AWS Cloud9 Integrated Development Environment (IDE) でプロジェクト設定を操作する - AWS Cloud9

AWS Cloud9 Integrated Development Environment (IDE) でプロジェクト設定を操作する

プロジェクト設定は、現在の AWS Cloud9 開発環境 にのみ適用され、以下の種類の設定を含みます。

  • ソフトタブを使用するかどうか、新しいファイル行終了動作などの、コードエディタの動作

  • 無視するファイルタイプ

  • 表示または抑制するヒントと警告の種類

  • JavaScript、PHP、Python、Go などのプログラミング言語のコードと書式設定の動作

  • 実行中およびビルド時に使用する設定の種類

プロジェクト設定は 1 つの 環境 にのみ適用されますが、1 つの 環境 のプロジェクト設定は他の任意の 環境 に適用できます。

プロジェクト設定の表示または変更

  1. メニューバーで、[AWS Cloud9]、[Preferences (設定)] の順に選択します。

  2. 現在の 環境 のプロジェクト設定を表示するには、[Preferences (設定)] タブのサイドナビゲーションペインで、[Project Settings (プロジェクト設定)] を選択します。

  3. 環境 の現在のプロジェクト設定を変更するには、[Project Settings (プロジェクト設定)] ペインで該当の設定を変更します。

変更可能なプロジェクト設定」を参照してください。

環境 の現在のプロジェクト設定を別の 環境 に適用する

  1. ソースとターゲットの両方の 環境 で、AWS Cloud9 IDE のメニューバーの [AWS Cloud9]、[Open Your Project Settings (プロジェクト設定を開く)] の順に選択します。

  2. ソース 環境 で、表示される [project.settings] タブの内容をコピーします。

  3. ターゲット 環境 で、[project.settings] タブの内容を、ソース 環境 からコピーした内容で上書きします。

  4. ターゲット 環境 で、[project.settings] タブを保存します。

変更可能なプロジェクト設定

以下のセクションでは、[Preferences (設定)] タブの [Project Settings (プロジェクト設定)] ペインで変更できるプロジェクト設定の種類について説明します。

EC2 インスタンス

[Stop my environment (環境を停止する)]

環境 が EC2 環境 である場合は、環境 の IDE に接続されているすべてのウェブブラウザインスタンスが閉じられてから、環境 の Amazon EC2 インスタンスが AWS Cloud9 によってシャットダウンされるまでの時間です。

コードエディタ (Ace)

[Soft Tabs (ソフトタブ)]

選択すると、Tab を押すたびにタブ文字の代わりに指定された数のスペースが挿入されます。

[Autodetect Tab Size on Load (ロード時にタブサイズを自動検出)]

選択すると、AWS Cloud9 はタブサイズの推測を試みます。

[New File Line Endings (新規ファイル改行位置)]

新しいファイルに使用する行末のタイプです。

有効なオペレーションは以下のとおりです。

  • [Windows (CRLF)] キャリッジリターンとラインフィードで行を終了します。

  • [Unix (LF)] ラインフィードのみで行を終了します。

[On Save, Strip Whitespace (保存時に空白を削除)]

選択した場合、AWS Cloud9 は、そのファイルが保存されるたびに、ファイルから不要なスペースとタブとみなされるものの削除を試みます。

ファイルの検索

[Ignore these Files (これらのファイルを無視)]

ファイルを検索するとき、AWS Cloud9 が無視するファイルの種類です。

[Maximum number of files to search (in 1000) (検索するファイルの最大数 (1000))]

ファイルを検索する際に、AWS Cloud9 が現在の範囲内で検出するファイルの最大数 (1,000 の倍数) です。

ヒントと警告

警告レベル

有効にするメッセージの最小レベルです。

有効な値を次に示します。

  • [Info (情報)] 情報、警告、およびエラーメッセージを有効にします。

  • [Warning (警告)] 警告およびエラーメッセージを有効にします。

  • [Error (エラー)] エラーメッセージだけを有効にします。

[Mark Missing Optional Semicolons (省略可能なセミコロンをマーク)]

有効にした場合、AWS Cloud9 は、コードで使用できるが使用されないセミコロンを見つけるたびに、ファイル内にフラグを立てます。

[Mark Undeclared Variables (宣言されていない変数をマーク)]

