AWS CloudShell のサポート対象 AWS リージョン - AWS CloudShell

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CloudShell のサポート対象 AWS リージョン

このセクションでは、AWS でサポートされている AWS CloudShell リージョンとオプトインリージョンのリストについて説明します。AWSのサービスエンドポイントとクォータのリストについては CloudShell、AWS CloudShellのページを参照してくださいAmazon Web Services 全般のリファレンス

以下が AWS CloudShellでサポートされる AWS リージョンです。

  • 米国東部 (オハイオ)

  • 米国東部 (バージニア北部)

  • 米国西部 (北カリフォルニア)

  • 米国西部 (オレゴン)

  • アジアパシフィック(ムンバイ)

  • アジアパシフィック (大阪)

  • アジアパシフィック(ソウル)

  • アジアパシフィック(シドニー)

  • アジアパシフィック(シンガポール)

  • アジアパシフィック(東京)

  • カナダ (中部)

  • 欧州 (フランクフルト)

  • 欧州 (アイルランド)

  • 欧州 (ロンドン)

  • 欧州 (パリ)

  • 欧州 (ストックホルム)

  • 南米(サンパウロ)

GovCloud リージョン

GovCloud CloudShellサポートされているリージョンは以下のとおりです。

  • AWS GovCloud (米国東部)

  • AWS GovCloud (米国西部)

オプトインリージョン

デフォルトでは、オプトインリージョンは有効ではありません。これらのリージョンを使用するには、手動で有効にする必要があります。詳細については、「AWS リージョンの管理」を参照してください。サポートされているオプトインリージョンは以下のとおりです。 CloudShell

  • アフリカ (ケープタウン)

  • アジアパシフィック (香港)

  • アジアパシフィック (ジャカルタ)

  • 欧州 (ミラノ)

  • 中東 (バーレーン)

  • 中東 (アラブ首長国連邦)

Docker でサポートされているリージョン

AWS CloudShellコンピューティング環境は、以下のリージョンの Docker コンテナのみをサポートします。

  • 米国東部 (オハイオ)

  • 米国東部 (バージニア北部)

  • 米国西部 (オレゴン)

  • アジアパシフィック(ムンバイ)

  • アジアパシフィック(シドニー)

  • アジアパシフィック(シンガポール)

  • アジアパシフィック(東京)

  • カナダ (中部)

  • 欧州 (フランクフルト)

  • 欧州 (アイルランド)

  • 欧州 (ロンドン)

  • 欧州 (パリ)

  • 南米 (サンパウロ)