AWS Batch
ユーザーガイド

AWS Batch イベント

AWS Batch はジョブ状態の変更を CloudWatch イベント に送信します。AWS Batch はジョブの状態を追跡します。以前に提出されたジョブの状態が変わった場合、イベントがトリガーされます。たとえば、状態が RUNNING のジョブは FAILED に変わります。これらのイベントはジョブ状態の変更イベントとして分類されます。

注記

将来、AWS Batch には他のイベントタイプ、ソース、詳細が追加される可能性があります。プログラムを使用してイベントの JSON データを逆シリアル化する場合は、不明なプロパティが追加されたときに問題が発生しないようにアプリケーションで対応する準備を整えます。

ジョブ状態変更イベント

(以前に送信された) 既存のジョブで状態が変更されると、イベントが作成されます。AWS Batch ジョブ状態の詳細については、「ジョブの状態」を参照してください。

注記

最初のジョブの送信では、イベントは作成されません。

例 ジョブ状態変更イベント

ジョブ状態変更イベントは次の形式で送信されます (以下の detail セクションは、AWS Batch API リファレンスDescribeJobs API オペレーションから返される Job オブジェクトに似ています)。CloudWatch イベント パラメーターの詳細については、「イベントとイベントパターン」 (Amazon CloudWatch Events ユーザーガイド) を参照してください。

{ "version": "0", "id": "c8f9c4b5-76e5-d76a-f980-7011e206042b", "detail-type": "Batch Job State Change", "source": "aws.batch", "account": "aws_account_id", "time": "2017-10-23T17:56:03Z", "region": "us-east-1", "resources": [ "arn:aws:batch:us-east-1:aws_account_id:job/4c7599ae-0a82-49aa-ba5a-4727fcce14a8" ], "detail": { "jobName": "event-test", "jobId": "4c7599ae-0a82-49aa-ba5a-4727fcce14a8", "jobQueue": "arn:aws:batch:us-east-1:aws_account_id:job-queue/HighPriority", "status": "RUNNABLE", "attempts": [], "createdAt": 1508781340401, "retryStrategy": { "attempts": 1 }, "dependsOn": [], "jobDefinition": "arn:aws:batch:us-east-1:aws_account_id:job-definition/first-run-job-definition:1", "parameters": {}, "container": { "image": "busybox", "vcpus": 2, "memory": 2000, "command": [ "echo", "'hello world'" ], "volumes": [], "environment": [], "mountPoints": [], "ulimits": [] } } }

このページの内容: