AWS のコスト異常検出の開始方法 - AWS Billing and Cost Management

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS のコスト異常検出の開始方法

で AWS Cost Anomaly Detection を使い始めるとき、コストモニターとアラートサブスクリプションを設定するためのオプションをいくつか使用できます。AWS Billing and Cost Management

コストモニターとアラートサブスクリプションの作成

AWS Cost Anomaly Detection を設定すると、モニタリングタイプに応じて、より低い詳細度で異常を検出し、パターンを消費できます。

たとえば、Amazon EC2 使用の利用パターンは、AWS Lambda または Amazon S3 使用パターンと異なる場合があります。AWS のコスト異常検出では、AWS のサービス別に支出をセグメント化することで、誤検出に関連する個別の支出パターンを検出できます。また、AWS アカウント構造に基づいて、特定のコスト配分タグ、メンバーアカウント、コストカテゴリを評価するコスト監視を作成することもできます。

コストモニターを作成するときに、各モニターに固有のアラートサブスクリプションを設定できます。

コストモニターを作成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/cost-management/home で AWS Cost Management を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Cost Anomaly Detection] を選択します。

  3. [Cost monitors (コストモニター)] タブを選択します。

  4. [Create monitor] を選択します。

  5. [Step 1] で、モニターのタイプと名前を選択します。

    各モニタータイプおよびベストプラクティスの詳細については、「モニタータイプ」を参照してください。

    [Monitor name (モニター名)] に異常モニタリングの名前を入力します。[Cost monitors] タブでモニターを表示するときに、モニターが表す内容を把握できるように、名前を短い説明にすることをお勧めします。

  6. [Next] を選択します。

  7. ステップ 2 で、アラートサブスクリプションを設定します。

    [Alert subscription (アラートのサブスクリプション)] で、既存のサブスクリプションがない場合は、[Create a new subscription (新しいサブスクリプションの作成)] を選択します。既存のサブスクリプションがある場合は、[Choose an existing subscription (既存のサブスクリプションを選択)] を選択します。

    注記

    アラートサブスクリプションは、コストモニターが異常を検出すると通知します。アラート頻度に応じて、指定された個人に E メールまたは Amazon SNS で通知できます。たとえば、組織内の財務チームのサブスクリプションを作成できます。

    [サブスクリプション名] に、ユースケースを説明する名前を入力します。たとえば、サブスクリプションがリーダーを対象としている場合、サブスクリプション名は「Leadership report」になります。

    [しきい値] に、アラートを受け取る金額のしきい値を入力します。

    注記

    アラートしきい値は、通知を受け取る金額 (USD) です。機械学習モデルが過去の支出を調べるため、異常検出には影響しません。アラート受信者は、しきい値よりも大きいイベントの通知を受け取ります。たとえば、10 USD のしきい値を設定した場合、アラートの受信には 10 USD を超えるイベントの通知が送信されます。機械学習モデルによって検出されたすべての異常 (10 USD 以下) は、[Detection history] タブに表示されます。

    [Alerting frequency] で、希望する通知頻度を選択します。

    • 個々のアラート - 異常が検出されるとすぐに通知が送信されます。1 日に複数のアラートを受信する場合があります。これらの通知には Amazon SNS トピックが必要です。

    • 日別の概要 - 異常が検出されたときに、アラートが日別の概要を通知します。その日に発生した複数の異常に関する情報を含む 1 つの E メールを受信します。これらの通知には、少なくとも 1 人の E メール受信者が必要です。

    • Weekly summary (週次概要) - アラートは、異常が検出されたときに週ごとの概要とともに通知します。その週に発生した複数の異常に関する情報を含む 1 つの E メールを受信します。これらの通知には、少なくとも 1 人の E メール受信者が必要です。

    [Alert recipients] で、このサブスクリプションの E メールアドレスを入力します。

  8. (オプション) [Add alert subscriptions (アラートサブスクリプションの追加)] を選択して、別のアラートサブスクリプションを作成します。このオプションを使用すると、同じモニターを使用して新しいサブスクリプションを作成できます。

