を使用した Elastic Beanstalk の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Elastic Beanstalk の例 AWS CLI

次のコード例は、Elastic Beanstalk AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、abort-environment-update を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

デプロイを中止するには

次のコマンドは、 という名前の環境に対して実行中のアプリケーションバージョンのデプロイを中止しますmy-env

aws elasticbeanstalk abort-environment-update --environment-name my-env
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAbortEnvironmentUpdate」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、check-dns-availability を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

CNAME の可用性を確認するには

次のコマンドは、サブドメイン の可用性をチェックしますmy-cname.elasticbeanstalk.com

aws elasticbeanstalk check-dns-availability --cname-prefix my-cname

出力:

{ "Available": true, "FullyQualifiedCNAME": "my-cname.elasticbeanstalk.com" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCheckDnsAvailability」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-application-version を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

新しいアプリケーションバージョンを作成するには

次のコマンドは、「」という名前のアプリケーションの新しいバージョン「v1MyApp」を作成します。

aws elasticbeanstalk create-application-version --application-name MyApp --version-label v1 --description MyAppv1 --source-bundle S3Bucket="my-bucket",S3Key="sample.war" --auto-create-application

アプリケーションが存在しない場合は、 auto-create-application オプションにより自動的に作成されます。ソースバンドルは、Apache Tomcat サンプルアプリケーションを含む「my-bucket」という名前の s3 バケットに保存されている.war ファイルです。

出力:

{ "ApplicationVersion": { "ApplicationName": "MyApp", "VersionLabel": "v1", "Description": "MyAppv1", "DateCreated": "2015-02-03T23:01:25.412Z", "DateUpdated": "2015-02-03T23:01:25.412Z", "SourceBundle": { "S3Bucket": "my-bucket", "S3Key": "sample.war" } } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateApplicationVersion」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-application を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

新しいアプリケーションを作成するには

次のコマンドは、MyApp「」という名前の新しいアプリケーションを作成します。

aws elasticbeanstalk create-application --application-name MyApp --description "my application"

create-application コマンドは、アプリケーションの名前と説明のみを設定します。アプリケーションのソースコードをアップロードするには、 を使用してアプリケーションの初期バージョンを作成しますcreate-application-version。 には、アプリケーションとアプリケーションバージョンをワンステップで作成できるauto-create-applicationオプションcreate-application-versionもあります。

出力:

{ "Application": { "ApplicationName": "MyApp", "ConfigurationTemplates": [], "DateUpdated": "2015-02-12T18:32:21.181Z", "Description": "my application", "DateCreated": "2015-02-12T18:32:21.181Z" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateApplication」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-configuration-template を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

設定テンプレートを作成するには

次のコマンドは、ID が の環境に適用される設定my-app-v1から、 という名前の設定テンプレートを作成しますe-rpqsewtp2j

aws elasticbeanstalk create-configuration-template --application-name my-app --template-name my-app-v1 --environment-id e-rpqsewtp2j

出力:

{ "ApplicationName": "my-app", "TemplateName": "my-app-v1", "DateCreated": "2015-08-12T18:40:39Z", "DateUpdated": "2015-08-12T18:40:39Z", "SolutionStackName": "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Tomcat 8 Java 8" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateConfigurationTemplate」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-environment を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アプリケーションの新しい環境を作成するには

次のコマンドは、「my-app」という名前の java アプリケーションのバージョン「v1」の新しい環境を作成します。

aws elasticbeanstalk create-environment --application-name my-app --environment-name my-env --cname-prefix my-app --version-label v1 --solution-stack-name "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Tomcat 8 Java 8"

出力:

{ "ApplicationName": "my-app", "EnvironmentName": "my-env", "VersionLabel": "v1", "Status": "Launching", "EnvironmentId": "e-izqpassy4h", "SolutionStackName": "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Tomcat 8 Java 8", "CNAME": "my-app.elasticbeanstalk.com", "Health": "Grey", "Tier": { "Type": "Standard", "Name": "WebServer", "Version": " " }, "DateUpdated": "2015-02-03T23:04:54.479Z", "DateCreated": "2015-02-03T23:04:54.479Z" }

v1 は、 で以前にアップロードされたアプリケーションバージョンのラベルです create-application-version。

JSON ファイルを指定して環境設定オプションを定義するには

次のcreate-environmentコマンドmyoptions.jsonは、ソリューションスタックまたは設定テンプレートから取得した値を上書きするために、 という名前の JSON ファイルを使用することを指定します。

