ステップ 3: 関数にコードを追加する - AWS Cloud9

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ステップ 3: 関数にコードを追加する

(前のステップ: ステップ 2: Lambda 関数と API を作成する)

このステップでは、生成された関数の開始コードを、指定した日または時刻に関する情報を返す特定のコードに置き換えます。

index.js ファイルが既にエディタで開いている場合は、ファイルの内容を次のコードに完全に置き換えて保存します。

'use strict'; exports.handler = function(event, context, callback) { if (event.body) { event = JSON.parse(event.body); } var sc; // Status code var result = ""; // Response payload switch(event.option) { case "date": switch(event.period) { case "yesterday": result = setDateResult("yesterday"); sc = 200; break; case "today": result = setDateResult(); sc = 200; break; case "tomorrow": result = setDateResult("tomorrow"); sc = 200; break; default: result = { "error": "Must specify 'yesterday', 'today', or 'tomorrow'." }; sc = 400; break; } break; case "time": var d = new Date(); var h = d.getHours(); var mi = d.getMinutes(); var s = d.getSeconds(); result = { "hour": h, "minute": mi, "second": s }; sc = 200; break; default: result = { "error": "Must specify 'date' or 'time'." }; sc = 400; break; } const response = { statusCode: sc, headers: { "Content-type": "application/json" }, body: JSON.stringify( result ) }; callback(null, response); function setDateResult(option) { var d = new Date(); // Today var mo; // Month var da; // Day var y; // Year switch(option) { case "yesterday": d.setDate(d.getDate() - 1); break; case "tomorrow": d.setDate(d.getDate() + 1); default: break; } mo = d.getMonth() + 1; // Months are zero offset (0-11) da = d.getDate(); y = d.getFullYear(); result = { "month": mo, "day": da, "year": y }; return result; } };

この関数は、option または date値の time 値の入ったペイロードを受け取ります。date を指定した場合は、periodyesterdaytoday、または tomorrow の値も指定する必要があります。この関数は、対応する monthday、および year の値を返します。ただし、optiontime 値 を指定した場合、関数は現在の hourminute、および second を返します。

次のステップ

ステップ 4: 関数をローカルで実行またはデバッグする