Amazon CloudSearch のドキュメント履歴 - Amazon CloudSearch

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon CloudSearch のドキュメント履歴

このトピックでは、Amazon CloudSearch への重要な変更について説明します。

この履歴に関連する日付:

  • 現行製品バージョン—2013-01-01

  • 最新の製品リリース日—2020 年 12 月 28 日

  • ドキュメントの最新更新日 — 2020 年 12 月 28 日

変更 説明 リリース日
新しいインスタンスタイプ Amazon CloudSearch で、新しいドメインに新しいインスタンスタイプが使用されるようになりました。これらのインスタンスタイプは、より直感的なスケーリングの進行と、同じ価格でより高いパフォーマンスを提供します。 2020 年 12 月 28 日
HTTPS を強制する Amazon CloudSearch ドメインへのすべてのリクエストが HTTPS 経由で到着するように要求できるようになりました。詳細については、「Amazon CloudSearch でのドメインエンドポイントオプションの設定」を参照してください。 2019 年 11 月 13 日
でリソースへのタグ付けのサポート Amazon CloudSearch では、リソースへのタグ付けのサポートが追加されました。詳細については、このサービスガイドの「Amazon CloudSearch ドメインのタグ付け」を参照してください。 2016 年 2 月 10 日
AP (ソウル) のサポート ap-northeast-2 では、AP (ソウル) Amazon CloudSearch リージョンのサポートが追加されました。Amazon CloudSearch でサポートされるリージョンのリストについては、https://docs.aws.amazon.com/general/latest/gr/rande.html##cloudsearch_regionAWS General Referenceの「AWS のリージョンとエンドポイント」を参照してください。 2016 年 1 月 28 日

Amazon CloudWatch との統合およびインデックスフィールド統計のサポート

Amazon CloudWatch​ を使用して、Amazon CloudSearch​ ドメインをモニタリングできるようになりました。CloudWatch​ は、AWS クラウドリソースと、AWS で実行するアプリケーションのモニタリングサービスです。パフォーマンス統計を収集、分析できるように、Amazon CloudSearch は CloudWatch​に自動的にメトリクスを送信します。Amazon CloudSearch コンソール、または CloudWatch コンソール、AWS CLI、または AWS SDK を使用して、これらのメトリクスをモニタリングできます。CloudWatch を経由して報告される Amazon CloudSearch メトリクスには料金はかかりません。CloudWatch を使用した検索ドメインの監視の詳細については、「Amazon CloudWatch を使用したドメインのモニタリング」を参照してください。

また、ファセット対応数値フィールドに対して統計を取得できるようになりました。Amazon CloudSearch は、ドキュメント内のインデックス付き数値フィールドに対して次の統計を返すことができます: count、min、max、mean、missing、stddev、sum、および sumOfSquares。 インデックスフィールドの統計の詳細については、「詳細情報のクエリ」を参照してください。

2015 年 3 月 5 日

M3 インスタンスタイプのサポート

M3 インスタンスを使用して Amazon CloudSearch ドメインを強化できるようになりました。Amazon CloudSearch では、新しく作成されたドメインに対して以下のインスタンスタイプがサポートされるようになりました。m1.smallm3.mediumm3.largem3.xlarge、および m3.2xlarge。 新しく利用可能になったインスタンスタイプおよび既存ドメインの変更方法の詳細については、「Amazon CloudSearch でのスケーリングオプションの設定」を参照してください。

2015 年 2 月 10 日

動的フィールドのサポート

動的フィールドを使用すると、事前にフィールド内容が正確にわかっていなくても、ドキュメントにインデックスを作成できます。動的フィールドの名前は、最初または最後にワイルドカード (*) がつくか、ワイルドカードのみのパターンを定義します。認識されないドキュメントでこのパターンと一致するものは、動的フィールドのインデックスオプションで設定されます。詳細については、「Amazon CloudSearch での動的フィールドの使用」を参照してください。

2014 年 11 月 12 日

日本語処理の強化と CloudTrail のサポート

日本語を含むフィールドに使用する分析スキームにカスタム日本語トークン分割ディクショナリを追加することで、Amazon CloudSearch の日本語トークン分割を制御できるようになりました。カスタムトークン化辞書の設定は、インデックスの促進と、ドメイン専用フレーズの取得によって検索結果の正確さを向上させることができます。カスタムディクショナリの使用の詳細については、「日本語トークン分割のカスタマイズ」を参照してください。また、中国語、日本語、韓国語のバイグラムにインデックスをつけることもできます。詳細については、「中国語、日本語、韓国語のバイグラムのインデックス作成」を参照してください。