有効にした場合、AWS Cloud9 は、コード内の宣言されていない変数を見つけるたびに、ファイル内にフラグを立てます。

[Mark Unused Function Arguments (未使用の関数引数をマーク)]

有効にした場合、AWS Cloud9 は、関数内で未使用の変数を見つけるたびに、ファイル内にフラグを立てます。

[Ignore Messages Matching Regex (正規表現に一致するメッセージを無視する)]

AWS Cloud9 は、指定された正規表現に一致するメッセージを表示されません。詳細については、Mozilla 開発者ネットワークでトピック JavaScript 正規表現の「正規表現パターンの記述」を参照してください。

JavaScript サポート

[Customize JavaScript Warnings With .eslintrc (.eslintrc を使用して JavaScript 警告をカスタマイズ)]

有効にした場合、AWS Cloud9 は .eslintrc ファイルを使用して、どの JavaScript 警告を有効または無効にするかを決定します。詳細については、ESLint ウェブサイトの「Configuration File Formats」を参照してください。

[JavaScript Library Code Completion (JavaScript ライブラリコード補完)]

AWS Cloud9 が自動コード補完の提案や試行に使用する JavaScript ライブラリです。

[Format Code on Save (保存時にコードを形式設定)]

有効にした場合、AWS Cloud9 は、ファイルが保存されるたびに JavaScript ファイル内のコードの形式を設定しようとします。

[Use Builtin JSBeautify as Code Formatter (組み込み JSBeautify をコードフォーマッタとして使用する)]

有効にした場合、AWS Cloud9 は JSBeautify の内部実装を使用して、ファイル内のコードの可読性を向上させようとします。

[Custom Code Formatter (カスタムコードフォーマッタ)]

JavaScript ファイルでコードを書式設定するときに AWS Cloud9 が実行を試みるコマンドです。

構築

[Builder Path in environment (環境のビルダーパス)]

カスタムビルド設定へのパスです。

実行とデバッグ

[Runner Path in Environment (環境のランナーパス)]

カスタム実行設定へのパスです。

[Preview URL (プレビュー URL)]

環境 のアプリケーションのプレビューに使用する URL。

実行設定

この 環境 のカスタム実行設定です。

[Remove Selected Configs (選択した設定を削除)]

選択した実行設定を削除します。

[Add New Config (新しい設定を追加)]

新しい実行設定を作成します。

[Set As Default (デフォルトとして設定)]

選択した実行設定をデフォルトの実行設定として設定します。

コードフォーマッタ

[JSBeautify settings (JSBeautify 設定)]

ファイル内のコードの可読性を高めるための設定。

[Format Code on Save (保存時にコードを形式設定)]

有効にすると、コードファイルが保存されるたびに AWS Cloud9 は JSBeautify 設定を適用しようとします。

[Use JSBeautify for JavaScript (JSBeautify for JavaScript の使用)]

有効にすると、JavaScript ファイルが保存されるたびに AWS Cloud9 は JSBeautify 設定を適用しようとします。

[Preserve Empty Lines (空の行を保持する)]

有効にすると、AWS Cloud9 はコードファイル内の空の行を削除しません。

[Keep Array Indentation (配列のインデントを保持)]

有効にすると、AWS Cloud9 はコードファイル内の空の行を保持します。

[JSLint Strict Whitespace (JSLint 厳密な空白)]

有効にすると、AWS Cloud9 はコードファイルに JSLint 空白ルールを適用しようとします。詳細については、JSLint Help の「Whitespace」を参照してください。

[Braces (中括弧)]

コードでの中括弧の配置を指定します。

有効な値を次に示します。

  • [Braces with control statement (制御ステートメントを含む中括弧)] では、必要に応じて、開始と終了の各中括弧を関連する制御ステートメントに合わせて移動します。

    このコードの例を示します。

    for (var i = 0; i < 10; i++) { if (i == 5) { console.log("Halfway done.") }}

    ファイルを保存するときにこのコードに変わります。

    for (var i = 0; i < 10; i++) { if (i == 5) { console.log("Halfway done.") } }
  • [Braces on own line (中括弧ごとに独自の行)] は、必要に応じて各中括弧をそれぞれの行に移動します。