aws elasticbeanstalk create-environment --environment-name sample-env --application-name sampleapp --option-settings file://myoptions.json

myoptions.json は、いくつかの設定を定義する JSON オブジェクトです。

[ { "Namespace": "aws:elb:healthcheck", "OptionName": "Interval", "Value": "15" }, { "Namespace": "aws:elb:healthcheck", "OptionName": "Timeout", "Value": "8" }, { "Namespace": "aws:elb:healthcheck", "OptionName": "HealthyThreshold", "Value": "2" }, { "Namespace": "aws:elb:healthcheck", "OptionName": "UnhealthyThreshold", "Value": "3" } ]

詳細については、AWS Elastic Beanstalk デベロッパーガイドの「オプション値」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateEnvironment」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-storage-location を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ストレージの場所を作成するには

次のコマンドは、Amazon S3 にストレージの場所を作成します。

aws elasticbeanstalk create-storage-location

出力:

{ "S3Bucket": "elasticbeanstalk-us-west-2-0123456789012" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateStorageLocation」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-application-version を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アプリケーションバージョンを削除するには

次のコマンドは、 という名前のアプリケーションの という名前22a0-stage-150819_182129のアプリケーションバージョンを削除しますmy-app

aws elasticbeanstalk delete-application-version --version-label 22a0-stage-150819_182129 --application-name my-app
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteApplicationVersion」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-application を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アプリケーションを削除するには

次のコマンドは、 という名前のアプリケーションを削除しますmy-app

aws elasticbeanstalk delete-application --application-name my-app
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteApplication」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-configuration-template を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

設定テンプレートを削除するには

次のコマンドは、 という名前my-templateのアプリケーションの という名前の設定テンプレートを削除しますmy-app

aws elasticbeanstalk delete-configuration-template --template-name my-template --application-name my-app
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteConfigurationTemplate」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-environment-configuration を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ドラフト設定を削除するには

次のコマンドは、 という名前の環境のドラフト設定を削除しますmy-env

aws elasticbeanstalk delete-environment-configuration --environment-name my-env --application-name my-app

次の例は、describe-application-versions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アプリケーションバージョンに関する情報を表示するには

次のコマンドは、 というラベルの付いたアプリケーションバージョンに関する情報を取得しますv2

aws elasticbeanstalk describe-application-versions --application-name my-app --version-label "v2"

出力:

{ "ApplicationVersions": [ { "ApplicationName": "my-app", "VersionLabel": "v2", "Description": "update cover page", "DateCreated": "2015-07-23T01:32:26.079Z", "DateUpdated": "2015-07-23T01:32:26.079Z", "SourceBundle": { "S3Bucket": "elasticbeanstalk-us-west-2-015321684451", "S3Key": "my-app/5026-stage-150723_224258.war" } }, { "ApplicationName": "my-app", "VersionLabel": "v1", "Description": "initial version", "DateCreated": "2015-07-23T22:26:10.816Z", "DateUpdated": "2015-07-23T22:26:10.816Z", "SourceBundle": { "S3Bucket": "elasticbeanstalk-us-west-2-015321684451", "S3Key": "my-app/5026-stage-150723_222618.war" } } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeApplicationVersions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-applications を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アプリケーションのリストを表示するには

次のコマンドは、現在のリージョンのアプリケーションに関する情報を取得します。

aws elasticbeanstalk describe-applications

出力:

{ "Applications": [ { "ApplicationName": "ruby", "ConfigurationTemplates": [], "DateUpdated": "2015-08-13T21:05:44.376Z", "Versions": [ "Sample Application" ], "DateCreated": "2015-08-13T21:05:44.376Z" }, { "ApplicationName": "pythonsample", "Description": "Application created from the EB CLI using \"eb init\"", "Versions": [ "Sample Application" ], "DateCreated": "2015-08-13T19:05:43.637Z", "ConfigurationTemplates": [], "DateUpdated": "2015-08-13T19:05:43.637Z" }, { "ApplicationName": "nodejs-example", "ConfigurationTemplates": [], "DateUpdated": "2015-08-06T17:50:02.486Z", "Versions": [ "add elasticache", "First Release" ], "DateCreated": "2015-08-06T17:50:02.486Z" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeApplications」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-configuration-options を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

環境の設定オプションを表示するには

次のコマンドは、 という名前の環境で使用可能なすべての設定オプションの説明を取得しますmy-env

aws elasticbeanstalk describe-configuration-options --environment-name my-env --application-name my-app

出力 (省略):

{ "Options": [ { "Name": "JVMOptions", "UserDefined": false, "DefaultValue": "Xms=256m,Xmx=256m,XX:MaxPermSize=64m,JVM Options=", "ChangeSeverity": "RestartApplicationServer", "Namespace": "aws:cloudformation:template:parameter", "ValueType": "KeyValueList" }, { "Name": "Interval", "UserDefined": false, "DefaultValue": "30", "ChangeSeverity": "NoInterruption", "Namespace": "aws:elb:healthcheck", "MaxValue": 300, "MinValue": 5, "ValueType": "Scalar" }, ... { "Name": "LowerThreshold", "UserDefined": false, "DefaultValue": "2000000", "ChangeSeverity": "NoInterruption", "Namespace": "aws:autoscaling:trigger", "MinValue": 0, "ValueType": "Scalar" }, { "Name": "ListenerEnabled", "UserDefined": false, "DefaultValue": "true", "ChangeSeverity": "Unknown", "Namespace": "aws:elb:listener", "ValueType": "Boolean" } ] }

使用可能な設定オプションは、プラットフォームと設定バージョンによって異なります。名前空間とサポートされているオプションの詳細については、AWS Elastic Beanstalk デベロッパーガイドの「オプション値」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeConfigurationOptions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-configuration-settings を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

環境の設定を表示するには

次のコマンドは、 という名前の環境の設定を取得しますmy-env

aws elasticbeanstalk describe-configuration-settings --environment-name my-env --application-name my-app

出力 (省略):

{ "ConfigurationSettings": [ { "ApplicationName": "my-app", "EnvironmentName": "my-env", "Description": "Environment created from the EB CLI using \"eb create\"", "DeploymentStatus": "deployed", "DateCreated": "2015-08-13T19:16:25Z", "OptionSettings": [ { "OptionName": "Availability Zones", "ResourceName": "AWSEBAutoScalingGroup", "Namespace": "aws:autoscaling:asg", "Value": "Any" }, { "OptionName": "Cooldown", "ResourceName": "AWSEBAutoScalingGroup", "Namespace": "aws:autoscaling:asg", "Value": "360" }, ... { "OptionName": "ConnectionDrainingTimeout", "ResourceName": "AWSEBLoadBalancer", "Namespace": "aws:elb:policies", "Value": "20" }, { "OptionName": "ConnectionSettingIdleTimeout", "ResourceName": "AWSEBLoadBalancer", "Namespace": "aws:elb:policies", "Value": "60" } ], "DateUpdated": "2015-08-13T23:30:07Z", "SolutionStackName": "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Tomcat 8 Java 8" } ] }

名前空間とサポートされているオプションの詳細については、AWS Elastic Beanstalk デベロッパーガイドの「オプション値」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeConfigurationSettings」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-environment-health を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

環境ヘルスを表示するには

次のコマンドは、 という名前の環境の全体的なヘルス情報を取得しますmy-env

aws elasticbeanstalk describe-environment-health --environment-name my-env --attribute-names All

出力:

{ "Status": "Ready", "EnvironmentName": "my-env", "Color": "Green", "ApplicationMetrics": { "Duration": 10, "Latency": { "P99": 0.004, "P75": 0.002, "P90": 0.003, "P95": 0.004, "P85": 0.003, "P10": 0.001, "P999": 0.004, "P50": 0.001 }, "RequestCount": 45, "StatusCodes": { "Status3xx": 0, "Status2xx": 45, "Status5xx": 0, "Status4xx": 0 } }, "RefreshedAt": "2015-08-20T21:09:18Z", "HealthStatus": "Ok", "InstancesHealth": { "Info": 0, "Ok": 1, "Unknown": 0, "Severe": 0, "Warning": 0, "Degraded": 0, "NoData": 0, "Pending": 0 }, "Causes": [] }

ヘルス情報は、拡張ヘルスレポートが有効になっている環境でのみ使用できます。詳細については、AWS Elastic Beanstalk デベロッパーガイドの「拡張ヘルスレポートおよびモニタリング」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeEnvironmentHealth」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-environment-resources を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

