AWS CloudShellの使用 - AWS CloudShell

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CloudShellの使用

このトピックでは、へのアクセス方法について説明します。AWS CloudShell、シェルインターフェイスをナビゲートし、シェルタイプを選択し、ファイルのアップロードとダウンロードを操作し、シェルセッションを管理します。

AWS CloudShell を起動する

次の 2 つの方法のうちの 1 つを使用して、AWS Management Console から AWS CloudShell を起動することができます。

  1. コンソールナビゲーションバーで、AWS CloudShell アイコンを選択します。

  2. に「cloudshell」と入力し始めるサービスを探すボックスをクリックし、CloudShellオプション。


            の主な特徴AWS CloudShellインターフェイスからリクエスト.

次のスクリーンショットは、いくつかのキーを示していますAWS CloudShellインターフェイス機能 これらの機能は、コマンドラインの使用時、ファイルのアップロード/ダウンロードツール、シェル環境のカスタマイズ、およびユーザーアシスタンスへのアクセス時に使用します。


            の主な特徴AWS CloudShellインターフェイスからリクエスト.
  1. AWS CloudShellコマンドラインインターフェイス thあなたが実行するのに使っている時を使用するコマンドお好みのシェル。現在のシェルの種類は、コマンドプロンプトで示されます。

  2. -AWSリージョンAWS CloudShellは現在実行中です。

  3. 通知リンク。Personal Health Dashboard とイベントログにアクセスできます。

  4. 現在の名前およびアカウント IDAWS CloudShell ユーザー(ここではぼやけている)。このメニューを使用して、アカウント情報の表示、ロールの切り替え、ログアウトを行うことができます。AWS。

  5. どのリージョンを選択できるリージョンセレクタAWSシェル環境が実行されているリージョン。詳細については、「サポート対象AWSのリージョンAWS CloudShell」を参照してください。

  6. -サポートメニュー。ドキュメントやトレーニングなどのユーザー支援リソースにアクセスするために使用します。

  7. -アクションメニュー。このメニューには、次のオプションが用意されています。画面レイアウトを変更する,ファイルのダウンロードとアップロード, およびを再起動するAWS CloudShell

  8. -Preferences (設定)オプション。これを使用できるシェルエクスペリエンスをカスタマイズする。これを行うには、テキストサイズを変更し、インターフェイスのカラーテーマを切り替えます。

  9. 下のバーには、フィードバックの提供、インターフェイスのローカライズ版へのアクセス、プライバシーポリシーと利用規約について学ぶためのオプションがあります。

シェルを選択する

次のシェルはプリインストールされており、すぐに使用できます。AWS CloudShell: Bashシェル、PowerShell、Zシェル。シェル環境にプリインストールされているバージョンの詳細については、シェルテーブルAWS CloudShellコンピューティング環境セクションに追加します。

コマンドプロンプトで、現在使用しているシェルを特定できます。

  • $: Bash shell

  • PS>: PowerShell

  • %Z Shell

新しいシェルに切り替えるには、コマンドラインプロンプトでシェルのプログラム名を入力します。

  • bash: Bash

  • pwsh: PowerShell

  • zshZ Shell

での作業AWSリージョン

現在AWS実行しているリージョンは、コマンドラインインターフェイスの上に表示されます。


            の主な特徴AWS CloudShellインターフェイスからリクエスト.

を選択することもできます。AWSリージョンセレクタから 1 つを選択して作業します。Regions を変更すると、シェルセッションが選択したリージョンで実行されているコンピューティング環境に接続すると、インターフェイスが更新されます。

重要

それぞれに 1 GB の永続ストレージがありますAWSリージョン。永続ストレージは、ホームディレクトリにあります ($HOME). したがって、ホームディレクトリに格納されている個人用ファイル、ディレクトリ、プログラム、およびスクリプトは 1 つになります。AWSリージョン。さらに、ホームディレクトリに配置され、別のリージョンに格納されているものとは異なります。

永続的ストレージでのファイルの長期保存も、リージョンごとに管理されます。詳細については、「永続的ストレージ」を参照してください。

デフォルトの指定AWSのリージョンAWS CLI

次を使用できます。環境変数アクセスに必要な構成オプションと資格情報を指定するにはAWSを使用するサービスAWS CLI。デフォルトを指定する環境変数AWSシェルセッションのリージョンは、起動時に設定されます。AWS CloudShell内の特定のリージョンからAWS Management Consoleまたは、リージョンセレクタでオプションを選択した場合です。

なぜなら環境変数が優先されますAWS CLI認証情報ファイルによって更新されるものaws configureの場合、そのコマンドを実行して、環境変数で指定されたリージョンを変更することはできません。のデフォルトのリージョンを変更するにはAWS CLIコマンドで、値を代入してAWS_REGION環境変数。以下の例では、us-east-1お好みの地域で。

Bash or Zsh
$ export AWS_REGION=us-east-1

環境変数を設定すると、シェルセッションの終了時まで、または変数に別の値を設定するまで、使用する値が変更されます。変数をシェルのスタートアップスクリプトで設定することで、変数をこれからのセッションで永続的にすることができます。

PowerShell
PS C:\> $Env:AWS_REGION="us-east-1"

