異常検出をセットアップする - AWS Billing and Cost Management

異常検出をセットアップする

このセクションの概要は、AWS Billing and Cost Management で AWS コスト異常検出を開始する際の参考になります。

Cost Explorer を有効にする

AWS コスト異常検出は、Cost Explorer 内の機能です。AWS コスト異常検出にアクセスするには、Cost Explorer を有効にします。コンソールを使用してCost Explorer を有効にする方法については、「Cost Explorer を有効にする」を参照してください。

IAM を使用してアクセスを制御する

マスターアカウントレベルで Cost Explorer を有効にしたら、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用して個々の IAM ユーザーの請求データへのアクセスを管理できます。これで、すべてのメンバーアカウントへのアクセスを許可するのではなく、アカウントごとに個別のレベルでアクセスを付与または取り消すことができます。

IAM ユーザーは、請求情報とコスト管理コンソールからページを閲覧するための明示的な許可を与えられていることが必要です。適切なアクセス許可が付与されていれば、IAM ユーザーは IAM ユーザーが属する AWS アカウントのコストを表示できます。IAM ユーザーに必要な許可を付与するポリシーについては、「請求情報とコスト管理アクションポリシー」を参照してください。

コンソールにアクセスする

セットアップが完了したら、AWS コスト異常検出にアクセスします。

AWS コスト異常検出にアクセスするには

  1. AWS Management Console にサインインして AWS コスト管理 (https://console.aws.amazon.com/cost-management/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[コスト異常検出] を選択します。

Quotas

デフォルトのクォータについては、「AWS コスト異常検出」を参照してください。