環境内の AWS リソースに関する情報を表示するには

次のコマンドは、 という名前の環境内のリソースに関する情報を取得しますmy-env

aws elasticbeanstalk describe-environment-resources --environment-name my-env

出力:

{ "EnvironmentResources": { "EnvironmentName": "my-env", "AutoScalingGroups": [ { "Name": "awseb-e-qu3fyyjyjs-stack-AWSEBAutoScalingGroup-QSB2ZO88SXZT" } ], "Triggers": [], "LoadBalancers": [ { "Name": "awseb-e-q-AWSEBLoa-1EEPZ0K98BIF0" } ], "Queues": [], "Instances": [ { "Id": "i-0c91c786" } ], "LaunchConfigurations": [ { "Name": "awseb-e-qu3fyyjyjs-stack-AWSEBAutoScalingLaunchConfiguration-1UUVQIBC96TQ2" } ] } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeEnvironmentResources」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-environments を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

環境に関する情報を表示するには

次のコマンドは、 という名前の環境に関する情報を取得しますmy-env

aws elasticbeanstalk describe-environments --environment-names my-env

出力:

{ "Environments": [ { "ApplicationName": "my-app", "EnvironmentName": "my-env", "VersionLabel": "7f58-stage-150812_025409", "Status": "Ready", "EnvironmentId": "e-rpqsewtp2j", "EndpointURL": "awseb-e-w-AWSEBLoa-1483140XB0Q4L-109QXY8121.us-west-2.elb.amazonaws.com", "SolutionStackName": "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Tomcat 8 Java 8", "CNAME": "my-env.elasticbeanstalk.com", "Health": "Green", "AbortableOperationInProgress": false, "Tier": { "Version": " ", "Type": "Standard", "Name": "WebServer" }, "DateUpdated": "2015-08-12T18:16:55.019Z", "DateCreated": "2015-08-07T20:48:49.599Z" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeEnvironments」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-events を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

環境のイベントを表示するには

次のコマンドは、 という名前の環境のイベントを取得しますmy-env

aws elasticbeanstalk describe-events --environment-name my-env

出力 (省略):

{ "Events": [ { "ApplicationName": "my-app", "EnvironmentName": "my-env", "Message": "Environment health has transitioned from Info to Ok.", "EventDate": "2015-08-20T07:06:53.535Z", "Severity": "INFO" }, { "ApplicationName": "my-app", "EnvironmentName": "my-env", "Severity": "INFO", "RequestId": "b7f3960b-4709-11e5-ba1e-07e16200da41", "Message": "Environment update completed successfully.", "EventDate": "2015-08-20T07:06:02.049Z" }, ... { "ApplicationName": "my-app", "EnvironmentName": "my-env", "Severity": "INFO", "RequestId": "ca8dfbf6-41ef-11e5-988b-651aa638f46b", "Message": "Using elasticbeanstalk-us-west-2-012445113685 as Amazon S3 storage bucket for environment data.", "EventDate": "2015-08-13T19:16:27.561Z" }, { "ApplicationName": "my-app", "EnvironmentName": "my-env", "Severity": "INFO", "RequestId": "cdfba8f6-41ef-11e5-988b-65638f41aa6b", "Message": "createEnvironment is starting.", "EventDate": "2015-08-13T19:16:26.581Z" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeEvents」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-instances-health を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

環境ヘルスを表示するには

次のコマンドは、 という名前の環境のインスタンスのヘルス情報を取得しますmy-env

aws elasticbeanstalk describe-instances-health --environment-name my-env --attribute-names All

出力:

{ "InstanceHealthList": [ { "InstanceId": "i-08691cc7", "ApplicationMetrics": { "Duration": 10, "Latency": { "P99": 0.006, "P75": 0.002, "P90": 0.004, "P95": 0.005, "P85": 0.003, "P10": 0.0, "P999": 0.006, "P50": 0.001 }, "RequestCount": 48, "StatusCodes": { "Status3xx": 0, "Status2xx": 47, "Status5xx": 0, "Status4xx": 1 } }, "System": { "LoadAverage": [ 0.0, 0.02, 0.05 ], "CPUUtilization": { "SoftIRQ": 0.1, "IOWait": 0.2, "System": 0.3, "Idle": 97.8, "User": 1.5, "IRQ": 0.0, "Nice": 0.1 } }, "Color": "Green", "HealthStatus": "Ok", "LaunchedAt": "2015-08-13T19:17:09Z", "Causes": [] } ], "RefreshedAt": "2015-08-20T21:09:08Z" }

