon EC2 使用率をフィルタリングします。専有テナンシーの RI は単一のテナント用に予約されています。デフォルトテナンシーの RI は、別の RI とハードウェアを共有できます。

使用率ターゲットの変更や RI のフィルタに加え、単一の RI または RI のグループを選択してグラフに表示できます。グラフに表示する対象として、単一の RI または RI のグループを選択するには、図の下にある表で RI の横にあるチェックボックスをオンにします。同時に選択できるリース数は最大 10 です。

Cost Explorer では、すべての RI の合算した使用率がグラフに表示され、個別の RI 予約の使用率がグラフの下のテーブルに表示されます。このテーブルには、各 RI 予約に関する情報のサブセットも表示されます。各予約に関する以下の情報は、ダウンロード可能な .csv ファイルで確認できます。

  • [アカウント名] – RI 予約を所有するアカウントの名前。

  • [サブスクリプション ID] – RI 予約の一意のサブスクリプション ID。

  • [予約 ID] – RI 予約の一意の ID。

  • [インスタンスタイプ] – [t2.micro]、[db.m4]、[dc2.large] などの RI インスタンスクラス、インスタンスタイプ、またはノードタイプ。

  • [RI 使用率] – 購入済みの RI 時間数のうち、該当するインスタンスで使用された割合。

  • [RI 購入済み時間数] – RI 予約の購入済み時間数。

  • [RI 使用済み時間数] – 購入済み時間数のうち、該当するインスタンスで使用された時間数。

  • [RI 未使用時間数] – 購入済み時間数のうち、該当するインスタンスで使用されていない時間数。

  • [アカウント ID] – RI 予約を所有するアカウントの一意の ID。

  • [開始日] – RI の開始日。

  • [終了日] – RI の有効期限日。

  • [RI 数] – 予約に関連付けられている RI の数。

  • [スコープ] – RI が特定のアベイラビリティーゾーンまたはリージョン用であるかどうか。

  • [リージョン] – RI が使用可能なリージョン。

  • [アベイラビリティーゾーン] – RI が使用可能なアベイラビリティーゾーン。

  • [プラットフォーム] (Amazon EC2) – RI の対象プラットフォーム。

  • [テナンシー] (Amazon EC2) – RI が共有インスタンスまたはハードウェア専有インスタンス用であるかどうか。

  • [支払いオプション] – RI が完全な前払い、一部前払い、前払いなし RI のいずれであるか。

  • [提供しているタイプ] – RI がコンバーティブルまたはスタンダードのいずれであるか。

  • [同等のオンデマンド料金] – RI 使用済み時間数のコストをパブリックオンデマンド料金に換算した額。

  • [前払い料金の償却] – この予約の前払いコストを RI 期間全体にならしたもの。

  • [定期的な料金の償却] – 予約の月別コストを RI 期間全体にならしたもの。

  • [RI 有効原価] – 購入した RI 時間の前払い料金の償却と定期的な料金の償却の合計。

  • [純削減額] – Cost Explorer が推定する、予約を購入した場合の削減額。

  • [削減可能額] – RI 全体を使用した場合に見込まれる削減総額。

  • 平均のオンデマンド料金 – 使用した RI 時間のオンデマンド料金。一定期間にわたってオンデマンド料金を表示すると、オンデマンド料金にはその期間に行われた価格変更が反映されます。

    指定した期間に使用量がない場合、平均オンデマンド料金は、[N/A (該当なし)] と表示されます。

  • 合計アセット値 – 予約期間の実質費用。合計アセット値は、開始日と終了日またはキャンセル日の両方を考慮に入れます。

  • 実質的時間料金 – 合計 RI 料金の実質的時間料金。時間料金では、前払い料金と定期的な料金の両方を考慮に入れます。

  • 前払い料金 – 購入した RI 時間の 1 回限りの前払い料金。

  • 時間当たりの定期料金 – 毎月の RI 料金の有効な時間当たりの料金。時間当たりの定期的な料金は、定期的な料金のみを考慮に入れます。

  • 未使用時間の RI 料金 – 使用しなかった RI 時間で費やした時間。

この情報を使用すると、選択した時間範囲での使用済み RI 時間数と、予約しても使用していない RI 時間数を追跡できます。

毎日の RI 利用率グラフには、過去 3 か月分の RI 使用率が 1 日ごとに表示されます。毎月の RI 利用率グラフには、過去 12 か月分の RI 使用率が月ごとに表示されます。

RI カバレッジレポート

RI カバレッジレポートでは、RI でカバーした Amazon EC2、Amazon Redshift、Amazon RDS、Amazon Elasticsearch Service および Amazon ElastiCache インスタンスの時間数、オンデマンドインスタンスに費やした額、予約数を増やした場合に削減できたと推定される額を示します。これによって、RI の購入が不足しているかどうかがわかります。

RI カバリッジグラフには、アカウントのインスタンス時間のうち、予約でカバーした割合が表示されます。これは、すべての RI を統合したカバリッジの把握とモニタリングに役立ちます。また、オンデマンドインスタンスに費やした額および予約数を増やした場合に削減できたと推定される額も表示されます。

