AWS Cloud9
ユーザーガイド

AWS Cloud9 Integrated Development Environment (IDE) で AWS CodeStar プロジェクトを操作する

AWS Cloud9 IDE を使用して AWS CodeStar プロジェクトのコードを操作できます。

AWS CodeStar は、AWS でソフトウェア開発プロジェクトを作成、管理、および操作するクラウドベースのサービスです。AWS CodeStar プロジェクトを使用して、AWS でアプリケーションをすばやく開発、構築、およびデプロイすることができます。AWS CodeStar プロジェクトは、プロジェクトの開発ツールチェーンと AWS サービスを作成し、統合します。AWS CodeStar プロジェクトテンプレートの選択に応じて、そのツールチェーンにはソース管理、ビルド、デプロイ、仮想サーバーまたはサーバーレスリソースなどが含まれます。詳細については、AWS CodeStar ユーザーガイドを参照してください。

注記

この手順を完了すると、AWS アカウントに料金が発生する可能性があります。これには Amazon EC2、AWS CodeStar などのサービスや、AWS CodeStar でサポートされる AWS のサービスで発生する可能性のある料金が含まれます。詳細については、「Amazon EC2 料金表」、「AWS CodeStar 料金表」および「クラウドサービス料金表」を参照してください。

AWS Cloud9 IDE で使用する新しく起動された Amazon EC2 インスタンスに、一般的なアプリケーションやフレームワーク (WordPress、MySQL、PHP、Node.js、Nginx、Drupal、Joomla など)、または Linux ディストリビューション (Ubuntu、Debian、FreeBSD、openSUSE など) が事前設定されている場合は、AWS Cloud9 と一緒に Amazon Lightsail を使用できます。これを行うには、このトピックの残りをスキップし、「Amazon Lightsail インスタンスの使用」を参照してください。

AWS Cloud9 IDE を使用して、サンプルコードを含まない、Amazon Linux で実行している新しく起動された Amazon EC2 インスタンスを操作するには、このトピックの残りをスキップし、代わりに「開始方法: 基本的なチュートリアル」を参照してください。

ステップ 1: AWS CodeStar プロジェクトを使用するための準備

このステップでは、AWS CodeStar サービスロールおよび Amazon EC2 キーペアを作成し、AWS CodeStar プロジェクトの作成と使用を開始します。

AWS CodeStar の使用経験がある場合は、「ステップ 2: AWS CodeStar でプロジェクトを作成する」に進んでください。

このステップでは、AWS CodeStar ユーザーガイドの「AWS CodeStar のセットアップ」の手順に従います。この手順では、新しい AWS アカウント、IAM ユーザー、または IAM グループを作成しないでください。「AWS Cloud9 のチームセットアップ」で作成または特定したものを使用します。上記の手順を完了してから、このトピックに戻ってください。

ステップ 2: AWS CodeStar でプロジェクトを作成する

このステップでは、AWS CodeStar でプロジェクトを作成します。

AWS CodeStar の既存のプロジェクトを使用する場合は、「ステップ 3: AWS Cloud9 開発環境を作成しプロジェクトに接続する」に進んでください。

このステップでは、AWS CodeStar ユーザーガイドの「AWS CodeStar でプロジェクトを作成する」の手順に従います。AWS CodeStar のプロジェクト作成ウィザードで、[Set up tools (ツールをセットアップする)] ページまたは [Connect to your source repository (ソースレポジトリに接続する)] ページまで進んだら、[Skip (スキップ)] を選択して、このトピックに戻ってください。

ステップ 3: AWS Cloud9 開発環境 を作成しプロジェクトに接続する

このステップでは、AWS CodeStar コンソールまたは AWS Cloud9 コンソールで AWS Cloud9 開発環境 を作成します。次に、新しい 環境 を AWS CodeStar プロジェクトに接続します。

このステップでは、使用する AWS Cloud9 開発環境 タイプと、AWS CodeStar プロジェクトでコードを保存する先のリポジトリのタイプに応じて、以下のいずれかの手順を実行します。

環境タイプ [Repository type] Instructions

EC2 環境

CodeCommit

AWS CodeStar ユーザーガイドの「プロジェクト用の AWS Cloud9 環境を作成する

SSH 環境

CodeCommit

AWS CodeCommit のサンプル

EC2 または SSH 環境

GitHub

AWS CodeStar ユーザーガイドの「AWS Cloud9 で GitHub を使用する