メニュー
AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

ボリューム割引

重要

一括請求 (コンソリデーティッドビリング) は AWS Organizations の機能になりました。Billing and Cost Management ドキュメントに記載されている情報は、古くなっている可能性があります。一括請求に関する最新の情報については、AWS Organizations ユーザーガイドの「一括請求と AWS Organizations」を参照してください。

請求目的上、一括請求対象の全アカウントは 1 つのアカウントとして扱われます。Amazon EC2 や Amazon S3 のようないくつかのサービスには、ある特定の使用量におけるボリューム料金階層があり、サービスをより多く使用すると低価格が適応されます。一括請求では、全アカウントの使用量を合算し、適用すべきボリューム料金階層が決定されるため、お客様に請求されるトータルの料金は可能な限り低いものになります。そして、各連結アカウントの使用量に基づき、それらに全体のボリューム割引部分を割り当てます。

各連結アカウントの [Bills] ページには、一括請求のすべてのアカウント全体で計算される範囲平均レートが表示されます。たとえば、ボブの一括請求には、ボブ自身のアカウントとスーザンのアカウントの両方が含まれているとします。ボブのアカウントは支払いアカウントであるため、自分自身とスーザンの両方の料金を支払います。

以下の図に示されているように、今月ボブは8 TB、スーザンは4 TB のデータ転送送信を使用しました(合計12 TB を使用)。

この例では、最初のデータ転送送信10 TB の使用に対して GB 当たり0.17 USD、次の 40 TB の使用に対して GB 当たり0.13 USD を AWS が請求するとします。これは換算すると、最初の 10 TB に対して TB 当たり$174.08、次の 40 TB に対して TB 当たり$133.12ということになります(1 TB = 1,0244バイト)。

この場合、以下が、ボブとスーザンが使用した合計 12 TB に対してボブの支払いアカウントに請求される合計金額となります: (174.08 USD x 10 TB) + (133.12 USD x 2 TB) = 1,740.80 USD + 266.24 USD = 2,007.04 USD。

 従量制割引

したがって、月間のデータ転送送信の単位当たりコストは、2,007.04 USD/12 TB = TB 当たり 167.25 USD となります。これが、一括請求に含まれている各連結アカウントの [Bills] ページおよびダウンロード可能なコストレポートに表示される範囲平均レートです。

一括請求全体に対する範囲価格の割引がなければ、AWS は、ボブとスーザンの使用量に対して TB 当たり174.08 USD、合計で 2,088.96 USD を請求することになります。

特に Amazon SimpleDB には無料利用枠がありますが、その無料利用枠はすべてのアカウントの合計使用量に対して適用されることにご注意ください。各アカウントの使用量に対して無料利用枠が適用されるわけではありません。Amazon SimpleDB の請求範囲の詳細については、Amazon SimpleDB 製品ページを参照してください。