ドルビーハードウェアのセットアップ - Amazon Chime

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ドルビーハードウェアのセットアップ

先に進む前に、物理イーサネットネットワーク接続とケーブルがあることを確認してください。ファイアウォールのルールで、ドルビーハードウェアが Amazon Chime に接続できるようになっていることを確認します。ファイアウォールホスト、ポート、プロトコルの要件については、「ネットワーク設定と帯域幅の要件」を参照してください。

注記

誰かが工場出荷時のデフォルトにリセットするドルビーデバイスを設定するには、プロビジョニングサーバーを手動で指定するドルビーのサポートドキュメントを参照してください。

ドルビーボイスルームのハードウェアで Amazon Chime は、ハブ、会議用電話 (小さな画面付き)、カメラの 3 つのコンポーネントで構成されています。これらを接続するには、次の手順に従います。

ハードウェアをセットアップするには

  1. ハブのイーサネットケーブルをネットワークソースに接続します。

    注記

    電話機のイーサネットケーブルをネットワークソースに接続しないようにしてください。適切なバージョンのデバイスファームウェアが届かず、セットアップが機能しない可能性があります。

  2. ハブの 2 番目のイーサネットケーブルを電話機に接続します。

  3. 必要な距離に応じて短いまたは長い USB ケーブルを使用して、カメラをハブの USB ポート (カメラアイコンで識別) に接続します。

    注記

    このステップは、ここで実行することも後で実行することもできます。

  4. 電源ケーブルをハブの電源ポートとコンセントに接続します。

  5. 会議電話の小さな画面に Amazon Chime のロゴが表示されているか、または Amazon Chime の下に表示されることを確認します。ドルビーボイスサービスプロバイダーを選択してください。次に、ロゴまたは [Amazon Chime] を選択します。

  6. プロンプトが表示されたら、次の設定を選択します。

    1. [Select time zone (タイムゾーンの選択)] で、ローカルタイムゾーンを選択します。

    2. [Network setup (ネットワークセットアップ)] で、[Next (次へ)] を選択します。

  7. デバイスの両方の画面に、次のメッセージが表示されることを確認します。app.chime.aws/pair/input にアクセスしてサインインしてデバイスをアクティベートする

ドルビーボイス Huddle のハードウェアで Amazon Chime は、ハブ (内蔵カメラ付き) とタッチスクリーンの 2 つのコンポーネントで構成されています。これらを接続するには、次の手順に従います。

ハードウェアをセットアップするには

  1. ハブのイーサネットケーブルをネットワークソースに接続します。

  2. タッチスクリーンをハブの USB ポートに接続します。

    注記

    このステップは、ここで実行することも後で実行することもできます。

  3. 電源ケーブルをハブの電源ポートとコンセントに接続します。

  4. プロンプトが表示されたら、次の設定を選択します。

    1. [Select time zone (タイムゾーンの選択)] で、ローカルタイムゾーンを選択します。

    2. [Network setup (ネットワークセットアップ)] で、[Next (次へ)] を選択します。

    3. []プロビジョニングの設定で、Amazon Chime

  5. デバイスの両方の画面に、次のメッセージが表示されることを確認します。app.chime.aws/pair/input にアクセスしてサインインしてデバイスをアクティベートする