AWS SDK またはコマンドラインツールResendValidationEmailで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールResendValidationEmailで を使用する

以下のコード例は、ResendValidationEmail の使用方法を示しています。

アクション例は、より大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。次のコード例で、このアクションのコンテキストを確認できます。

C++
SDK for C++
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

//! Resend the email that requests domain ownership validation. /*! \param certificateArn: The Amazon Resource Name (ARN) of a certificate. \param domainName: A fully qualified domain name. \param validationDomain: The base validation domain that will act as the suffix of the email addresses. \param clientConfiguration: AWS client configuration. \return bool: Function succeeded. */ bool AwsDoc::ACM::resendValidationEmail(const Aws::String &certificateArn, const Aws::String &domainName, const Aws::String &validationDomain, const Aws::Client::ClientConfiguration &clientConfiguration) { Aws::ACM::ACMClient acmClient(clientConfiguration); Aws::ACM::Model::ResendValidationEmailRequest request; request.WithCertificateArn(certificateArn) .WithDomain(domainName) .WithValidationDomain(validationDomain); Aws::ACM::Model::ResendValidationEmailOutcome outcome = acmClient.ResendValidationEmail(request); if (!outcome.IsSuccess()) { std::cerr << "ResendValidationEmail error: " << outcome.GetError().GetMessage() << std::endl; return false; } else { std::cout << "Success: The validation email has been resent." << std::endl; return true; } }
  • API の詳細については、「 API リファレンスResendValidationEmail」の「」を参照してください。 AWS SDK for C++

CLI
AWS CLI

ACM 証明書リクエストの検証 E メールを再送信するには

次の resend-validation-email コマンドは、Amazon 認証機関に検証 E メールを適切なアドレスに送信するように指示します。

aws acm resend-validation-email --certificate-arn arn:aws:acm:region:account:certificate/12345678-1234-1234-1234-123456789012 --domain www.example.com --validation-domain example.com
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスResendValidationEmail」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: 「www.example.com」のドメイン所有権を検証する E メールの送信をリクエストします。シェルの $ ConfirmPreference が「Medium」以下に設定されている場合、コマンドレットは先に進む前に確認を求めます。-Force スイッチを追加して、確認プロンプトを非表示にします。

$params = @{ CertificateArn="arn:aws:acm:us-east-1:123456789012:certificate/12345678-1234-1234-1234-123456789012" Domain="www.example.com" ValidationDomain="example.com" } Send-ACMValidationEmail @params
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスResendValidationEmail」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell

Python
SDK for Python (Boto3)
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

class AcmCertificate: """ Encapsulates ACM functions. """ def __init__(self, acm_client): """ :param acm_client: A Boto3 ACM client. """ self.acm_client = acm_client def resend_validation_email(self, certificate_arn, domain, validation_domain): """ Request that validation email is sent again, for a certificate that was previously requested with email validation. :param certificate_arn: The ARN of the certificate. :param domain: The primary domain of the certificate. :param validation_domain: Alternate domain to use for determining email addresses to use for validation. """ try: self.acm_client.resend_validation_email( CertificateArn=certificate_arn, Domain=domain, ValidationDomain=validation_domain, ) logger.info( "Validation email resent to validation domain %s.", validation_domain ) except ClientError: logger.exception( "Couldn't resend validation email to %s.", validation_domain ) raise
  • API の詳細については、ResendValidationEmailAWS 「 SDK for Python (Boto3) API リファレンス」の「」を参照してください。