  9. [Create monitor] を選択します。

アラートサブスクリプションを作成するには

モニタリングごとに少なくとも 1 つのアラートサブスクリプションを作成する必要があります。前述の「コストモニターステップの作成」には、アラートサブスクリプションの作成プロセスがすでに含まれています。追加のサブスクリプションを作成する場合は、次の手順を実行します。

  1. [Alert subscriptions (アラートサブスクリプション)] タブに移動します。

  2. [Create a subscription] を選択します。

  3. [サブスクリプション名] に、ユースケースを説明する名前を入力します。たとえば、サブスクリプションがリーダーを対象としている場合、サブスクリプション名は「Leadership report」になります。

  4. [しきい値] に、アラートを受け取る金額のしきい値を入力します。

    注記

    アラートしきい値は、通知を受け取る金額 (USD) です。機械学習モデルが過去の支出を調べるため、異常検出には影響しません。アラート受信者は、しきい値よりも大きいイベントの通知を受け取ります。たとえば、10 USD のしきい値を設定した場合、アラートの受信には 10 USD を超えるイベントの通知が送信されます。機械学習モデルによって検出されたすべての異常 (10 USD 以下) は、[Detection history] タブに表示されます。

  5. [Alerting frequency] で、希望する通知頻度を選択します。

    • 個々のアラート - 異常が検出されるとすぐにアラートで通知されます。1 日に複数のアラートを受信する場合があります。これらの通知には Amazon SNS トピックが必要です。

    • 日別の概要 - 異常が検出されたときに、アラートが日別の概要を通知します。その日に発生した複数の異常に関する情報を含む 1 つの E メールを受信します。これらの通知には、少なくとも 1 人の E メール受信者が必要です。

    • Weekly summary (週次概要) - アラートは、異常が検出されたときに週ごとの概要とともに通知します。その週に発生した複数の異常に関する情報を含む 1 つの E メールを受信します。これらの通知には、少なくとも 1 人の E メール受信者が必要です。

    [Alert recipients] で、このサブスクリプションの E メールアドレスを入力します。

  6. [Cost monitors (コストモニター)] セクションで、アラートサブスクリプションに関連付けるモニターを選択します。

  7. [Create subscription] を選択します。

注記

アクセスできるのは、それを作成したアカウントの下でコストモニターとアラートサブスクリプションのみです。たとえば、コストモニターがメンバー/連結アカウントの下で作成された場合、支払者アカウントはコストモニターの表示や編集、サブスクリプションのアラート、または検出された異常を送信することはできません。

検出履歴値

[Detection history (検出履歴)] タブで、選択した時間枠で検出されたすべての異常のリストを表示できます。デフォルトでは、過去 90 日間に検出された異常を表示できます。[重大度]、[評価]、[サービス]、[アカウント ID]、[使用タイプ]、[リージョン]、または [モニタータイプ] で検索できます。

以下の情報は、[Detection History (検出履歴)] ページに含まれています。

時間枠

オプションは、[過去 30 日間]、[過去 60 日間]、[過去 90 日間] です。

検出日

異常が検出された日。

重要度

履歴使用パターンを考慮することで、特定の異常がどの程度異常であるかを表します。重要度が低い場合は一般的に、履歴の支出と比較したスパイクが小さくなり、重要度が高い場合は大きなスパイクが高くなります。ただし、履歴整合性のある支出による小さなスパイクは重大度が高いと分類され、不規則な履歴支出を含む大きなスパイクは、重要度が低いと分類されます。

所要時間

異常が持続する期間。異常は進行中である可能性があります。

サービス

異常の原因となったサービス。サービスフィールドが空の場合、AWS は異常を検出しましたが、根本原因が明確です。

アカウント ID

異常の原因となったアカウント ID。アカウント ID が空の場合、AWS は異常を検出しましたが、根本的な原因が明確です。

合計コスト影響

通常の履歴の支出と比較して検出された支出の増加。計算は、通常の支出と異常支出です。たとえば、サービスモニターのコストへの影響が 20 USD である場合は、指定した日数を合計として特定のサービスに対して 20 USD の増加を検出したことを意味します。

