ステップ 8: 関数を変更し、変更をデプロイする - AWS Cloud9

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ステップ 8: 関数を変更し、変更をデプロイする

(前のステップ: ステップ 7: API を本稼働環境で実行する)

ステップ 8.1: 関数をローカルで変更する

このステップでは、IDE を使用して Lambda 関数を少し変更します。次に、変更された関数をローカルでテストし、元の関数を本稼働環境でテストして違いを確認します。

  1. index.js ファイルの行 41 で、次のように、time 変数に result 値を追加します。

    result = { "time": d.toTimeString(), "hour": h, "minute": mi, "second": s };
  2. 行 86 で、次のように、date 変数に result 値を追加します。

    result = { "date": d.toDateString(), "month": mo, "day": da, "year": y };
  3. 変更を index.js ファイルに保存します。

  4. ステップ 4.1: 関数をローカルで実行する の手順に従って、変更した関数をローカルで実行します。time または date の値がレスポンスに表示されるようになります。

  5. ステップ 6: 関数を本稼働環境で実行する の手順に従って、元の関数を本稼働環境で実行します。time または date の値は、レスポンスにまだ表示されません。これは、変更された関数を本稼働環境にデプロイしていないためです。これは次のステップで行います。

ステップ 8.2: 変更された関数を本稼働環境でデプロイする

このステップでは、変更された関数を Lambda 自体に再度デプロイします。次に、本稼働環境で変更された関数をテストして、デプロイを確認します。

  1. [AWS リソース] ウィンドウの [Lambda] ペインで、[myDateTimeFunction] Lambda アイコンを右クリックして、[デプロイ] を選択します。

  2. デプロイが成功したら、「ステップ 6: 関数を本稼働環境で実行する」の手順に従って、変更された関数を本稼働環境で実行します。time または date の値がレスポンスに表示されるようになります。

ローカル関数を変更し、これらの変更を Lambda (および付随する API が存在する場合は API Gateway) にデプロイする場合は、必ずこの手順に従ってください。

次のステップ

ステップ 9: クリーンアップ