DataSync を使用した の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

DataSync を使用した の例 AWS CLI

次のコード例は、 AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています DataSync。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、update-location-azure-blob を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

転送先を新しいエージェントで更新するには

次のupdate-location-object-storage例では、Microsoft Azure Blob Storage DataSync の場所を新しいエージェントで更新します。

aws datasync update-location-azure-blob \ --location-arn arn:aws:datasync:us-west-2:123456789012:location/loc-abcdef01234567890 \ --agent-arns arn:aws:datasync:us-west-2:123456789012:agent/agent-1234567890abcdef0 \ --sas-configuration '{ \ "Token": "sas-token-for-azure-blob-storage-access" \ }'

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS DataSync ユーザーガイド」の「エージェントの置き換え」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateLocationAzureBlob」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-location-hdfs を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

転送先を新しいエージェントで更新するには

次のupdate-location-hdfs例では、 DataSync HDFS ロケーションを新しいエージェントで更新します。HDFS クラスターが Kerberos 認証を使用している場合のみ、 --kerberos-keytabおよび --kerberos-krb5-confオプションが必要です。

aws datasync update-location-hdfs \ --location-arn arn:aws:datasync:us-west-2:123456789012:location/loc-abcdef01234567890 \ --agent-arns arn:aws:datasync:us-west-2:123456789012:agent/agent-1234567890abcdef0 \ --kerberos-keytab file://hdfs.keytab --kerberos-krb5-conf file://krb5.conf

hdfs.keytab の内容:

N/A. The content of this file is encrypted and not human readable.

krb5.conf の内容:

[libdefaults] default_realm = EXAMPLE.COM dns_lookup_realm = false dns_lookup_kdc = false rdns = true ticket_lifetime = 24h forwardable = true udp_preference_limit = 1000000 default_tkt_enctypes = aes256-cts-hmac-sha1-96 aes128-cts-hmac-sha1-96 des3-cbc-sha1 default_tgs_enctypes = aes256-cts-hmac-sha1-96 aes128-cts-hmac-sha1-96 des3-cbc-sha1 permitted_enctypes = aes256-cts-hmac-sha1-96 aes128-cts-hmac-sha1-96 des3-cbc-sha1 [realms] EXAMPLE.COM = { kdc = kdc1.example.com admin_server = krbadmin.example.com default_domain = example.com } [domain_realm] .example.com = EXAMPLE.COM example.com = EXAMPLE.COM [logging] kdc = FILE:/var/log/krb5kdc.log admin_server = FILE:/var/log/kerberos/kadmin.log default = FILE:/var/log/krb5libs.log

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS DataSync ユーザーガイド」の「エージェントの置き換え」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateLocationHdfs」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-location-nfs を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

転送先を新しいエージェントで更新するには

次のupdate-location-nfs例では、 DataSync NFS の場所を新しいエージェントで更新します。

aws datasync update-location-nfs \ --location-arn arn:aws:datasync:us-west-2:123456789012:location/loc-abcdef01234567890 \ --on-prem-config AgentArns=arn:aws:datasync:us-west-2:123456789012:agent/agent-1234567890abcdef0

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS DataSync ユーザーガイド」の「エージェントの置き換え」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateLocationNfs」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-location-object-storage を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

転送先を新しいエージェントで更新するには

次のupdate-location-object-storage例では、 DataSync オブジェクトストレージの場所を新しいエージェントで更新します。

aws datasync update-location-object-storage \ --location-arn arn:aws:datasync:us-west-2:123456789012:location/loc-abcdef01234567890 \ --agent-arns arn:aws:datasync:us-west-2:123456789012:agent/agent-1234567890abcdef0 \ --secret-key secret-key-for-object-storage

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS DataSync ユーザーガイド」の「エージェントの置き換え」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateLocationObjectStorage」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-location-smb を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

転送先を新しいエージェントで更新するには

次のupdate-location-smb例では、 DataSync SMB の場所を新しいエージェントで更新します。

aws datasync update-location-smb \ --location-arn arn:aws:datasync:us-west-2:123456789012:location/loc-abcdef01234567890 \ --agent-arns arn:aws:datasync:us-west-2:123456789012:agent/agent-1234567890abcdef0 \ --password smb-file-server-password

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS DataSync ユーザーガイド」の「エージェントの置き換え」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateLocationSmb」の「」を参照してください。 AWS CLI