ステップ 7: API を本稼働環境で実行する - AWS Cloud9

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ステップ 7: API を本稼働環境で実行する

(前のステップ: ステップ 6: 関数を本稼働環境で実行する)

このステップでは、IDE を使用して API Gateway 自体で API を実行します。

注記

AWS Cloud9 は ステップ 2: Lambda 関数と API を作成する 中に API を API Gateway にデプロイしました。AWS Cloud9 が最初に API をデプロイしてから API は変更されていないため、API Gateway 自体で API を実行する前に API を再デプロイする必要はありません。

  1. [AWS リソース] ウィンドウの [Lambda] ペインで、[myDateTimeFunction] Lambda アイコンを右クリックして、[Run, Run APIGateway Remote] を選択します。

    注記

    これを行うには、前のステップの [Run (実行)] タブで [Lambda (リモート)] リストを選択してから、[API Gateway (リモート)] を選択します。

  2. [Path (パス)] が依然として [/]、[Method (メソッド)] が [POST] に設定されており、[Body (本文)] が依然として「ステップ 5.1: API をローカルで実行する」の本文のいずれかに設定されていることを確認します。いずれかが正しく設定されていない場合は、正しく設定してください。

  3. [Run (実行)] を選択し、[Response (レスポンス)] 領域の結果を確認します。これは「ステップ 5.1: API をローカルで実行する」の結果と同じである必要があります。

次のステップ

ステップ 8: 関数を変更し、変更をデプロイする