Amazon Chime Voice Connector の設定を編集する - Amazon Chime

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Chime Voice Connector の設定を編集する

Amazon Chime Voice Connector の設定を完了するには、Amazon Chime コンソールから設定を編集します。終了と発信の設定を編集して、発信コールまたは着信コール、またはその両方を許可します。

ターミネーションの設定

終了設定は、Amazon Chime ボイスコネクタからのアウトバウンドコールに適用されます。ここで通話プランおよび発信者 ID オプションを設定します。また、Amazon Chime Voice Connector を使用してアウトバウンド通話を行うために許可する IP アドレスを指定し、Amazon Chime Voice Connector への発信通話を行うために認証情報を要求することもできます。資格情報を指定しない場合、認証は不要です。

注記

アウトバウンドホスト名は、EC2 インスタンスがサービス内またはアウトオブサービスに移行すると変更される可能性がある一連の IP アドレスに解決されるため、DNS 存続期間よりも長くレコードをキャッシュしないでください。長期間キャッシュすると、コールが失敗する可能性があります。

オリジネーションの設定

発信設定は、Amazon Chime ボイスコネクタへの着信コールに適用されます。ここでは、受信通話を受信するように SIP ホストのインバウンドルートを設定します。受信通話は、ホストごとに設定した優先度と重量によって SIP インフラストラクチャのホストにルーティングされます。コールは、1 が最優先となる優先順で最初にルーティングされます。ホストが優先度で同等な場合には、呼び出しは相対的な重量に基づいてホスト間に分配されます。

注記

暗号化が有効な Voice Connectors は、すべての呼び出しに TLS (TCP) プロトコルを使用します。

Amazon Chime Voice Connector の設定を編集するには

  1. で Amazon Chime コンソールを開きます。https://chime.aws.amazon.com/

  2. [Calling (呼び出し)] で、[Voice connectors (音声コネクタ)] を選択します。

  3. 編集する Amazon Chime Voice Connector の名前を選択します。

  4. 次のように設定を編集します。

    1. (オプション) [一般] を選択して [Voice connector name (音声コネクタ の名前)] を更新し、暗号化を有効あるいは無効にします。

    2. [Termination (終了)] を選択し、[Enabled (有効)] を選択します。

    3. (オプション) [Allowlist (許可リスト)] で [新規] を選択し、CIDR 表記と値を許可リストに入力したら、[追加] を選択します。

    4. [Calling plan (通話プラン)] で、通話プランに追加する 1 つ以上の国を選択します。

    5. (オプション) [認証情報] で [新規] を選択し、ユーザー名とパスワードを入力したら、[保存 (保存)] を選択します。認証情報は即座に更新されます。

    6. (オプション) [Caller ID (発信者 ID)] で [編集] を選択し、発信者 ID 電話番号を選択したら [Save (保存)] を選択します。

    7. [Save (保存)] を再度選択します。

    8. [Origination (発信元)] を選択し、[Enabled (有効)] を選択します。

    9. [Inbound routes (インバウンドルーティング)] で [新規] を選択します。

    10. [ホスト]、[ポート]、[プロトコル]、[優先度]、[Weight (重量)] に値を入力します。

    11. [Add] (追加) を選択します。

    12. [Save] (保存) を選択します。

    13. (オプション)の場合緊急通話で、を追加します。をクリックして、サードパーティの緊急サービスプロバイダーから取得した緊急コールルーティング番号を追加します。詳細については、「Amazon Chime ボイスコネクタの緊急コールルーティング番号の設定」を参照してください。

    14. (オプション)の場合ストリーミングで、を起動Kinesis Video Streams にオーディオを送信するには、保存

    15. [電話番号] を選択します。

    16. Amazon Chime Voice Connector に割り当てる電話番号を 1 つまたは複数選択します。

    17. [Assign (割り当てる)] を選択します。

    18. (オプション)の場合ログ記録で、[Enabled (有効)]CloudWatch Logs にログを送信するには、保存

Amazon Chime Voice Connector に電話番号を割り当てる詳細については、「」を参照してください。Amazon Chime Voice Connector の電話番号の割り当てと割り当てを解除します。