ヘルス情報は、拡張ヘルスレポートが有効になっている環境でのみ使用できます。詳細については、AWS Elastic Beanstalk デベロッパーガイドの「拡張ヘルスレポートおよびモニタリング」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeInstancesHealth」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-available-solution-stacks を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ソリューションスタックを表示するには

次のコマンドは、現在使用可能なすべてのプラットフォーム設定と、過去に使用したことのあるすべてのプラットフォーム設定のソリューションスタックを一覧表示します。

aws elasticbeanstalk list-available-solution-stacks

出力 (省略):

{ "SolutionStacks": [ "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Node.js", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running PHP 5.6", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running PHP 5.5", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running PHP 5.4", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Python 3.4", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Python 2.7", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Python", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Ruby 2.2 (Puma)", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Ruby 2.2 (Passenger Standalone)", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Ruby 2.1 (Puma)", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Ruby 2.1 (Passenger Standalone)", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Ruby 2.0 (Puma)", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Ruby 2.0 (Passenger Standalone)", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Ruby 1.9.3", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Tomcat 8 Java 8", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Tomcat 7 Java 7", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Tomcat 7 Java 6", "64bit Windows Server Core 2012 R2 running IIS 8.5", "64bit Windows Server 2012 R2 running IIS 8.5", "64bit Windows Server 2012 running IIS 8", "64bit Windows Server 2008 R2 running IIS 7.5", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Docker 1.6.2", "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Multi-container Docker 1.6.2 (Generic)", "64bit Debian jessie v2.0.0 running GlassFish 4.1 Java 8 (Preconfigured - Docker)", "64bit Debian jessie v2.0.0 running GlassFish 4.0 Java 7 (Preconfigured - Docker)", "64bit Debian jessie v2.0.0 running Go 1.4 (Preconfigured - Docker)", "64bit Debian jessie v2.0.0 running Go 1.3 (Preconfigured - Docker)", "64bit Debian jessie v2.0.0 running Python 3.4 (Preconfigured - Docker)", ], "SolutionStackDetails": [ { "PermittedFileTypes": [ "zip" ], "SolutionStackName": "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Node.js" }, ... ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListAvailableSolutionStacks」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、rebuild-environment を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

環境を再構築するには

次のコマンドは、 という名前の環境でリソースを終了して再作成しますmy-env

aws elasticbeanstalk rebuild-environment --environment-name my-env
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRebuildEnvironment」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、request-environment-info を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

テールログをリクエストするには

次のコマンドは、 という名前の環境からログをリクエストしますmy-env

aws elasticbeanstalk request-environment-info --environment-name my-env --info-type tail

ログをリクエストしたら、 を使用してログの場所を取得します retrieve-environment-info。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRequestEnvironmentInfo」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、restart-app-server を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アプリケーションサーバーを再起動するには

次のコマンドは、 という名前の環境内のすべてのインスタンスでアプリケーションサーバーを再起動しますmy-env

aws elasticbeanstalk restart-app-server --environment-name my-env
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRestartAppServer」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、retrieve-environment-info を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

テールログを取得するには

次のコマンドは、 という名前の環境からログへのリンクを取得しますmy-env

aws elasticbeanstalk retrieve-environment-info --environment-name my-env --info-type tail

出力:

{ "EnvironmentInfo": [ { "SampleTimestamp": "2015-08-20T22:23:17.703Z", "Message": "https://elasticbeanstalk-us-west-2-0123456789012.s3.amazonaws.com/resources/environments/logs/tail/e-fyqyju3yjs/i-09c1c867/TailLogs-1440109397703.out?AWSAccessKeyId=AKGPT4J56IAJ2EUBL5CQ&Expires=1440195891&Signature=n%2BEalOV6A2HIOx4Rcfb7LT16bBM%3D", "InfoType": "tail", "Ec2InstanceId": "i-09c1c867" } ] }

ブラウザでリンクを表示します。取得する前に、 でログをリクエストする必要があります request-environment-info。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRetrieveEnvironmentInfo」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、swap-environment-cnames を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

環境 CNAMES を交換するには

次のコマンドは、2 つの環境に割り当てられたサブドメインをスワップします。

aws elasticbeanstalk swap-environment-cnames --source-environment-name my-env-blue --destination-environment-name my-env-green
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスSwapEnvironmentCnames」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、terminate-environment を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

