メニュー
Amazon CloudSearch
開発者ガイド (API Version 2013-01-01)

Amazon CloudSearch でのデータの検索

検索する用語または値を q パラメータを使用して指定します。検索条件の指定方法は、使用するクエリパーサーによって異なります。Amazon CloudSearch は 4 つのクエリパーサーをサポートしています。

  • simple - 指定された文字列をすべての text および text-array フィールドで検索します。simple クエリパーサーでは、フレーズ、個々の用語、プレフィックスを検索することができます。必須またはオプションとして用語を指定することも、特定の用語を含む一致を除外することもできます。特定のフィールドを検索するには、q.options パラメータで検索するフィールドを指定できます。simple クエリパーサーは、q.parser パラメータが指定されない場合にデフォルトで使用されます。

  • structured - 特定のフィールドの検索、ブール演算子を使用した複合クエリの作成、および用語の増強や近接検索などの高度な機能を使用することができます。

  • lucene - Apache Lucene クエリパーサーの構文を使用して、検索条件を指定します。現在 Lucene 構文を使用している場合は、lucene クエリパーサーを使用することで、検索クエリを Amazon CloudSearch 構造化検索構文で完全に書き換えなくても、検索サービスを Amazon CloudSearch ドメインに移行することができます。

  • dismax - DisMax のクエリパーサーで定義された Apache Lucene のクエリパーサー構文の簡略化されたサブセットを使用して、検索条件を指定します。現在 DisMax 構文を使用している場合は、dismax クエリパーサーを使用することで、検索クエリを Amazon CloudSearch 構造化検索構文で完全に書き換えなくても、検索サービスを Amazon CloudSearch ドメインに移行することができます。

追加の検索パラメータを使用して、検索結果の返し方を制御したり、検索結果にファセット、強調表示、候補などの追加情報を含めることができます。

すべての Amazon CloudSearch 検索パラメータの詳細については、「Search API」を参照してください。