AWS Cloud9 IDE でのユーザー設定の操作 - AWS Cloud9

AWS Cloud9 IDE でのユーザー設定の操作

ユーザー設定は、AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーに関連付けられている各 AWS Cloud9 開発環境 に適用される設定です。次の種類の設定が含まれます。

  • アニメーションの有効化や変更されたタブのマーク付けなど、一般的なユーザーインターフェイスの動作

  • ファイルシステムのナビゲーションの動作

  • ファイルの検索の動作

  • ターミナルセッションと出力の配色

  • その他のコードエディタの動作(フォントサイズ、コードの折りたたみ、全行選択、スクロールアニメーション、フォントサイズなど)

ユーザー設定を変更すると、AWS Cloud9 は、これらの変更をクラウドにプッシュして IAM ユーザーに関連付けます。また、AWS Cloud9 は IAM ユーザーに関連付けられたユーザー設定の変更をクラウドで継続的にスキャンし、これらの設定を現在の 環境 に適用します。この動作により、どの AWS Cloud9 環境で作業をしている場合でも、同じ外観と操作性を体験できます。

注記

IDE の設定を保存して取得するために、AWS Cloud9 は内部 API の GetUserSettingsUpdateUserSettings を使用します。

ユーザー設定は、次のように他のユーザーと共有できます。

ユーザー設定の表示または変更

  1. メニューバーで、[AWS Cloud9]、[Preferences (設定)] の順に選択します。

  2. 各環境のユーザー設定を表示するには、[Preferences (設定)] タブのサイドナビゲーションペインで、[User Settings (ユーザー設定)] を選択します。

  3. [User Settings (ユーザー設定)] ペインで、各環境のユーザー設定を変更します。

  4. 他のいずれかの環境に変更を適用するには、その 環境 を単に開きます。その 環境 が既に開いている場合は、その 環境 のウェブブラウザタブを最新の情報に更新します。

詳細については、「変更可能なユーザー設定」を参照してください。

ユーザー設定を他のユーザーと共有する

  1. ソースとターゲットの両方の 環境 で、AWS Cloud9 IDE のメニューバーの [AWS Cloud9]、[Open Your User Settings (ユーザー設定を開く)] の順に選択します。

  2. ソース 環境 で、表示される [user.settings] タブの内容をコピーします。

  3. ターゲット 環境 で、[user.settings] タブの内容を、ソース 環境 からコピーした内容で上書きします。

  4. ターゲット 環境 で、[user.settings] タブを保存します。

使用可能なユーザー設定

以下のセクションでは、[Preferences (設定)] タブの [User Settings (ユーザー設定)] ペインで変更できるユーザー設定の種類について説明します。

全般

Reset to Factory Settings (工場出荷時の設定にリセットする)

[Reset to Default (デフォルトにリセット)] ボタンを選択すると、AWS Cloud9 はすべてのユーザー設定を AWS Cloud9 のデフォルトのユーザー設定にリセットします。確定するには、[Reset settings (設定をリセットする)] を選択します。

警告

このアクションは元に戻すことができません。

Warn Before Exiting (終了する前に警告する)

IDE を閉じようとすると、AWS Cloud9 は終了を確認するメッセージを表示します。

ユーザーインターフェイス

Enable UI Animations (UI アニメーションを有効にする)

AWS Cloud9 は IDE でアニメーションを使用します。

Use an Asterisk (*) to Mark Changed Tabs (アスタリスク (*) を使用して変更されたタブをマークする)

AWS Cloud9 は、変更されて変更内容がまだ保存されていないタブにアスタリスク (*) を追加します。

Display Title of Active Tab as Browser Title (アクティブなタブのタイトルをブラウザのタイトルとして表示する)

AWS Cloud9 は関連するウェブブラウザのタブのタイトルをアクティブなタブのタイトルに変更します ([Untitled1 (無題1)]、[hello.js]、[Terminal (ターミナル)]、[Preferences (設定)] など)。

Automatically Close Empty Panes (空のペインを自動的に閉じる)

環境 を再ロードするたびに、AWS Cloud9 は空と見なしたタブを自動的に閉じます。

Environment Files Icon and Selection Style (環境ファイルのアイコンと選択スタイル)

AWS Cloud9 で 環境 ファイルに使用するアイコンと、AWS Cloud9 で使用するファイル選択の動作です。

有効な値を次に示します。

  • [Default (デフォルト)] – AWS Cloud9 はデフォルトのアイコンおよびデフォルトのファイル選択動作を使用します。

  • [Alternative (代替)] – AWS Cloud9 は代替のアイコンおよび代替のファイル選択動作を使用します。

コラボレーション

Show Notification Bubbles (通知バブルを表示する)

環境 が共有 環境 であり、この共有 環境 で複数のユーザーがアクティブに共同作業を行っている場合、AWS Cloud9 は通知を表示します。

Disable collaboration security warning (コラボレーションセキュリティ警告を無効にする)

読み取り/書き込み が 環境 に追加されたときに、AWS Cloud9 はセキュリティ警告ダイアログボックスを表示しません。

Show Authorship Info (著作情報を表示する)

AWS Cloud9 は他の 環境 メンバーが入力したテキストに下線を付け、関連してハイライトをガーターに表示します。

ツリーおよび移動パネル

Scope Go to Anything to Favorites (どこにでも移動の対象をお気に入りにする)

[Go (移動)] ウィンドウの [Go to File (ファイルに移動)] に表示される結果は、[Environment (環境)] ウィンドウの [Favorites (お気に入り)] を対象範囲とするものに限られます。

Enable Preview on Go to Anything (どこにでも移動のプレビューを有効にする)

[Go (移動)] ウィンドウの [Go to File (ファイルに移動)] に、入力した内容に一致するファイルコンテンツが表示されます。

Enable Preview on Tree Selection (ツリーの選択でプレビューを有効にする)

AWS Cloud9 は、選択したファイルをマウスのダブルクリックではなくシングルクリックで表示します。

Hidden File Pattern (非表示ファイルのパターン)

AWS Cloud9 が非表示として扱うファイルのタイプです。

Reveal Active File in Project Tree (プロジェクトツリーのアクティブなファイルを表示する)

AWS Cloud9 は [Environment (環境)] ウィンドウでアクティブなファイルをハイライト表示します。

Download Files As (ファイルをダウンロードする形式)

ファイルのダウンロード時に AWS Cloud9 が行う動作です。

有効な値を次に示します。

  • auto – AWS Cloud9 は、ファイルを変更することなくダウンロードします。

  • tar.gz – AWS Cloud9 は、ファイルを圧縮された TAR ファイルとしてダウンロードします。

  • auto – AWS Cloud9 は、ファイルを .zip ファイルとしてダウンロードします。

ファイルの検索

Search In This Path When 'Project' Is Selected (「プロジェクト」が選択されている場合このパスを検索する)

ファイルの検索バーで、検索範囲として [Project (プロジェクト)] を選択した場合に検索対象となるパス。

Show Full Path in Results (結果に完全パスを表示する)

[Search Results (検索結果)] タブに、一致する各ファイルの完全パスを表示します。

Clear Results Before Each Search (各検索の前に結果をクリアする)

[Search Results (検索結果)] タブから以前の検索結果をクリアした後で、現在の検索を開始します。

Scroll Down as Search Results Come In (検索結果の受信に合わせて下にスクロールする)

検索結果の表示に合わせて [Search Results (検索結果)] タブで検索結果の下部にスクロールします。

Open Files when Navigating Results with (Up and Down) (結果を (上下に) 移動するときにファイルを開く)

[Search Results (検索結果)] タブの結果リストで上下の矢印キーを押すたびに、一致する各ファイルを開きます。

メタデータ

Maximum of Undo Stack Items in Meta Data (メタデータ内の元に戻す項目の最大数)

元に戻すことができるアクションのリストに AWS Cloud9 で保持する項目の最大数。

ウォッチャー

Auto-Merge Files When a Conflict Occurs (ファイルが競合した場合は自動的にマージする)

AWS Cloud9 は、マージの競合が発生するたびに、自動的にファイルのマージを試みます。

ターミナル

文字色

[Terminal (ターミナル)] タブのテキストの色。

Background Color (背景色)

[Terminal (ターミナル)] タブの背景の色。

Selection Color (選択色)

[Terminal (ターミナル)] タブの選択されたテキストの色。

Font Family (フォントファミリー)

[Terminal (ターミナル)] タブのテキストのフォントスタイル。

フォントのサイズ

[Terminal (ターミナル)] タブのテキストのサイズ。

Antialiased Fonts (アンチエイリアスフォント)

