の使用AWSのサービスAWS CloudShell - AWS CloudShell

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の使用AWSのサービスAWS CloudShell

主な利点AWS CloudShell管理に使えるということですかAWSコマンドラインインターフェイスからのサービス。つまり、ツールをダウンロードしてインストールしたり、ローカルで認証情報を事前に設定する必要はありません。起動するとAWS CloudShellでは、次のようなコンピューティング環境が作成されます。AWSコマンドラインツールが既にインストールされています:

そして、あなたはすでにサインインしているからですAWSでは、サービスを使用する前に資格情報をローカルに設定する必要はありません。へのサインインに使用した認証情報AWS Management Consoleに転送されますAWS CloudShell。

デフォルトを変更する場合AWSに使用されるリージョンAWS CLIの場合、に割り当てられている値を変更できます。AWS_REGION環境変数。(詳しくは、デフォルトの指定AWSのリージョンAWS CLI を参照してください)。

このトピックの残りの部分では、の使用方法を示します。AWS CloudShell選択したオブジェクトと対話するにはAWSコマンドラインからのサービス。

AWS CLI選択したコマンドラインの例AWSサービス

次の例は、多数のものの一部のみを表しています。AWS次のコマンドを使って作業できるサービスAWS CLIバージョン 2。詳細なリストについては、AWS CLI コマンドリファレンス

DynamoDB

DynamoDB は、高速で予測可能なパフォーマンスとシームレスな拡張性を特長とするフルマネージド NoSQL データベースサービスです。このサービスの NoSQL モードの実装は、キー値およびドキュメントデータ構造をサポートしています。

以下のようになりますcreate-tableコマンドは、名前の Nosql スタイルのテーブルを作成します。MusicCollection側AWSアカウント.

aws dynamodb create-table \ --table-name MusicCollection \ --attribute-definitions AttributeName=Artist,AttributeType=S AttributeName=SongTitle,AttributeType=S \ --key-schema AttributeName=Artist,KeyType=HASH AttributeName=SongTitle,KeyType=RANGE \ --provisioned-throughput ReadCapacityUnits=5,WriteCapacityUnits=5 \ --tags Key=Owner,Value=blueTeam

詳細については、「」を参照してください。での DynamoDB の使用AWS CLIAWS Command Line Interfaceユーザーガイド

AWS Cloud9

AWS Cloud9は、ブラウザウィンドウでコードを記述、実行、およびデバッグするために使用できるクラウドベースの統合開発環境 (IDE) です。環境には、コードエディタ、デバッガー、ターミナルがあります。

以下のようになりますcreate-environment-ec2コマンドでは、AWS Cloud9EC2 開発環境 (指定した設定)。Amazon EC2 インスタンスを起動した後、インスタンスから環境に接続します。

aws cloud9 create-environment-ec2 --name my-demo-env --description "My demonstration development environment." --instance-type t2.micro --subnet-id subnet-1fab8aEX --automatic-stop-time-minutes 60 --owner-arn arn:aws:iam::123456789012:user/MyDemoUser

詳細については、「」を参照してください。AWS Cloud9コマンドラインリファレンス

Amazon EC2

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) は、クラウド内で安全でサイズ変更可能なコンピューティング性能を提供するウェブサービスです。ウェブスケールのクラウドコンピューティングをより簡単に、アクセスしやすくするために設計されています。

以下のようになりますrun-instancesコマンドでは、T2.micro インスタンスが VPC の指定されたサブネットで起動されます。

aws ec2 run-instances --image-id ami-xxxxxxxx --count 1 --instance-type t2.micro --key-name MyKeyPair --security-group-ids sg-903004f8 --subnet-id subnet-6e7f829e

詳細については、「」を参照してください。での Amazon EC2 の使用AWS CLIAWS Command Line Interfaceユーザーガイド

S3 Glacier

S3 Glacier および S3 Glacier Deep Archive は、データのアーカイブおよび長期バックアップ用の、安全で耐久性が高く、非常に低コストの Amazon S3 クラウドストレージクラスです。

以下のようになりますcreate-vaultコマンドでは、ボールト (アーカイブを格納するコンテナー) を作成します。

aws glacier create-vault --vault-name my-vault --account-id -

詳細については、「」を参照してください。での Amazon S3 Glacier の使用AWS CLIAWS Command Line Interfaceユーザーガイド

AWSElastic Beanstalk CLI

-AWS Elastic BeanstalkCLI には、ローカルリポジトリからの環境の作成、更新、モニタリングを簡素化するコマンドラインインターフェイスが用意されています。この文脈では、環境のコレクションのことを指すAWSアプリケーションバージョンを実行しているリソース。

以下のようになりますcreateコマンドは、カスタム Amazon Virtual Private Cloud (VPC) に新しい環境を作成します。

$ eb create dev-vpc --vpc.id vpc-0ce8dd99 --vpc.elbsubnets subnet-b356d7c6,subnet-02f74b0c --vpc.ec2subnets subnet-0bb7f0cd,subnet-3b6697c1 --vpc.securitygroup sg-70cff265

詳細については、「」を参照してください。EB CLI コマンドリファレンスAWS Elastic Beanstalkデベロッパーガイド

Amazon ECS CLI

Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) コマンドラインインターフェース (CLI) には、いくつかの高レベルコマンドが用意されています。ローカル開発環境からのクラスターおよびタスクの作成、更新、モニタリングプロセスを簡素化する設計です。Amazon ECS クラスターは、タスクまたはサービスの論理グループです。)

以下のようになりますconfigureコマンドは、Amazon ECS CLI を設定して、という名前のクラスター設定を作成します。ecs-cli-demo。このクラスター設定では、FARGATEのデフォルト起動タイプとしてecs-cli-demoのクラスタークラスターus-east-1 region

ecs-cli configure --region us-east-1 --cluster ecs-cli-demo --default-launch-type FARGATE --config-name ecs-cli-demo

詳細については、Amazon Elastic Container Service 開発者ガイドAmazon ECS コマンドラインリファレンスを参照してください。

AWS SAM CLI

AWS SAMCLI は、AWS Serverless Application Modelテンプレートとアプリケーションコード。これを使用して複数のタスクを実行できます。これには、ローカルでの Lambda 関数の呼び出し、サーバーレスアプリケーションのデプロイパッケージの作成、サーバーレスアプリケーションをAWSクラウド型。

以下のようになりますinitcommand は、パラメータとして渡された必須パラメータを使用して、新しい SAM プロジェクトを初期化します。

sam init --runtime python3.7 --dependency-manager pip --app-template hello-world --name sam-app

詳細については、「」を参照してください。AWS SAMCLI コマンドリファレンスAWS Serverless Application Modelデベロッパーガイド