環境を終了するには

次のコマンドは、 という名前の Elastic Beanstalk 環境を終了しますmy-env

aws elasticbeanstalk terminate-environment --environment-name my-env

出力:

{ "ApplicationName": "my-app", "EnvironmentName": "my-env", "Status": "Terminating", "EnvironmentId": "e-fh2eravpns", "EndpointURL": "awseb-e-f-AWSEBLoa-1I9XUMP4-8492WNUP202574.us-west-2.elb.amazonaws.com", "SolutionStackName": "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Tomcat 8 Java 8", "CNAME": "my-env.elasticbeanstalk.com", "Health": "Grey", "AbortableOperationInProgress": false, "Tier": { "Version": " ", "Type": "Standard", "Name": "WebServer" }, "DateUpdated": "2015-08-12T19:05:54.744Z", "DateCreated": "2015-08-12T18:52:53.622Z" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスTerminateEnvironment」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-application-version を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アプリケーションバージョンの説明を変更するには

次のコマンドは、 という名前のアプリケーションバージョンの説明を更新します22a0-stage-150819_185942

aws elasticbeanstalk update-application-version --version-label 22a0-stage-150819_185942 --application-name my-app --description "new description"

出力:

{ "ApplicationVersion": { "ApplicationName": "my-app", "VersionLabel": "22a0-stage-150819_185942", "Description": "new description", "DateCreated": "2015-08-19T18:59:17.646Z", "DateUpdated": "2015-08-20T22:53:28.871Z", "SourceBundle": { "S3Bucket": "elasticbeanstalk-us-west-2-0123456789012", "S3Key": "my-app/22a0-stage-150819_185942.war" } } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateApplicationVersion」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-application を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アプリケーションの説明を変更するには

次のコマンドは、 という名前のアプリケーションの説明を更新しますmy-app

aws elasticbeanstalk update-application --application-name my-app --description "my Elastic Beanstalk application"

出力:

{ "Application": { "ApplicationName": "my-app", "Description": "my Elastic Beanstalk application", "Versions": [ "2fba-stage-150819_234450", "bf07-stage-150820_214945", "93f8", "fd7c-stage-150820_000431", "22a0-stage-150819_185942" ], "DateCreated": "2015-08-13T19:15:50.449Z", "ConfigurationTemplates": [], "DateUpdated": "2015-08-20T22:34:56.195Z" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateApplication」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-configuration-template を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

設定テンプレートを更新するには

次のコマンドは、 という名前の保存済み設定テンプレートConfigDocumentから、設定された CloudWatch カスタムヘルスメトリクス設定を削除しますmy-template

aws elasticbeanstalk update-configuration-template --template-name my-template --application-name my-app --options-to-remove Namespace=aws:elasticbeanstalk:healthreporting:system,OptionName=ConfigDocument

出力:

{ "ApplicationName": "my-app", "TemplateName": "my-template", "DateCreated": "2015-08-20T22:39:31Z", "DateUpdated": "2015-08-20T22:43:11Z", "SolutionStackName": "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Tomcat 8 Java 8" }

名前空間とサポートされているオプションの詳細については、AWS Elastic Beanstalk デベロッパーガイドの「オプション値」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateConfigurationTemplate」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-environment を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

環境を新しいバージョンに更新するには

次のコマンドは、「my-env」という名前の環境を、それが属するアプリケーションのバージョン「v2」に更新します。

aws elasticbeanstalk update-environment --environment-name my-env --version-label v2

このコマンドでは、「my-env」環境がすでに存在し、「v2」というラベルの付いた有効なアプリケーションバージョンを持つアプリケーションに属している必要があります。

出力:

{ "ApplicationName": "my-app", "EnvironmentName": "my-env", "VersionLabel": "v2", "Status": "Updating", "EnvironmentId": "e-szqipays4h", "EndpointURL": "awseb-e-i-AWSEBLoa-1RDLX6TC9VUAO-0123456789.us-west-2.elb.amazonaws.com", "SolutionStackName": "64bit Amazon Linux running Tomcat 7", "CNAME": "my-env.elasticbeanstalk.com", "Health": "Grey", "Tier": { "Version": " ", "Type": "Standard", "Name": "WebServer" }, "DateUpdated": "2015-02-03T23:12:29.119Z", "DateCreated": "2015-02-03T23:04:54.453Z" }

