AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeLaunchConfigurationsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeLaunchConfigurationsで を使用する

以下のコード例は、DescribeLaunchConfigurations の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: 指定した起動設定を記述するには

この例では、指定された起動設定について説明します。

aws autoscaling describe-launch-configurations \ --launch-configuration-names my-launch-config

出力:

{ "LaunchConfigurations": [ { "LaunchConfigurationName": "my-launch-config", "LaunchConfigurationARN": "arn:aws:autoscaling:us-west-2:123456789012:launchConfiguration:98d3b196-4cf9-4e88-8ca1-8547c24ced8b:launchConfigurationName/my-launch-config", "ImageId": "ami-0528a5175983e7f28", "KeyName": "my-key-pair-uswest2", "SecurityGroups": [ "sg-05eaec502fcdadc2e" ], "ClassicLinkVPCSecurityGroups": [], "UserData": "", "InstanceType": "t2.micro", "KernelId": "", "RamdiskId": "", "BlockDeviceMappings": [ { "DeviceName": "/dev/xvda", "Ebs": { "SnapshotId": "snap-06c1606ba5ca274b1", "VolumeSize": 8, "VolumeType": "gp2", "DeleteOnTermination": true, "Encrypted": false } } ], "InstanceMonitoring": { "Enabled": true }, "CreatedTime": "2020-10-28T02:39:22.321Z", "EbsOptimized": false, "AssociatePublicIpAddress": true, "MetadataOptions": { "HttpTokens": "required", "HttpPutResponseHopLimit": 1, "HttpEndpoint": "disabled" } } ] }

例 2: 指定した数の起動設定を記述するには

特定の数の起動設定を返すには、 --max-itemsオプションを使用します。

aws autoscaling describe-launch-configurations \ --max-items 1

出力に NextTokenフィールドが含まれている場合は、さらに多くの起動設定があります。追加の起動設定を取得するには、次のように、後続の呼び出しで --starting-tokenオプションを指定してこのフィールドの値を使用します。

aws autoscaling describe-launch-configurations \ --starting-token Z3M3LMPEXAMPLE
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeLaunchConfigurations」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、起動設定の名前を一覧表示します。

Get-ASLaunchConfiguration | format-table -property LaunchConfigurationName

出力:

LaunchConfigurationName ----------------------- my-lc-1 my-lc-2 my-lc-3 my-lc-4 my-lc-5

例 2: この例では、指定した起動設定について説明します。

Get-ASLaunchConfiguration -LaunchConfigurationName my-lc-1

出力:

AssociatePublicIpAddress : True BlockDeviceMappings : {/dev/xvda} ClassicLinkVPCId : ClassicLinkVPCSecurityGroups : {} CreatedTime : 12/12/2014 3:22:08 PM EbsOptimized : False IamInstanceProfile : ImageId : ami-043a5034 InstanceMonitoring : Amazon.AutoScaling.Model.InstanceMonitoring InstanceType : t2.micro KernelId : KeyName : LaunchConfigurationARN : arn:aws:autoscaling:us-west-2:123456789012:launchConfiguration:7e5f31e4-693b-4604-9322- e6f68d7fafad:launchConfigurationName/my-lc-1 LaunchConfigurationName : my-lc-1 PlacementTenancy : RamdiskId : SecurityGroups : {sg-67ef0308} SpotPrice : UserData :

例 3: この例では、指定した 2 つの起動設定について説明します。

Get-ASLaunchConfiguration -LaunchConfigurationName @("my-lc-1", "my-lc-2")

例 4: この例では、すべての起動設定について説明します。

Get-ASLaunchConfiguration

例 5: この例では、すべての起動設定を 10 のバッチで説明します。

$nextToken = $null do { Get-ASLaunchConfiguration -NextToken $nextToken -MaxRecord 10 $nextToken = $AWSHistory.LastServiceResponse.NextToken } while ($nextToken -ne $null)
  • API の詳細については、AWS Tools for PowerShell 「 コマンドレットリファレンスDescribeLaunchConfigurations」の「」を参照してください。