AWS Cloud9 Integrated Development Environment (IDE) で初期化スクリプトを操作する - AWS Cloud9

AWS Cloud9 Integrated Development Environment (IDE) で初期化スクリプトを操作する

警告

現時点では、IDE での初期化スクリプトへのコードの追加は実験的な機能であり、完全にはサポートされていません。初期化スクリプトにコードを追加するときは、ご自分の判断で行ってください。AWS Cloud9 には、この機能をいつでも変更する権利があります。

初期化スクリプトは、すべてのプラグインのロード後に IDE で実行するカスタム初期化コードを定義します。これは、IAM ユーザーに関連付けられたすべての AWS Cloud9 開発環境 をまたいで適用されます。初期化スクリプトを変更すると、AWS Cloud9 は、これらの変更をクラウドにプッシュし、IAM ユーザーに関連付けます。また、AWS Cloud9 は IAM ユーザーに関連付けられた初期化スクリプトの変更をクラウドで継続的にスキャンし、これらの変更を現行の 環境 に適用します。

初期化スクリプトは他のユーザーと共有できます。

初期化スクリプトの表示または変更

  1. 初期化スクリプトを表示するには、メニューバーで、[AWS Cloud9]、[Open Your Init Script (初期化スクリプトを開く)] の順に選択します。

  2. 初期化スクリプトを変更するには、[init.js] タブで、コードを使用して初期化スクリプトの動作を変更します。

  3. 他の 環境 に変更を適用するには、変更の適用先の 環境 を開きます。その 環境 が既に開いている場合は、その 環境 のウェブブラウザタブを最新の情報に更新します。

初期化スクリプトを他のユーザーと共有する

  1. ソースとターゲットの両方の 環境 で、AWS Cloud9 IDE のメニューバーの [AWS Cloud9]、[Open Your Init Script (初期化スクリプトを開く)] の順に選択します。

  2. ソース 環境 で、表示される [init.js] タブの内容をコピーします。

  3. ターゲット 環境 で、[init.js] タブの内容を、ソース 環境 からコピーした内容で上書きします。

  4. ターゲット 環境 で、[init.js] タブを保存します。