AWS SDK またはコマンドラインツールEnterStandbyで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールEnterStandbyで を使用する

以下のコード例は、EnterStandby の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

インスタンスをスタンバイモードに移行するには

この例では、指定されたインスタンスをスタンバイモードにします。これは、現在実行中のインスタンスを更新またはトラブルシューティングする場合に便利です。

aws autoscaling enter-standby \ --instance-ids i-061c63c5eb45f0416 \ --auto-scaling-group-name my-asg \ --should-decrement-desired-capacity

出力:

{ "Activities": [ { "ActivityId": "ffa056b4-6ed3-41ba-ae7c-249dfae6eba1", "AutoScalingGroupName": "my-asg", "Description": "Moving EC2 instance to Standby: i-061c63c5eb45f0416", "Cause": "At 2020-10-31T20:31:00Z instance i-061c63c5eb45f0416 was moved to standby in response to a user request, shrinking the capacity from 1 to 0.", "StartTime": "2020-10-31T20:31:00.949Z", "StatusCode": "InProgress", "Progress": 50, "Details": "{\"Subnet ID\":\"subnet-6194ea3b\",\"Availability Zone\":\"us-west-2c\"}" } ] }

詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド」の「Amazon EC2 Auto Scaling インスタンスのライフサイクル」を参照してください。 Amazon EC2 Auto Scaling

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスEnterStandby」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、指定されたインスタンスをスタンバイモードにして希望する容量を減らし、Auto Scaling が代替インスタンスを起動しないようにします。

Enter-ASStandby -InstanceId i-93633f9b -AutoScalingGroupName my-asg -ShouldDecrementDesiredCapacity $true

出力:

ActivityId : e36a5a54-ced6-4df8-bd19-708e2a59a649 AutoScalingGroupName : my-asg Cause : At 2015-11-22T15:48:06Z instance i-95b8484f was moved to standby in response to a user request, shrinking the capacity from 2 to 1. Description : Moving EC2 instance to Standby: i-95b8484f Details : {"Availability Zone":"us-west-2b","Subnet ID":"subnet-5264e837"} EndTime : Progress : 50 StartTime : 11/22/2015 7:48:06 AM StatusCode : InProgress StatusMessage :

例 2: この例では、必要な容量を減らすことなく、指定されたインスタンスをスタンバイモードにします。Auto Scaling は代替インスタンスを起動します。

Enter-ASStandby -InstanceId i-93633f9b -AutoScalingGroupName my-asg -ShouldDecrementDesiredCapacity $false

出力:

ActivityId : e36a5a54-ced6-4df8-bd19-708e2a59a649 AutoScalingGroupName : my-asg Cause : At 2015-11-22T15:48:06Z instance i-95b8484f was moved to standby in response to a user request. Description : Moving EC2 instance to Standby: i-95b8484f Details : {"Availability Zone":"us-west-2b","Subnet ID":"subnet-5264e837"} EndTime : Progress : 50 StartTime : 11/22/2015 7:48:06 AM StatusCode : InProgress StatusMessage :
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスEnterStandby」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell