Amazon Chime SDK メッセージングの使用 - Amazon Chime SDK

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Chime SDK メッセージングの使用

Amazon Chime SDK 開発者ガイドのこのセクションは、Amazon Chime SDK サービスで実行されるメッセージングアプリケーションの作成に役立ちます。この SDK は、基本的なメッセージングアプリの作成に必要な概念的かつ実用的な情報を提供します。

メッセージングの前提条件

Amazon Chime SDK メッセージングを使用するには、次のものが必要です。

  • プログラムする機能。

  • AWS アカウント。

  • Chime SDK メッセージングを使用してアプリケーションの IAM ロールを設定する権限。

ほとんどの場合、以下も必要です。

  • クライアントアプリケーション— メッセージング UI を表示し、Amazon Chime クライアント SDK を使用してウェブソケットに接続し、状態を管理します。

  • サーバーアプリケーション— ID とユーザーを管理します。

メッセージングの概念

Amazon Chime SDK メッセージングを効果的に使用するには、次の用語と概念を理解する必要があります。

AppInstance

Amazon Chime SDK メッセージングを使用するには、最初に AppInstance を作成する必要があります。An AppInstance 含む AppInstanceUsers とチャネル。一般に、単一を作成します。 AppInstance は、アプリケーション用です。AnAWSアカウントは、複数の AppInstance を持つことができます。メッセージ保持やストリーミング構成などのアプリレベルの設定は、 AppInstance レベル。 AppInstances は、次の形式で一意の ARN によって識別されます。arn:aws:chime:region:aws_account_id:app-instance/app_instance_id

AppInstanceUser

AppInstanceUsers は、メッセージの送信、チャンネルの作成、チャンネルの参加などを行うエンティティです。一般に、 one-to-one のマッピングAppInstanceUserアプリのユーザーに。を作成することもできます。AppInstanceUserを使用してバックエンドサービスに接続します。これにより、ユーザーはメッセージをバックエンドサービスからのメッセージとして識別できます。AppInstanceARN によって識別されるユーザー。arn:aws:chime:region:aws_account_id:app-instance/app_instance_id/user/app_instance_user_id。君がコントロールするapp_instance_user_idをクリックし、ベストプラクティスとして、アプリケーションにすでに持っている ID を再利用します。

チャンネル

追加するとAppInstanceUserチャンネルに対して、そのユーザーはメンバーになり、メッセージを送受信できます。チャンネルは、すべてのユーザーがメンバーとして自分自身を追加できるパブリック、またはチャンネルモデレーターのみがメンバーを追加できるようにする非公開にすることができます。チャンネルメンバーを非表示にすることもできます。非表示のメンバーは会話を観察することはできますが、メッセージを送信することはできません。また、チャンネルメンバーシップには追加されません。

ユーザーメッセージ

AnAppInstanceUserチャンネルに属するユーザーメッセージを送受信できるのは誰ですか。-AppInstanceUser送信できるSTANDARDまたはCONTROLメッセージ。STANDARDメッセージには、4 KB のデータと 1 KB のメタデータを含めることができます。CONTROLメッセージに含めることができるデータは 30 バイトのみです。メッセージは次のいずれかになります。PERSISTENTまたはNON_PERSISTENT。は取得できます。PERSISTENTチャンネル履歴からのメッセージ。NON_PERSISTENTメッセージは、Amazon Chime SDK メッセージングに現在接続されているチャネルメンバーにのみ表示されます。

システムメッセージ

Amazon Chime SDK は、メンバーがチャンネルに参加または退出するなどのイベントに応答して、システムメッセージを生成します。

メッセージングアーキテクチャ

Amazon Chime SDK メッセージングは、サーバー側およびクライアント側 SDK として使用できます。サーバーサイド API は、AppInstanceそしてAppInstanceUser。さまざまなフックと構成を使用して、アプリケーション固有のビジネスロジックと検証を追加できます。これを行う方法については、「」を参照してください。メッセージングデータのストリーミング。さらに、サーバー側のプロセスは、AppInstanceUser、または専用を制御するAppInstanceUserバックエンドプロセスを表しています。

として表されるクライアント側アプリケーションAppInstanceUserは Amazon Chime SDK メッセージング API を直接呼び出すことができます。クライアント側のアプリケーションでは WebSocket オンライン時にメッセージング SDK に接続するためのプロトコル。接続すると、メンバーである任意のチャネルからリアルタイムメッセージを受信します。切断すると、AppInstanceUser追加したチャンネルにはまだ属しており、SDK の HTTP ベースの API を使用して、それらのチャンネルのメッセージ履歴を読み込むことができます。

クライアント側のアプリケーションには、API 呼び出しを単一として実行する権限があります。AppInstanceUser。IAM 認証情報を単一のスコープするにはAppInstanceUserでは、クライアント側のアプリケーションは、次の方法でパラメータ化された IAM ロールを引き受けます。AWSCognito ID プール、または小さなセルフホストバックエンド API を使用します。認証の詳細については、「エンドユーザークライアントアプリケーションの認証」を参照してください。対照的に、サーバーサイドアプリケーションは、通常、管理者権限を持つユーザーなど、単一のアプリケーションインスタンスユーザーに関連付けられた権限を持つか、すべてのアプリインスタンスユーザーに代わって API 呼び出しを行う権限を持っています。

メッセージタイプ

チャネル経由でメッセージを送信できます。送信できます。STANDARD,CONTROL, またはSYSTEMメッセージ。

  • STANDARDメッセージのサイズは最大 4 KB まで可能で、メタデータを含めることができます。メタデータは任意であり、添付ファイルへのリンクを含むなど、さまざまな方法で使用できます。

  • CONTROLメッセージは 30 バイトに制限され、メタデータは含まれません。

  • STANDARDそしてCONTROLメッセージは、永続的または永続的でない場合があります。永続的なメッセージは、チャンネルの履歴に保存され、ListChannelMessagesAPI コール。永続的なメッセージはすべてに送信されます。AppInstanceUserWebSocket 経由で接続されています。

  • Amazon Chime SDK が自動送信するSYSTEMメンバーがチャンネルに参加したり退出したりするなどのイベントに関するメッセージ。

メッセージングクォータ

Amazon Chime SDK メッセージングでは、次のクォータが適用されます。

Resource

制限

引き上げの対象かどうかの確認

アプリケーションインスタンスあたりのアプリケーションAWSアカウント

100

はい

アプリケーションインスタンスあたりのユーザー数

100,000

はい

アプリケーションインスタンスあたりの管理者数

100

はい

アプリインスタンスあたりのチャネル

10,000,000

はい

チャネルあたりのメンバーシップ

10,000

はい*

チャネルあたりのモデレーター

1,000

はい

ユーザーあたりの最大同時接続数 (Amazon Chime SDK メッセージングのみ、会議には適用されません)

10

[Yes (はい)]

アプリケーションインスタンスあたりのチャネルフロー

100

はい

チャネルフロー内のチャネルプロセッサ

1

はい

アプリケーションインスタンスユーザーあたりのエンドポイント

10

[Yes (はい)]

*米国東部 (バージニア北部)