PowerShell プロンプトで環境変数を設定した場合は、現在のセッションの期間だけ値が保存されます。または、変数を PowerShell プロファイルに追加すると、その変数を今後のすべての PowerShell セッションに設定できます。環境変数の保存やそれをセッション間で永続的に維持する詳細については、PowerShell ドキュメントを参照してください。

デフォルトのリージョンを変更したことを確認するには、現在のリージョンを表示します。AWS CLI次のコマンドを使用して設定データ:

aws configure list
注記

具体的には次のとおりです。AWS CLIコマンドを使用する場合は、コマンドラインオプションを使用してデフォルトのリージョンを上書きできます。--region。詳細については、「」を参照してください。コマンドラインオプションAWS Command Line Interfaceユーザーガイド

ファイルとストレージの操作

を使用するAWS CloudShellのインターフェイスでは、シェル環境にファイルをアップロードしたり、シェル環境からファイルをダウンロードしたりできます。セッション終了後に追加したファイルを使用できるようにするには、永続ストレージと一時ストレージの違いを知っておく必要があります。

  • 永続的ストレージ:それぞれに 1 GB の永続ストレージがありますAWSリージョン。永続的ストレージは、ホームディレクトリにあります。

  • 一時ストレージ:一時記憶域はホームディレクトリ外のディレクトリに存在し、セッションの最後にリサイクルされます。

重要

将来のシェルセッションで保持して使用するファイルは、常にホームディレクトリに残す必要があります。ホームディレクトリからファイルを移動した場合(mvコマンド、たとえば)、現在のシェルセッションが終了するとリサイクルされます。

からファイルをダウンロードするにはAWS CloudShell

  1. 選択アクション,ファイルのダウンロード

  2. ファイルのダウンロード] ダイアログボックスで、ダウンロードするファイルのパスを入力します。

    
                  ファイルのダウンロードのパスを指定する。
    注記

    ダウンロードするファイルを指定するときは、絶対パスまたは相対パスを使用できます。相対パス名を使用すると、/home/cloudshell-user/は、デフォルトで自動的に開始に追加されます。というファイルをダウンロードするにはmydownload-fileの場合、次のどちらも有効なパスです。

    • 絶対パス: /home/cloudshell-user/subfolder/mydownloadfile.txt

    • 相対パス: subfolder/mydownloadfile.txt

  3. [ダウンロード] を選択します。

    ファイルパスが正しい場合は、ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスを使用して、デフォルトのアプリケーションでファイルを開くことができます。または、ファイルをローカルマシン上のフォルダに保存することもできます。

AWS CloudShell にファイルをアップロードするには

  1. 選択アクション,ファイルをアップロードする

    注記

    デフォルトでは、ファイルはホームディレクトリのルートにアップロードされます。/home/cloudshell-user。 ファイルを移動すると(mvコマンドなど)、ファイルがホームディレクトリに残っていることを確認します。これは、1 GB の永続ストレージの場所です。

  2. ファイルをアップロードする] ダイアログボックスで、[] を選択します。ブラウズをクリックして、ローカルマシン上のファイルを選択します。(最大アップロードサイズは 1 GB です。)

  3. システム内ファイルをアップロードする] ダイアログボックスで、アップロードするファイルを選択して、オープン

  4. 選択アップロードを選択して、選択したファイルをシェル環境に追加します。

    
                  選択したファイルをアップロードしています。

    リージョンごとの制限を超えるファイルをアップロードしようとすると、アップロードを続行できないことが通知されます。たとえば、ホームディレクトリにすでに 900 MB のデータを格納しているときに 200 MB のファイルをアップロードしようとすると、アップロードを完了できないというメッセージが表示されます。

からファイルを削除するにはAWS CloudShell

  1. からファイルを削除するにはAWS CloudShellの場合は、次のような標準のシェルコマンドを使用します。rm(削除):

    rm my-file-for-removal

  2. また、指定した条件を満たす複数のファイルを削除するには、findコマンド。次の例では、名前に「.pdf」という語句が含まれるすべてのファイルを削除します。

    find -type f -name '*pdf*' -delete
注記

使用を停止した場合AWS CloudShellでAWSリージョン、そのリージョンの永続ストレージ内のデータは、定義された期間の後に自動的に削除されます。詳細については、「永続的ストレージ」を参照してください。

シェルセッションの開始と終了

注記

セキュリティ対策として、長時間キーボードまたはポインタを使用してシェルと対話しないと、セッションは自動的に停止します。非常に長時間実行されているセッションも自動的に停止します。詳細については、「シェルセッション」を参照してください。

シェルセッションを再起動する

  1. シェルセッションを再開するには、アクション,CloudShell を再起動する

    再起動が通知されますAWS CloudShell現在のアクティブなセッションをすべて停止します。AWSリージョン。

  2. 選択Restart[] を選択して確定します。

    インターフェイスに、AWS CloudShellコンピューティング環境が停止しています。環境が停止して再起動したら、新しいセッションでコマンドラインの操作を開始できます。

注記

場合によっては、環境を再起動するまで数分かかる場合があります。

シェルセッションを手動で終了する

コマンドラインを使用すると、シェルセッションを終了し、exitコマンド。その後、任意のキーを押して再接続し、引き続き使用できます。AWS CloudShell。