AWS SDK またはコマンドラインツールPutScheduledUpdateGroupActionで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールPutScheduledUpdateGroupActionで を使用する

以下のコード例は、PutScheduledUpdateGroupAction の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

例 1: スケジュールされたアクションを Auto Scaling グループに追加するには

この例では、指定されたスケジュールされたアクションを指定された Auto Scaling グループに追加します。

aws autoscaling put-scheduled-update-group-action \ --auto-scaling-group-name my-asg \ --scheduled-action-name my-scheduled-action \ --start-time "2023-05-12T08:00:00Z" \ --min-size 2 \ --max-size 6 \ --desired-capacity 4

このコマンドでは何も出力されません。同じ名前のスケジュールされたアクションが既に存在する場合、そのアクションは新しいスケジュールされたアクションによって上書きされます。

その他の例については、「Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド」の「スケジュールされたスケーリング」を参照してください。

例 2: 定期的なスケジュールを指定するには

この例では、毎年 1 月、6 月、12 月 1 日 00:30 に実行される予定の定期的なスケジュールでスケーリングするスケジュールされたアクションを作成します。

aws autoscaling put-scheduled-update-group-action \ --auto-scaling-group-name my-asg \ --scheduled-action-name my-recurring-action \ --recurrence "30 0 1 1,6,12 *" \ --min-size 2 \ --max-size 6 \ --desired-capacity 4

このコマンドでは何も出力されません。同じ名前のスケジュールされたアクションが既に存在する場合、そのアクションは新しいスケジュールされたアクションによって上書きされます。

その他の例については、「Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド」の「スケジュールされたスケーリング」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutScheduledUpdateGroupAction」の「」を参照してください。 AWS CLI

PowerShell
のツール PowerShell

例 1: この例では、1 回限りのスケジュールされたアクションを作成または更新して、指定した開始時間に希望する容量を変更します。

Write-ASScheduledUpdateGroupAction -AutoScalingGroupName my-asg -ScheduledActionName "myScheduledAction" -StartTime "2015-12-01T00:00:00Z" -DesiredCapacity 10
  • API の詳細については、「 コマンドレットリファレンスPutScheduledUpdateGroupAction」の「」を参照してください。 AWS Tools for PowerShell