    このコードの例を示します。

    for (var i = 0; i < 10; i++) { if (i == 5) { console.log("Halfway done.") }}

    ファイルを保存するときにこのコードに変わります。

    for (var i = 0; i < 10; i++) {if (i == 5) { console.log("Halfway done.") } }
  • [End Braces on own line (終了括弧ごとに独自の行)] は、必要に応じて各終了括弧をそれぞれの行に移動します。

    このコードの例を示します。

    for (var i = 0; i < 10; i++) { if (i == 5) { console.log("Halfway done.") } }

    ファイルを保存するときにこのコードに変わります。

    for (var i = 0; i < 10; i++) { if (i == 5) { console.log("Halfway done.") } }
Preserve Inline Blocks (インラインブロックの保持)

有効にすると、AWS Cloud9 はインラインブロックの前と後の中括弧を別個の行に移動しようとしません (これらの中括弧が同じ行にある場合)。

[Space Before Conditionals (条件の前の空白)]

有効にすると、AWS Cloud9 は必要に応じて各条件宣言の前にスペースを追加します。

[Unescape Strings (未エスケープ文字列)]

有効にした場合、AWS Cloud9 は、エスケープされた文字列をエスケープされていない文字列に変換します。たとえば、\n を改行文字に変換し、\r をキャリッジリターン文字に変換します。

[Indent Inner Html (インデント内部 Html)]

有効にすると、AWS Cloud9 は HTML コードの <head> セクションと <body> セクションをインデントします。

TypeScript サポート

[Format Code on Save (保存時にコードを形式設定)]

有効にすると、AWS Cloud9 は、TypeScript ファイルが保存されるたびに TypeScript コードの書式を設定しようとします。

[Custom Code Formatter (カスタムコードフォーマッタ)]

TypeScript コードのカスタムコードの書式設定へのパスです。

PHP サポート

[Enable PHP code Completion (PHP コード補完を有効にする)]

有効にした場合、AWS Cloud9 は PHP コードを補完しようとします。

[PHP Completion Include Paths (パスを含む PHP 補完)]

AWS Cloud9 が PHP コードの補完を試みるのに使用する場所です。たとえば、AWS Cloud9 が補完に使用するカスタム PHP ファイルが ~/environment ディレクトリのどこかにある場合、このパスに ~/environment を追加します。

[Format Code on Save (保存時にコードを形式設定)]

有効にすると、AWS Cloud9 は、PHP ファイルが保存されるたびに PHP コードの書式を設定しようとします。

[Custom Code Formatter (カスタムコードフォーマッタ)]

PHP コードのカスタムコードの書式設定へのパスです。

Python サポート

[Enable Python code Completion (Python コード補完を有効にする)]

有効にした場合、AWS Cloud9 は Python コードを補完しようとします。Python コードを補完するために AWS Cloud9 で使用するパスを設定するには、[PYTHONPATH] 設定を使用します。

[Python Version (Python バージョン)]

使用する Python のバージョンを指定します。

[Pylint command-line options (Pylint コマンドラインオプション)]

Python コードで Pylint に使用する AWS Cloud9 のオプションです。詳細については、Pylint ウェブサイトの「Pylint User Manual」を参照してください。

PYTHONPATH

AWS Cloud9 が使用する Python ライブラリとパッケージへのパスです。たとえば、~/environment ディレクトリにカスタム Python ライブラリとパッケージがある場合は、このパスに ~/environment を追加します。

[Format Code on Save (保存時にコードを形式設定)]

有効にすると、AWS Cloud9 は、Python ファイルが保存されるたびに Python コードの書式を設定しようとします。

[Custom Code Formatter (カスタムコードフォーマッタ)]

Python コードのカスタムコードの書式設定へのパスです。

Go サポート

[Enable Go code completion (Go コード補完を有効にする)]

有効にした場合、AWS Cloud9 は Go コードを補完しようとします。

[Format Code on Save (保存時にコードを形式設定)]

有効にすると、AWS Cloud9 は、Go ファイルが保存されるたびに Go コードの書式を設定しようとします。

[Custom Code Formatter (カスタムコードフォーマッタ)]

Go コードのカスタムコードの書式設定へのパスです。