証跡のログ記録をオフにする - AWS CloudTrail

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

証跡のログ記録をオフにする

証跡を作成すると、自動的にログ記録が有効になります。証跡のログ記録をオフにすることができます。既存のログは証跡の Amazon S3 バケットに引き続き保存されます。

CloudTrail コンソールで証跡のログ記録をオフにするには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインした後、https://console.aws.amazon.com/cloudtrail/ にある CloudTrail コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Trails (証跡)] を選択し、証跡の名前を選択します。

  3. 証跡の詳細ページの上部で、[ログ記録の停止] を選択して証跡のログ記録を無効にします。

  4. 確認を求められたら、[Stop logging (ログ記録の停止)] を選択します。 CloudTrailは、その証跡のログ記録アクティビティを停止します。

  5. その証跡のログ記録を再開するには、証跡設定ページで [Start logging (ログ記録の開始)] を選択します。