ステップ 5: AWS SDK コードを追加する - AWS Cloud9

ステップ 5: AWS SDK コードを追加する

(前のステップ: ステップ 4: AWS SDK for Ruby をインストールして設定する)

このステップでは、Amazon S3を操作するコードを指定します。このコードは、バケットを作成し、使用可能なバケットを一覧表示して、作成されたバケットを削除します (このコードは次のステップで実行します)。

AWS Cloud9 IDE で、以下のコードのファイルを作成し、s3.rb という名前でファイルを保存します。

require "aws-sdk" # Replace us-west-2 with the AWS Region you're using for Amazon S3. if ARGV.length < 2 puts "Usage: ruby s3.rb <the bucket name> <the AWS Region to use>\n" + "Example: ruby s3.rb my-test-bucket us-west-2" end bucket_name = ARGV[0] region = ARGV[1] s3 = Aws::S3::Client.new(region: region) # Lists all of your available buckets in this AWS Region. def list_my_buckets(s3) resp = s3.list_buckets puts "My buckets now are:\n\n" resp.buckets.each do |bucket| puts bucket.name end end list_my_buckets(s3) # Create a new bucket. begin puts "\nCreating a new bucket named '#{bucket_name}'...\n\n" s3.create_bucket({ bucket: bucket_name, create_bucket_configuration: { location_constraint: region } }) s3.wait_until(:bucket_exists, {bucket: bucket_name, }) rescue Aws::S3::Errors::BucketAlreadyExists puts "Cannot create the bucket. " + "A bucket with the name '#{bucket_name}' already exists. Exiting." exit(false) end list_my_buckets(s3) # Delete the bucket you just created. puts "\nDeleting the bucket named '#{bucket_name}'...\n\n" s3.delete_bucket(bucket: bucket_name) s3.wait_until(:bucket_not_exists, {bucket: bucket_name, }) list_my_buckets(s3)

次のステップ

ステップ 6: AWS SDK コードを実行する