RI でどのくらいを対象とするかをカバレッジターゲットと呼ばれるしきい値で定義し、これによってどこで RI をさらに予約できるかがわかります。

ターゲットカバレッジは点線としてグラフに表示され、平均カバレッジはグラフ下の表に着色されたステータスバーで表示されます。ステータスバーが赤色のインスタンスは RI カバレッジがないインスタンスを示します。ステータスバーが黄色のインスタンスはカバレッジターゲットを下回ります。ステータスバーが緑色のインスタンスはカバレッジターゲットを達成しています。灰色のバーのインスタンスは、予約を使用していません。 カバレッジターゲットは、[Display Options] セクションで変更できます。グラフからカバレッジターゲットの線を削除するには、[Show target line on chart] チェックボックスを外します。カバリッジターゲットを下回った場合に AWS から通知を受けるようにカバリッジ予算を作成することもできます。詳細については、「予算によるコストの管理」を参照してください。

RI カバレッジレポートは、RI 使用率フィルタの代わりに Cost Explorer フィルタを使用します。グラフにフィルタを適用すると、購入アカウント、インスタンスタイプなどを分析することができます。RI レポートは、RI 固有のフィルタと Cost Explorer の標準フィルタを組み合わせて使用します。RI 固有のフィルタを利用できるのは Cost Explorer RI 使用率レポートと RI カバレッジレポート のみであり、Cost Explorer フィルタを使用する AWS の他のレポートでは利用できません。以下のフィルタが利用可能です。

  • [アベイラビリティーゾーン] – 特定のアベイラビリティーゾーンで RI 使用率をフィルタします。

  • [インスタンスタイプ] – t2.microm3.medium など、特定のインスタンスタイプで RI 使用率をフィルタリングします。これは、db.m4 などの Amazon RDS インスタンスクラスにも適用されます。

  • [Linked Account] – 特定の連結アカウントで RI 使用率をフィルタリングします。

  • [Platform] – LinuxWindows など、プラットフォームで RI 使用率をフィルタリングします。また、Amazon RDS データベースエンジンにも適用されます。

  • [Region] – 米国東部 (バージニア北部)アジアパシフィック (シンガポール)など、特定のリージョンで RI 使用率をフィルタリングします。

  • [範囲] (Amazon EC2) – Amazon EC2 使用率をフィルタして特定のアベイラビリティーゾーンまたはリージョン用に購入された RI を表示します。

  • [テナンシー] (Amazon EC2) – [専有] や [デフォルト] など、テナントで Amazon EC2 使用率をフィルタリングします。[専有] RI は単一のテナント用に予約され、[デフォルト] RI は、別の RI とハードウェアを共有していることもあります。

カバレッジターゲットの変更や、使用可能なフィルタでの RI のフィルタに加え、単一のインスタンスタイプまたはインスタンスタイプのグループを選択してグラフに表示できます。単一のインスタンスタイプまたはインスタンスタイプのグループを選択してグラフに表示するには、図の下にある表でインスタンスタイプの横にあるチェックボックスをオンにします。同時に選択できるインスタンス数は最大 10 です。

Cost Explorer では、すべてのインスタンスタイプについて合算したカバレッジがグラフに表示され、個別のインスタンスタイプのカバレッジはグラフの下の表に表示されます。このテーブルには、各インスタンスタイプに関する情報のサブセットも表示されます。各インスタンスタイプに関する以下の情報は、ダウンロード可能な .csv ファイルで確認できます。

  • インスタンスタイプ (Amazon EC2)、インスタンスクラス (Amazon RDS)、または ノードタイプ (Amazon Redshift または Amazon ElastiCache) – RI インスタンスクラス、インスタンスタイプ、またはノードタイプ ([t2.micro]、[db.m4]、[dc2.large] など)。

  • データベースエンジン (Amazon RDS) – Amazon RDS カバレッジをフィルタして、[Amazon Aurora]、[MySQL]、[Oracle] など特定のデータベーススエンジンを対象とする RI を表示します。

  • デプロイオプション (Amazon RDS) – Amazon RDS カバレッジをフィルタして、[Multi-AZ (マルチ AZ)] 配置など、特定のデプロイオプションを対象とする RI を表示します。

  • リージョン – [us-east-1] など、インスタンスが実行されたリージョン。

  • [プラットフォーム] (Amazon EC2) – RI の対象プラットフォーム。

  • テナンシー (Amazon EC2) (–) RI が共有インスタンス、ハードウェア専有インスタンス、ホストインスタンス用のいずれであるか。

  • 平均カバレッジ – 予約の対象になっている使用時間の平均数。

  • RI が対象とする時間 – 予約の対象になっている使用時間数。

  • オンデマンド時間 – 予約の対象外の使用時間数。

  • オンデマンドコスト – オンデマンドインスタンスに費やした額。

  • 合計実行時間 – 対象の時間と対象外の時間の両方を含む、使用時間の合計数。

この情報を使用して、使用した時間数とそのうちで RI の対象となった時間数を追跡できます。

日別のグラフは、過去 3 か月の 1 日ごとにアカウントが使用した RI 時間数を表示します。月別のグラフでは、過去 12 か月間の RI カバレッジが月別に表示されます。

レポートの保存

新しいレポートに対する Cost Explorer の設定の編集が完了したら、[Save as...] を選択します。レポートの名前を入力し、[Save Report] を選択します。