CloudTrail 複数の地域からのログファイルの受信 - AWS CloudTrail

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CloudTrail 複数の地域からのログファイルの受信

複数のリージョンのログファイルを 1 つのアカウントの 1 つの S3 バケットに配信するように設定できます CloudTrail 。たとえば、米国西部 (オレゴン) リージョンに S3 CloudWatch バケットにログファイルを配信するように設定されたトレイルとログロググループがあるとします。既存の単一リージョントレイルをすべてのリージョンを記録するように変更すると、アカウントの 1 CloudTrail AWS つのパーティションにあるすべてのリージョンのイベントがログに記録されます。 CloudTrail ログファイルを同じ S3 CloudWatch バケットとロググループに配信します。S3 CloudTrail バケットに書き込む権限がある限り、マルチリージョントレイルのバケットはトレイルのホームリージョンにある必要はありません。

アカウントのすべてのパーティションのすべてのリージョンのイベントを記録するには、 AWS 各パーティションにマルチリージョントレイルを作成します。

コンソールでは、デフォルトで、作業している AWS パーティションのすべての AWS リージョン のイベントをログ記録する証跡を作成します。これは推奨されるベストプラクティスです。単一リージョンでイベントのログ記録を行うには (非推奨)、AWS CLIを使用します。すべてのリージョンにログインするように既存の単一リージョンの証跡を設定するには、 AWS CLIを使用する必要があります。

既存の証跡を変更し、すべてのリージョンに適用されるようにするには、--is-multi-region-trail オプションを update-trail コマンドに追加します。

aws cloudtrail update-trail --name my-trail --is-multi-region-trail

証跡がすべてのリージョンに適用されるようになったことを確認するために、出力の IsMultiRegionTrail 要素に true と表示されます。

{ "IncludeGlobalServiceEvents": true, "Name": "my-trail", "TrailARN": "arn:aws:cloudtrail:us-east-2:123456789012:trail/my-trail", "LogFileValidationEnabled": false, "IsMultiRegionTrail": true, "IsOrganizationTrail": false, "S3BucketName": "my-bucket" }
注記

awsパーティション内で新しいリージョンが起動すると、 CloudTrail 元のトレイルと同じ設定で新しいリージョンに自動的にトレイルが作成されます。

詳細については、以下のリソースを参照してください。