AWS CLI を使用して CloudTrail のサービスにリンクされたチャネルを表示します - AWS CloudTrail

AWS CLI を使用して CloudTrail のサービスにリンクされたチャネルを表示します

AWS サービスは、サービスにリンクされたチャネルを作成して、ユーザーに代わって CloudTrail イベントを受信できます。サービスにリンクされたチャンネルを作成する AWS サービスは、チャンネルの高度なイベントセレクターが設定され、チャンネルをすべてのリージョンに適用するのか、単一のリージョンに適用するのかを指定します。

AWS CLI の使用で、AWS サービスによって作成された CloudTrail サービスにリンクされた、チャネルに関する情報を表示できます。

CloudTrail サービスにリンクされたチャネルを取得します

以下の例 AWS CLI コマンドは、特定の CloudTrail サービスにリンクされたチャネルに関する情報を返します。これには、宛先 AWS サービスの名前、チャネル用に構成された高度なセレクター、およびチャネルがすべてのリージョンまたは単一のリージョンに適用されるかどうかが含まれます。

--channel には、ARN、または ARN の ID サフィックスを指定する必要があります。

aws cloudtrail get-channel --channel EXAMPLE-ee54-4813-92d5-999aeEXAMPLE

以下に、応答の例を示します。この例では、AWS_service_name は、チャンネルを作成した AWS サービスの名前を表します。

{ "ChannelArn": "arn:aws:cloudtrail:us-east-1:111122223333:channel/EXAMPLE-ee54-4813-92d5-999aeEXAMPLE", "Name": "aws-service-channel/AWS_service_name/slc", "Source": "CloudTrail", "SourceConfig": { "ApplyToAllRegions": false, "AdvancedEventSelectors": [ { "Name": "Management Events Only", "FieldSelectors": [ { "Field": "eventCategory", "Equals": [ "Management" ] } ] } ] }, "Destinations": [ { "Type": "AWS_SERVICE", "Location": "AWS_service_name" } ] }

CloudTrail サービスにリンクされたチャネルをすべて一覧表示します

以下の例 AWS CLI コマンドは、ユーザーに代わって作成されたすべての CloudTrail サービスにリンクされたチャネルに関する情報を返します。オプションのパラメータには、コマンドが単一のページに返す結果の最大数を指定する --max-results が含まれます。指定した --max-results 値よりも多くの結果がある場合は、返された NextToken 値を追加してコマンドを再度実行し、結果の次のページを取得します。

aws cloudtrail list-channels

以下に、応答の例を示します。この例では、AWS_service_name は、チャンネルを作成した AWS サービスの名前を表します。

{ "Channels": [ { "ChannelArn": "arn:aws:cloudtrail:us-east-1:111122223333:channel/EXAMPLE-ee54-4813-92d5-999aeEXAMPLE", "Name": "aws-service-channel/AWS_service_name/slc" } ] }