また、AWS CloudTrail​ を使用して、アカウントの Amazon CloudSearch​ 設定 API 呼び出しおよび関連イベントの履歴を取得できるようになりました。CloudTrail​ は、アカウントの API 呼び出しの記録と、そのログファイルを Amazon S3​ バケットへ出力するウェブサービスです。さらに、CloudTrail を AWS リソースへ加えられた変更の追跡に使うこともできます。たとえば、セキュリティ分析や、運用上の問題のトラブルシューティングのために、API 呼び出しの履歴を使用できます。また、CloudTrail は内部ポリシーや規制基準の順守の作業を簡単にできます。詳細については、「大規模環境でのセキュリティ:」を参照してください。AWS での のログ記録ホワイトペーパー。Amazon CloudSearch 呼び出しを記録するための CloudTrail の使用の詳細については、「AWS CloudTrail を使用した Amazon CloudSearch​ 設定 API 呼び出しのログ記録」を参照してください。

2014 年 10 月 15 日

ドキュメントの更新

この更新によって、検索クエリ文字列を URL エンコードする必要があることがわかりやすくなりました。また、選択したバケットのファセット情報の取得に関する情報が追加されました。ファセットのバケット方法の詳細については、「ファセット情報の取得」を参照してください。

2014 年 9 月 19 日

拡張 IAM 統合

を使用して、各ドメインのドキュメント、検索、提案サービスへのアクセスをコントロールしたり、AWS 署名バージョン 4 を使用してすべての Amazon IAM リクエストに署名したりできるようになりました。CloudSearch最新の AWS SDKs および AWS CLI を使用すると、リクエストは自動的に署名されます。詳細については、「configure access policies」を参照してください。

このリリースとの組み合わせで、Amazon CloudSearch コマンドラインツールも更新されています。更新された CLTs は、cs-import-documents コマンドで送信されたドキュメントのアップロードリクエストに自動的に署名するようになりました。新しい CLT バンドルは、Amazon CloudSearch 開発者ツールページからダウンロードできます。

重要

この CLT の更新には、2 つのコマンド cs-import-documents および cs-configure-from-batches が含まれています。すべての設定アクションは AWS CLI を使用して実行する必要があります。AWS CLI ではまた、ドキュメントのアップロードと検索および提案リクエストの送信がサポートされています。詳細については、AWS コマンドラインインターフェイスのユーザーガイドを参照してください。

2014 年 8 月 14 日

AWS Amazon CloudSearch および SDKs での AWS CLI サポートの強化

AWS SDKs および AWS CLI は、検索ドメインの作成、設定、管理、ドキュメントのアップロード、検索リクエストの送信など、すべての Amazon CloudSearch 2013-01-01 API オペレーションを完全にサポートするようになりました。AWS CLI のインストールおよび使用の詳細については、『AWS Command Line Interface ユーザーガイド』を参照してください。

注記

ドキュメントのにバッチを生成し、バッチの内容に基づいて自動的にインデックス作成オプションを設定するには、スタンドアロン Amazon CloudSearch コマンドラインツールを使用する必要があります。

2014 年 6 月 26 日

ヘブライ語のサポートおよび必要なパーティション数のスケーリングオプション

Amazon CloudSearch では、他の 33 のサポートされている言語に加えてヘブライ語がサポートされるようになりました。この更新では、新しいスケーリングオプションとして、必要なパーティション数も追加されました。このオプションを使用して、m2.2xlarge 検索インスタンスタイプを使用するドメインのインデックスパーティションの数を事前に設定できます。大量の検索データがある場合は、より多くのパーティションを使用するようにドメインを事前に設定しておくと、データをより速くロードできます。また、追加のパーティションを使って、パーティションごとのドキュメント数を減らしたり、複雑なクエリを高速化するようにドメインを設定できます。Amazon CloudSearch は、データ量やトラフィック量に基づいてドメインをスケーリングしますが、パーティションの数が設定した必要なパーティション数を下回ることはありません。詳細については、「Amazon CloudSearch でのスケーリングオプションの設定」を参照してください。

2014 年 3 月 24 日

Amazon CloudSearch 2013-01-01 API

Amazon CloudSearch の API バージョンが新しくなり、多くの機能拡張と新機能が追加されています。新しい API は、2011-02-01 API との下位互換性がありません。新しい機能を使用するには、2013-01-01 API を使用して新しい検索ドメインを作成する必要があります。このリリースとの組み合わせで、新しいコマンドラインツールのセットもあります。新しいツールでは Java 7 互換 JRE が必要であるため、このツールを使用するには Java の更新が必要になる場合があります。

2014 年 3 月 24 日