AWS Cloud9 で CodeWhisperer をセットアップする - AWS Cloud9

AWS Cloud9 で CodeWhisperer をセットアップする

AWS Cloud9 の AWS Identity and Access Management アクセス許可

AWS Cloud9 コンソールで CodeWhisperer から推奨事項を提供するには、IAM ユーザーまたはロールの正しい IAM アクセス許可を有効にする必要があります。次の IAM ポリシーの例で示すように、codewhisperer:GenerateRecommendations アクセス許可を追加する必要があります。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "CodeWhispererPermissions", "Effect": "Allow", "Action": ["codewhisperer:GenerateRecommendations"], "Resource": "*" } ] }

IAM ポリシーを使用して IAM プリンシパルに制限的なアクセス許可をグラントするのがベストプラクティスです。AWS Cloud9 での IAM の使用の詳細については、「AWS Cloud9 での Identity and Access Management」を参照してください。

CodeWhisperer の実験的機能の有効化

CodeWhisperer を有効にするには、以下の手順を実行します。

  1. AWS Cloud9 で、左のナビゲーションから AWS Toolkit アイコンを選択します。

  2. [Developer Tools] (開発者用ツール) の下で、[CodeWhisperer] -> [Request access] (アクセスリクエスト) を選択します。

  3. 定期的にチェックして、毎回ブラウザをリロードしてください。アクセス権が付与されると、このオプションは [Request access] (アクセスリクエスト) から[Enable CodeWhisperer] (CodeWhisperer の有効化) に変化します。

  4. [Enable CodeWhisperer] (CodeWhisperer の有効化) を選択します。

  5. タブが開き、Amazon CodeWhisperer の利用規約のプレビューが表示されます。

    利用規約を確認し、[Accept and Enable CodeWhisperer] (同意して CodeWhisperer を有効化) を選択します。

AWS Cloud9 の自動提案の有効化

CodeWhisperer を AWS Cloud9 で実行するには、AWS Cloud9 で自動提案機能を有効にする必要があります。自動提案を有効にするには、以下の手順を実行します。

  1. AWS Cloud9 で、左のナビゲーションパネルから AWS Toolkit アイコンを選択します。

  2. [CodeWhisperer] -> [Activate auto-suggestions] (自動提案の有効化) を選択します。

  3. CodeWhisperer の利用規約を表示するウィンドウが開きます。利用規約を読み、条件に同意する場合は [Accept] (承認) を選択します。

  4. [Developer Tools] (開発者ツール) の [CodeWhisperer (Preview)] (CodeWhisperer (プレビュー)) の下で、[Enable CodeWhisperer] (CodeWhisperer の有効化) を選択します。

  5. CodeWhisperer の利用規約を読み、[Accept] (承諾) を選択します。