評価

検出された異常ごとに、異常検出システムの改善に役立つ評価を送信することができます。指定できる値は、[Not submitted (未送信)]、[Not an issue (問題ではない)]、または [Accurate anomaly (正確な異常)] です。

検出された異常と根本原因の表示

モニターを作成すると、AWS Cost Anomaly Detection は将来の支出を評価します。定義済みのアラート設定に基づいて、24 時間以内にアラートの受信を開始できます。

E メールのアラートから異常を表示するには

  1. 提供された [View in Anomaly Detection (異常検出で表示)] リンクを選択します。

  2. [Anomaly details (異常の詳細)] ページで、根本原因の分析と、異常のコストへの影響を表示できます。

  3. (オプション) [View in Cost Explorer (Cost Explorer で表示)] を選択して、根本原因で自動的にフィルタリングされた時系列のグラフを表示します。

  4. (オプション) [Did you find this detected anomaly to be complete (この検出された異常は役に立つと確認しました)?] を選択してフィードバックを送信し、検出精度を向上させます。

コンソールから異常を表示するにはAWS Cost Management

  1. https://console.aws.amazon.com/cost-management/home で AWS Cost Management を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Cost Anomaly Detection] を選択します。

  3. (オプション) [Detection history (検出履歴)] タブで、検索領域を使用して、特定の重要度、評価、サービス、アカウント ID、使用タイプ、リージョン、またはモニタータイプの検出された異常のリストを絞り込みます。

  4. (オプション) 特定の異常の詳細を表示するには、[Detection date (検出日)] を選択します。

  5. [Anomaly details (異常の詳細)] ページで、根本原因の分析と、異常のコストへの影響を表示できます。

  6. (オプション) [View in Cost Explorer (Cost Explorer で表示)] を選択して、根本原因で自動的にフィルタリングされた時系列のグラフを表示します。

  7. (オプション) [Did you find this detected anomaly to be complete (この検出された異常は有用です)?] を選択し、フィードバックを送信して、検出精度を向上させます。

モニタータイプ

アカウント構造に適したモニタータイプを選択できます。現在、以下のモニタリングタイプが用意されています。

  • サービスAWS - 社内の組織や環境で支出をセグメント化する必要がない場合は、このモニタリングをお勧めします。この単一のモニターでは、個々の AWS アカウントで使用されるすべての AWS サービスに異常が評価されます。新しい AWS のサービスを追加すると、モニターは自動的に新しいサービスに異常がない評価を開始するため、設定を手動で設定する必要はありません。

    注記

    メンバーアカウント内では AWS サービスのみを監視できます。

  • 連結アカウント - このモニターでは、個人またはメンバーアカウントのグループの合計支出を評価します。このモニターは、Organizations が、個人またはアカウントのグループとして定義するチーム、製品、サービス、または環境によって支出をセグメント化する必要がある場合に便利です。モニターごとに選択できる連結アカウントの最大数は 10 です。

  • Cost category (コストカテゴリ) - コストカテゴリを使用して支出を整理および管理する場合に推奨されるモニタリングです。このモニタータイプは 1 つの key:value ペアに制限されています。

  • コスト配分タグ - このモニターは、コスト配分タグで定義されたチーム、製品、サービス、または環境別に支出を分類する必要があるため、[Linked account (リンクされたアカウント)] と似ています。このモニタータイプは 1 つのキーに制限されていますが、複数の値を受け入れます。モニターごとに選択できる値の最大数は 10 です。

複数のモニタータイプにまたがるモニターは作成しないことをお勧めします。これにより、重複したアラートを生成する重複した費用の評価につながる場合があります。

トピックの作成の詳細については、「Amazon SNS」を参照してください。異常検出用の Amazon SNS トピックの作成