AWS Cloud9 は [Terminal (ターミナル)] タブのテキストの表示を滑らかにします。

Blinking Cursor (カーソル点滅)

AWS Cloud9 は [Terminal (ターミナル)] タブでカーソルを継続的に点滅させます。

Scrollback (スクロールバック)

[Terminal (ターミナル)] タブで上下にスクロールできる行数。

Use AWS Cloud9 as the Default Editor (AWS Cloud9 をデフォルトのエディタとして使用)

デフォルトのテキストエディタとして AWS Cloud9 を使用します。

出力

文字色

出力を表示するタブのテキストの色。

Background Color (背景色)

出力を表示するタブのテキストの背景の色。

Selection Color (選択色)

出力を表示するタブの選択されたテキストの色。

Warn Before Closing Unnamed Configuration (名前を付けずに設定を閉じる前に警告する)

AWS Cloud9 は、設定が保存されていない場合、タブを閉じる前に保存するよう求めます。

Preserve log between runs (実行間でログを保持)

AWS Cloud9 はすべての試行した実行のログを保持します。

コードエディタ (Ace)

Auto-pair Brackets, Quotes, etc. (かっこや引用符などを自動的にペアにする)

エディタタブでかっこ、引用符、中かっこなどの開始文字を入力すると、AWS Cloud9 はそれぞれに対応する閉じる文字を追加します。

Wrap Selection with Brackets, Quote, etc. (選択部分をかっこや引用符などでくくる)

エディタタブでテキストを選択して、かっこ、引用符、中かっこなどの開始文字を入力すると、AWS Cloud9 はそれぞれに対応する閉じる文字をテキストの末尾に挿入します。

Code Folding (コードの折りたたみ)

AWS Cloud9 は、関連するコード構文ルールに従って、エディタタブでコードのセクションの表示、展開、非表示、折りたたみを行います。

Fade Fold Widgets (折りたたみウィジェットのフェード)

エディタタブでコードの折りたたみコントールをマウスでポイントするたびに、AWS Cloud9 はこのコントロールをガーターに表示します。

Full Line Selection (行全体の選択)

AWS Cloud9 は、エディタタブでトリプルクリックされた行全体を選択します。

Highlight Active Line (アクティブな行をハイライトする)

AWS Cloud9 は、エディタタブのアクティブな行全体をハイライト表示します。

Highlight Gutter Line (ガーター行をハイライトする)

AWS Cloud9 は、エディタタブでアクティブな行の横にあるガーター内の場所をハイライト表示します。

Show Invisible Characters (非表示文字を表示する)

AWS Cloud9 は、エディタタブで非表示文字と見なしたものを表示します (キャリッジリターン、ラインフィード、スペース、タブなど)。

Show Gutter (ガーターを表示する)

AWS Cloud9 はガーターを表示します。

Show Line Numbers (行番号を表示する)

ガーターに行番号を表示する動作。

有効な値を次に示します。

  • [Normal (通常)] – 行番号を表示します。

  • [Relative (相対)] – アクティブな行を基準にした行番号を表示します。

  • [None (なし)] – 行番号を非表示にします。

Show Indent Guides (インデントガイドを表示する)

AWS Cloud9 は、インデントされたテキストをエディタタブで見やすくするためにガイドを表示します。

Highlight Selected Word (選択された単語をハイライトする)

AWS Cloud9 は、エディタタブでダブルクリックされた単語全体を選択します。

Scroll Past the End of the Document (ドキュメントの末尾を超えてスクロールする)

エディタタブでユーザーが現在のファイルの末尾を超えてスクロールすることを許可する動作です。

有効な値を次に示します。

  • [Off (オフ)] – 現在のファイルの末尾を超えてスクロールできません。

  • [Half Editor Height (エディタの高さの半分)] – エディタ画面の高さの半分まで、現在のファイルの末尾を超えてスクロールできます。

  • [Full Editor Height (エディタの高さ全体)] – エディタ画面の高さ全体まで、現在のファイルの末尾を超えてスクロールできます。

Animate Scrolling (スクロールのアニメーション)

AWS Cloud9 は、エディタタブでのスクロールアクションにアニメーション動作を適用します。

Font Family (フォントファミリー)

