AWS Batch
ユーザーガイド

コンピューティング環境のパラメータ

コンピューティング環境は 5 つの基本コンポーネントに分かれています。コンピューティング環境の名前、タイプ、状態、コンピューティングリソース定義 (マネージド型のコンピューティング環境の場合)、および AWS Batch に IAM アクセス権限を提供するためのサービスロールです。

コンピューティング環境の名前

computeEnvironmentName

コンピューティング環境の名前です。最大 128 文字までの英字 (大文字と小文字)、数字、ハイフン、下線を使用できます。

型: 文字列

必須: はい

タイプ

type

コンピューティング環境のタイプ。定義したコンピューティングリソースを AWS Batch で管理する場合は、MANAGED を選択します。詳細については、「コンピューティングリソース」を参照してください。独自のコンピューティングリソースを管理する場合は、UNMANAGED を選択します。

型: 文字列

有効な値: MANAGED | UNMANAGED

必須: はい

状態

state

コンピューティング環境の状態。

状態が ENABLED である場合、AWS Batch スケジューラは環境内のコンピューティングリソースに関連付けられたジョブキューからジョブの配置を試みます。コンピューティング環境がマネージド型の場合は、ジョブキューの需要に基づいてそのインスタンスを自動的にスケールアウトまたはスケールインできます。

状態が DISABLED である場合、AWS Batch スケジューラは環境内でのジョブの配置を試行しません。状態が STARTING または RUNNING のジョブは、引き続き正常に進行します。マネージド型のコンピューティング環境は、状態が DISABLED である間はスケールアウトしません。インスタンスがアイドル状態で Amazon EC2 の課金時間の終了が近づくとスケールインします。

型: 文字列

有効な値: ENABLED | DISABLED

必須: いいえ

コンピューティングリソース

computeResources

コンピューティング環境によって管理されるコンピューティングリソースの詳細。

型: ComputeResource オブジェクト

必須: このパラメータは、マネージド型のコンピューティング環境では必須です。

type

コンピューティング環境のタイプ。このパラメータを使用して、コンピューティング環境で Amazon EC2 オンデマンドインスタンスを使用するか、Amazon EC2 スポットインスタンスを使用するかを指定します。SPOT を選択した場合は、spotIamFleetRole パラメータで Amazon EC2 スポットフリートロールも指定する必要があります。詳細については、「Amazon EC2 スポットフリートロール」を参照してください。

有効な値: EC2 | SPOT

必須: はい

minvCpus

環境で維持する必要がある EC2 vCPU の最小数。

タイプ: 整数

必須: はい

maxvCpus

環境で到達できる EC2 vCPU の最大数。

タイプ: 整数

必須: はい

desiredvCpus

コンピューティング環境で必要な EC2 vCPUS の数。AWS Batch では、この値をジョブキューの需要に応じて最小値と最大値の間で調整します。

タイプ: 整数

必須: いいえ

instanceTypes

起動対象のインスタンスタイプ。インスタンスファミリーを指定してそのファミリー内のいずれかのインスタンスタイプ (c4p3 など) を起動できます。または、ファミリー内の特定のサイズ (c4.8xlarge など) を指定できます。また、optimal を選択して (最新の C、M、および R インスタンスファミリーから) ジョブキューの需要に見合ったインスタンスタイプをオンザフライで使用することもできます。

