ステップ 6: 関数を本稼働環境で実行する - AWS Cloud9

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ステップ 6: 関数を本稼働環境で実行する

(前のステップ: ステップ 5: API をローカルで実行またはデバッグする)

このステップでは、IDE を使用して Lambda の関数を実行します。

AWS Cloud9 は ステップ 2: Lambda 関数と API を作成する 中に関数を Lambda にデプロイしました。ただし、AWS Cloud9 は、ステップ 3: 関数にコードを追加する に変更を行う前に関数をデプロイしました。その元の関数は非常に基本的なものであり、ペイロードを取らず、レスポンスも返しません。したがって、最初に変更を Lambda にデプロイしてから、デプロイされた関数をそこで実行する必要があります。

  1. [AWS リソース] ウィンドウの [Lambda] ペインで、[Local Functions (ローカル関数)] を展開し、[MyDateTimeApplication] Lambda フォルダを展開して、[myDateTimeFunction] Lambda アイコンを右クリックし、[Deploy (デプロイ)] を選択します。

  2. デプロイが終了したら、[myDateTimeFunction] Lambda アイコンを右クリックし、[Run, Run Remote] を選択します。

    注記

    これを行うには、前のステップの [Run (実行)] タブで [API Gateway (ローカル)] リストを選択してから、[Lambda (リモート)] を選択します。

  3. [Run (実行)] タブの [Payload (ペイロード)] ペインに、ステップ 4.1: 関数をローカルで実行する のペイロード のいずれかが表示されていることを確認します。存在しない場合は、そのペイロードを追加します。

  4. [Run (実行)] を選択し、[Response (レスポンス)] 領域で結果を確認します。これらは ステップ 4.1: 関数をローカルで実行する の結果と同じである必要があります。

次のステップ

ステップ 7: API を本稼働環境で実行する