AWS Command Line Interface
ユーザーガイド

AWS Command Line Interface を使用した Amazon S3 の使用

AWS CLI は Amazon S3 にアクセスするために 2 つの階層の コマンドを提供します。

  • 最初の階層は、s3 という名前で、オブジェクトおよびバケットの作成、操作、削除などの頻繁に使用されるオペレーションに対する高レベルコマンドで構成されます。

  • 2 番目の階層は、s3api という名前で、バケットアクセスコントロールリスト (ACL) の変更、Cross-Origin Resource Sharing (CORS) の使用、またはポリシーのロギングなどのすべての Amazon S3 オペレーションを公開します。これにより、高レベルコマンドだけでは難しいアドバンスドオペレーションを実行することができます。

各層で使用できるすべてのコマンドのリストを取得するには、aws s3 または aws s3api コマンドで、help 引数を使用します。

$ aws s3 help

または

$ aws s3api help

注記

AWS CLI は、Amazon S3 から Amazon S3 へのコピー、移動、および同期をサポートします。これらのオペレーションは、Amazon S3 によって提供される service-side COPY 操作を使用します。お客様のファイルはクラウドに保存され、クライアントマシンにはダウンロードされず、Amazon S3 にバックアップされます。

このようなオペレーションがクラウド内で完全に実行される場合、HTTP リクエストおよびレスポンスに必要な帯域幅のみが使用されます。

Amazon S3 の使用状況の例については、このセクションの以下のトピックを参照してください。