タイプ: 文字列の配列

有効な値: "optimal", "m3", "m4", "c3", "c4", "r3", "r4", "i2", "i3", "d2", "g2", "g3", "p2", "p3", "x1", "f1", "m3.medium", "m3.large", "m3.xlarge", "m3.2xlarge", "m4.large", "m4.xlarge", "m4.2xlarge", "m4.4xlarge", "m4.10xlarge", "m4.16xlarge", "c3.large", "c3.xlarge", "c3.2xlarge", "c3.4xlarge", "c3.8xlarge", "c4.large", "c4.xlarge", "c4.2xlarge", "c4.4xlarge", "c4.8xlarge", "r3.large", "r3.xlarge", "r3.2xlarge", "r3.4xlarge", "r3.8xlarge", "r4.large", "r4.xlarge", "r4.2xlarge", "r4.4xlarge", "r4.8xlarge", "i2.xlarge", "i2.2xlarge", "i2.4xlarge", "i2.8xlarge", "i3.xlarge", "i3.2xlarge", "i3.4xlarge", "i3.8xlarge", "i3.16xlarge", "d2.xlarge", "d2.4xlarge", "d2.8xlarge", "g2.2xlarge", "g2.8xlarge", "g3.4xlarge", "g3.8xlarge", "g3.16xlarge", "p2.xlarge", "p2.8xlarge", "p2.16xlarge", "p3.2xlarge", "p3.8xlarge", "p3.16xlarge", "x1.16xlarge", "x1.32xlarge", "f1.2xlarge", "f1.16xlarge"

必須: はい

imageId

コンピューティング環境で起動されるインスタンスに使用する Amazon Machine Image (AMI) の ID。

型: 文字列

必須: いいえ

subnets

コンピューティングリソースを起動する先の VPC サブネット。これらのサブネットは、同じ VPC 内にある必要があります。

タイプ: 文字列の配列

必須: はい

securityGroupIds

コンピューティング環境で起動されるインスタンスに関連付ける EC2 セキュリティグループ。

タイプ: 文字列の配列

必須: はい

ec2KeyPair

コンピューティング環境で起動されるインスタンスに使用する EC2 キーペア。このキーペアを使用して、SSH でインスタンスにログインできます。

型: 文字列

必須: いいえ

instanceRole

コンピューティング環境内の Amazon EC2 インスタンスにアタッチする Amazon ECS インスタンスプロファイル。インスタンスプロファイルの短縮名、または、完全な Amazon リソースネーム (ARN) を指定できます。例えば、ecsInstanceRolearn:aws:iam::aws_account_id:instance-profile/ecsInstanceRole などです。詳細については、「Amazon ECS インスタンスロール」を参照してください。

型: 文字列

必須: はい

tags

コンピューティング環境で起動されるインスタンスにタグとして適用するキーと値のペア。たとえば、タグとして "Name": "AWS Batch Instance - C4OnDemand" を指定し、その名前をコンピューティング環境の各インスタンスに使用できます。これは、Amazon EC2 コンソールで AWS Batch インスタンスを認識するのに役立ちます。

タイプ: 文字列から文字列へのマッピング

必須: いいえ

bidPercentage

インスタンス起動前のインスタンスタイプのオンデマンド料金と対比したスポットインスタンス料金の最大パーセンテージ。たとえば、最大パーセンテージが 20% の場合、その EC2 インスタンスのスポット料金は現在のオンデマンド料金の 20% 未満にする必要があります。支払い額は常に最低 (市場料金) となり、最大パーセンテージを超えることはありません。このフィールドを空のままにした場合、デフォルト値はオンデマンド料金の 100% です。

必須: いいえ

spotIamFleetRole

SPOT コンピューティング環境に適用する Amazon EC2 スポットフリートの IAM ロールの Amazon リソースネーム (ARN)。詳細については、「Amazon EC2 スポットフリートロール」を参照してください。

重要

作成時にスポットインスタンスにタグを付けるには、ここで指定したスポットフリートの IAM ロールは、より新しい AmazonEC2SpotFleetTaggingRole 管理ポリシーを使用する必要があります。以前に推奨された AmazonEC2SpotFleetRole 管理ポリシーには、スポットインスタンスにタグを付けるために必要なアクセス許可はありません。詳細については、「作成時にタグが付けられていないスポットインスタンス」を参照してください。

型: 文字列

必須: このパラメータは、SPOT コンピューティング環境では必須です。

サービスロール

serviceRole

ユーザーに代わって AWS Batch が AWS の他のサービスを呼び出すことを許可する IAM ロールの完全な Amazon リソースネーム (ARN)。詳細については、「AWS Batch サービスの IAM ロール」を参照してください。

型: 文字列

必須: はい