AWS Management Console とは - AWS Management Console

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Management Console とは

AWS Management Consoleは、AWS リソースを管理するためのサービスコンソールの広範なコレクションで構成され、そのコレクションを参照するウェブアプリケーションです。最初にサインインすると、コンソールのホームページが表示されます。各サービスコンソールにアクセスできるホームページは、AWS に関連するタスクを実行するために必要な情報にアクセスするための単一の場所として機能します。コンソールのホームのエクスペリエンスは、[最近アクセスしたサービス]、[AWS Health]、[Trusted Advisor] などのウィジェットを追加、削除、または再配置してカスタマイズすることもできます。

注記

言語選択オプションが新しい [Unified Settings] (統合設定) ページに移動しました。詳細については、「AWS Management Console の言語の変更」を参照してください。

その一方で、個々のサービスコンソールは、クラウドコンピューティングのための様々なツールと、お客様のアカウントおよび請求に関する情報を提供しています。

任意のデバイスを使用する

AWS Management Console はタブレットおよび他のデバイスで使用できるように設計されています。

  • 横および縦のスペースは画面により多くの情報を表示するよう最大化できます。

     

  • ボタンとセレクタはより大きく、タッチしやすくなっています。

AWS Management Console はまた、Android および iOS のアプリケーションとしても利用可能です。このアプリケーションは完全なウェブ体験の補助として、モバイル関連の作業を行うのに適しています。例えば、携帯電話から既存のAmazon EC2 インスタンスと Amazon CloudWatch アラームを閲覧し、管理できます。

Amazon AppstoreGoogle Play、または iTunes から AWS コンソールのモバイルアプリケーションをダウンロードできます。