AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeComputeEnvironmentsで を使用する - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK またはコマンドラインツールDescribeComputeEnvironmentsで を使用する

以下のコード例は、DescribeComputeEnvironments の使用方法を示しています。

CLI
AWS CLI

コンピューティング環境を記述するには

この例では、P2OnDemand コンピューティング環境について説明します。

コマンド:

aws batch describe-compute-environments --compute-environments P2OnDemand

出力:

{ "computeEnvironments": [ { "status": "VALID", "serviceRole": "arn:aws:iam::012345678910:role/AWSBatchServiceRole", "computeEnvironmentArn": "arn:aws:batch:us-east-1:012345678910:compute-environment/P2OnDemand", "computeResources": { "subnets": [ "subnet-220c0e0a", "subnet-1a95556d", "subnet-978f6dce" ], "tags": { "Name": "Batch Instance - P2OnDemand" }, "desiredvCpus": 48, "minvCpus": 0, "instanceTypes": [ "p2" ], "securityGroupIds": [ "sg-cf5093b2" ], "instanceRole": "ecsInstanceRole", "maxvCpus": 128, "type": "EC2", "ec2KeyPair": "id_rsa" }, "statusReason": "ComputeEnvironment Healthy", "ecsClusterArn": "arn:aws:ecs:us-east-1:012345678910:cluster/P2OnDemand_Batch_2c06f29d-d1fe-3a49-879d-42394c86effc", "state": "ENABLED", "computeEnvironmentName": "P2OnDemand", "type": "MANAGED" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeComputeEnvironments」の「」を参照してください。 AWS CLI

Rust
SDK for Rust
注記

には他にもがあります GitHub。AWS コード例リポジトリ で全く同じ例を見つけて、設定と実行の方法を確認してください。

async fn show_envs(client: &Client) -> Result<(), Error> { let rsp = client.describe_compute_environments().send().await?; let compute_envs = rsp.compute_environments(); println!("Found {} compute environments:", compute_envs.len()); for env in compute_envs { let arn = env.compute_environment_arn(); let name = env.compute_environment_name(); println!(" Name: {}", name.unwrap_or("Unknown")); println!(" ARN: {}", arn.unwrap_or("Unknown")); println!(); } Ok(()) }
  • API の詳細については、DescribeComputeEnvironmentsAWS 「 SDK for Rust API リファレンス」の「」を参照してください。