エディタタブで使用するフォントのスタイルです。

フォントのサイズ

エディタタブで使用するフォントのサイズです。

Antialiased Fonts (アンチエイリアスフォント)

AWS Cloud9 は、エディタタブでのテキストの表示を滑らかにします。

Show Print Margin (印刷マージンを表示する)

エディタタブで指定された文字の位置の後に垂直線を表示します。

Mouse Scroll Speed (マウスのスクロール速度)

エディタタブでのマウスのスクロールの相対速度です。値が大きいほどスクロールが速くなります。

Cursor Style (カーソルのスタイル)

エディタタブでのカーソルのスタイルと動作です。

有効な値を次に示します。

  • [Ace (エース)] – カーソルを縦の棒として表示します。[Slim (スリム)] よりも幅が広くなります。

  • [Slim (スリム)] – カーソルを細めの縦の棒として表示します。

  • [Smooth (スムーズ)] – カーソルを [Slim (スリム)] よりも幅が広い縦の棒として表示し、[Slim (スリム)] よりも滑らかに点滅させます。

  • [Smooth and Slim (スムーズでスリム)] – カーソルを細めの縦の棒として表示し、[Slim (スリム)] よりも滑らかに点滅させます。

  • [Wide (ワイド)] – カーソルを広めの縦の棒として表示します。

Merge Undo Deltas (マージを元に戻すデルタ)

  • [Always (常に)] – マージ競合を元に戻すことを許可します。

  • [Never (行わない)] – マージ競合を元に戻すことを許可しません。

  • [Timed (時間指定)] – 指定した時間後に、マージ競合を元に戻すことを許可します。

Enable Wrapping For New Documents (新しいドキュメントのラッピングを有効にする)

AWS Cloud9 は新しいファイルにコードをラップします。

入力

Complete As You Type (入力しながら補完する)

AWS Cloud9 は、入力に合わせてテキストの補完候補を表示します。

Complete On Enter (Enter 後に補完)

Enter を押すと、AWS Cloud9 はテキストの補完候補を表示します。

Highlight Variable Under Cursor (カーソルが置かれた変数をハイライトする)

AWS Cloud9 は、選択した変数に対するコード内の参照をすべてハイライト表示します。

Use Cmd-Click for Jump to Definition (Cmd クリックを使用して定義にジャンプする)

Command (Mac) または Ctrl (Windows) を押しながらクリックしたコード内の元の定義に AWS Cloud9 が移動します。

ヒントと警告

Enable Hints and Warnings (ヒントと警告を有効にする)

AWS Cloud9 は、適切なヒントおよび警告メッセージを表示します。

[Ignore Messages Matching Regex (正規表現に一致するメッセージを無視する)]

AWS Cloud9 には、指定された正規表現に一致するメッセージは表示されません。詳細については、Mozilla 開発者ネットワークでトピック JavaScript 正規表現の「正規表現パターンの記述」を参照してください。

実行とデバッグ

Save All Unsaved Tabs Before Running (実行前に未保存のすべてのタブを保存する)

AWS Cloud9 は、関連するコードを実行する前に、開いているタブのすべての未保存ファイルを保存します。

プレビュー

Preview Running Apps (実行中のアプリケーションをプレビューする)

[Preview (プレビュー)] ボタンを選択するたびに、AWS Cloud9 はアクティブなタブにコードの出力のプレビューを表示します。

Default Previewer (デフォルトのプレビューア)

AWS Cloud9 がコード出力のプレビューに使用するフォーマットです。

有効な値を次に示します。

  • [Raw (未加工)] – コード出力をプレーンな形式で表示します。

  • [Browser (ブラウザ)] – コード出力をウェブブラウザの推奨形式で表示します。

When Saving Reload Previewer (保存時にプレビューアを再ロードする)

コードファイルが保存されるたびに AWS Cloud9 がコード出力のプレビューで使用する動作です。

有効な値を次に示します。

  • [Only on Ctrl-Enter (Ctrl-Enter を押した場合のみ)] – 現在のコードタブで Ctrl+Enter を押すたびにコード出力をプレビューします。

  • [Always (常に)] – コードファイルを保存するたびにコード出力をプレビューします。

構築

Automatically Build Supported Files (サポートされるファイルを自動的にビルドする)

ビルドアクションがトリガーされ、コードがサポートされている形式である場合、AWS Cloud9 は自動的に現在のコードをビルドします。