ステップ 5: API をローカルで実行またはデバッグする - AWS Cloud9

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ステップ 5: API をローカルで実行またはデバッグする

(前のステップ: ステップ 4: 関数をローカルで実行またはデバッグする)

ステップ 5.1: API をローカルで実行する

このステップでは、IDE を使用して API Gateway によってインスタンスの Lambda 関数を実行します。

  1. [AWS Resources (AWS リソース)] ウィンドウの [Lambda] ペインで、[myDateTimeFunction] Lambda アイコンを右クリックして、[Run (実行)]、[Run APIGateway Local (APIGateway をローカルで実行)] の順に選択します。

    注記

    これを行うには、前のステップの [Run (実行)] タブで [Lambda (ローカル)] リストを選択してから、[API Gateway (ローカル)] を選択します。

  2. [Run (実行)] タブの [Path (パス)] に 「/」 (スラッシュ) を入力します。

  3. [Method (メソッド)] で [POST] を選択します。

  4. [Body (本文)] で、{} を以下の内容に置き換えます。これにより、このデータは API への入力として送信されて処理されます。

    { "option": "date", "period": "today" }
  5. バグのアイコンが緑色の場合は、それをオフにしてください。(灰色に戻ります)

    
                     デバッグをオフにする
  6. [Run (実行)] を選択します。

  7. [Response (レスポンス)] ペインに次のレスポンスが表示されます。

    { "month": 4, "day": 12, "year": 2018 }
  8. 以下のペイロードで関数を何度も実行し、[Response (レスポンス)] ペインに何が表示されるかを確認します。

    { "option": "date", "period": "yesterday" } { "option": "date", "period": "tomorrow" } { "option":"time" } Displays an error. Must also specify a 'period' of 'yesterday', 'today', or 'tomorrow'. { "option":"date" } Displays an error. Must specify an 'option' of 'date' or 'time'. { "option":"dates" }

結果を以下と比較します。


               API の実行

ステップ 5.2: API をローカルでデバッグする

このステップでは、IDE を使用して API Gateway によってインスタンスの Lambda 関数をデバッグします。

  1. index.js ファイルで、callback(null, response) コード行にブレークポイントが設定されていることを確認します。

  2. [Debugger (デバッガー)] ウィンドウの [Watch Expressions (ウォッチ式)] 領域で event.optionevent.periodsc、および response.body がまだ監視されていることを確認します。

  3. 前のステップの [実行] タブで、バグと思われるアイコンを選択します。(これは灰色から緑に切り替わります)

  4. [Run (実行)] タブの [Body (本文)] ペインに、次のペイロードがまだ表示されていることを確認します。

    { "option": "date", "period": "today" }
  5. [Run] を選択します。

    コードの実行はブレークポイントで一時停止し、現在の値 event.optionevent.periodsc、および response.body は、[Debugger (デバッガー)] ウィンドウの [Watch Expressions (ウォッチ式)] 領域に表示されます。

    これらの値は、コードの optionperiodsc、および response にマウスを置くことで、コード内に表示することもできます。response で、[Object {}] を展開して、[body] の値を表示します。

  6. [Debugger] ウィンドウで、青い [Resume (再開)] 矢印を選択して、コードの実行を終了します

次のステップ

ステップ 6: 関数を本稼働環境で実行する