AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteTagsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDeleteTagsで を使用する

以下のコード例は、DeleteTags の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

Auto Scaling グループからタグを削除するには

この例では、指定された Auto Scaling グループから指定されたタグを削除します。

aws autoscaling delete-tags \ --tags ResourceId=my-asg,ResourceType=auto-scaling-group,Key=Dept,Value=Research

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド」の「Auto Scaling グループとインスタンスのタグ付け」を参照してください。 Amazon EC2 Auto Scaling

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteTags」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定された Auto Scaling グループから指定されたタグを削除します。操作を続行する前に確認画面が表示されます。この例で使用される構文には、 PowerShell バージョン 3 以降が必要です。

Remove-ASTag -Tag @( @{ResourceType="auto-scaling-group"; ResourceId="my-asg"; Key="myTag" } )

出力:

Confirm Are you sure you want to perform this action? Performing the operation "Remove-ASTag (DeleteTags)" on target "Amazon.AutoScaling.Model.Tag". [Y] Yes [A] Yes to All [N] No [L] No to All [S] Suspend [?] Help (default is "Y"):

例 2: Force パラメータを指定した場合、オペレーションが続行する前に確認を求められません。

Remove-ASTag -Tag @( @{ResourceType="auto-scaling-group"; ResourceId="my-asg"; Key="myTag" } ) -Force

例 3: Powershell バージョン 2 では、New-Object を使用して Tag パラメータのタグを作成する必要があります。

$tag = New-Object Amazon.AutoScaling.Model.Tag $tag.ResourceType = "auto-scaling-group" $tag.ResourceId = "my-asg" $tag.Key = "myTag" Remove-ASTag -Tag $tag -Force
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスDeleteTags」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell