AWS 異常検出で異常な使用料を検出する - AWS Billing and Cost Management

AWS 異常検出で異常な使用料を検出する

AWS コスト異常検出とは、機械学習を使用して、コストと使用量を継続的にモニタリングし、異常な支出を検出する AWS コスト管理機能です。AWS コスト異常検出を使用すると、次のようなメリットがあります。

  • 集計レポートで個別にアラートを受信します。E メールまたは Amazon SNS トピックでアラートを受け取ることができます。

  • 機械学習手法を使用して支出パターンを評価し、誤検出アラートを最小限に抑えます。たとえば、週別または月別の季節的な増加や組織的な増加を評価できます。

  • コストの増加を促進するアカウント、サービス、リージョン、使用状況の種類など、異常の根本原因を分析して特定します。

  • コストを評価するために必要な方法を設定します。AWS サービスのすべてを、個別に、またはメンバーアカウント、コスト配分タグ、またはコストカテゴリごとに分析するかどうかを選択することができます。

注記

AWS コスト異常検出は、請求データが処理されてから 1 日に約 3 回実行されます。アラートの受け取りには若干の遅延が発生することがあります。その結果、アラートを受け取るまでに通知金額を超える追加コストが累積される可能性があります。