環境変数を設定するには

次のコマンドは、「my-env」環境の「PARAM1」変数の値をParamValue「」に設定します。

aws elasticbeanstalk update-environment --environment-name my-env --option-settings Namespace=aws:elasticbeanstalk:application:environment,OptionName=PARAM1,Value=ParamValue

option-settings パラメータは、変数の名前と値に加えて名前空間を取ります。Elastic Beanstalk は、環境変数に加えて、オプション用に複数の名前空間をサポートしています。

ファイルからオプション設定を構成するには

次のコマンドは、 ファイルから aws:elb:loadbalancer名前空間内のいくつかのオプションを設定します。

aws elasticbeanstalk update-environment --environment-name my-env --option-settings file://options.json

options.json は、いくつかの設定を定義する JSON オブジェクトです。

[ { "Namespace": "aws:elb:healthcheck", "OptionName": "Interval", "Value": "15" }, { "Namespace": "aws:elb:healthcheck", "OptionName": "Timeout", "Value": "8" }, { "Namespace": "aws:elb:healthcheck", "OptionName": "HealthyThreshold", "Value": "2" }, { "Namespace": "aws:elb:healthcheck", "OptionName": "UnhealthyThreshold", "Value": "3" } ]

出力:

{ "ApplicationName": "my-app", "EnvironmentName": "my-env", "VersionLabel": "7f58-stage-150812_025409", "Status": "Updating", "EnvironmentId": "e-wtp2rpqsej", "EndpointURL": "awseb-e-w-AWSEBLoa-14XB83101Q4L-104QXY80921.sa-east-1.elb.amazonaws.com", "SolutionStackName": "64bit Amazon Linux 2015.03 v2.0.0 running Tomcat 8 Java 8", "CNAME": "my-env.elasticbeanstalk.com", "Health": "Grey", "AbortableOperationInProgress": true, "Tier": { "Version": " ", "Type": "Standard", "Name": "WebServer" }, "DateUpdated": "2015-08-12T18:15:23.804Z", "DateCreated": "2015-08-07T20:48:49.599Z" }

名前空間とサポートされているオプションの詳細については、AWS Elastic Beanstalk デベロッパーガイドの「オプション値」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateEnvironment」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、validate-configuration-settings を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

構成設定を検証するには

次のコマンドは、 CloudWatch カスタムメトリクス設定ドキュメントを検証します。

aws elasticbeanstalk validate-configuration-settings --application-name my-app --environment-name my-env --option-settings file://options.json

options.json は、検証する 1 つ以上の構成設定を含む JSON ドキュメントです。

[ { "Namespace": "aws:elasticbeanstalk:healthreporting:system", "OptionName": "ConfigDocument", "Value": "{\"CloudWatchMetrics\": {\"Environment\": {\"ApplicationLatencyP99.9\": null,\"InstancesSevere\": 60,\"ApplicationLatencyP90\": 60,\"ApplicationLatencyP99\": null,\"ApplicationLatencyP95\": 60,\"InstancesUnknown\": 60,\"ApplicationLatencyP85\": 60,\"InstancesInfo\": null,\"ApplicationRequests2xx\": null,\"InstancesDegraded\": null,\"InstancesWarning\": 60,\"ApplicationLatencyP50\": 60,\"ApplicationRequestsTotal\": null,\"InstancesNoData\": null,\"InstancesPending\": 60,\"ApplicationLatencyP10\": null,\"ApplicationRequests5xx\": null,\"ApplicationLatencyP75\": null,\"InstancesOk\": 60,\"ApplicationRequests3xx\": null,\"ApplicationRequests4xx\": null},\"Instance\": {\"ApplicationLatencyP99.9\": null,\"ApplicationLatencyP90\": 60,\"ApplicationLatencyP99\": null,\"ApplicationLatencyP95\": null,\"ApplicationLatencyP85\": null,\"CPUUser\": 60,\"ApplicationRequests2xx\": null,\"CPUIdle\": null,\"ApplicationLatencyP50\": null,\"ApplicationRequestsTotal\": 60,\"RootFilesystemUtil\": null,\"LoadAverage1min\": null,\"CPUIrq\": null,\"CPUNice\": 60,\"CPUIowait\": 60,\"ApplicationLatencyP10\": null,\"LoadAverage5min\": null,\"ApplicationRequests5xx\": null,\"ApplicationLatencyP75\": 60,\"CPUSystem\": 60,\"ApplicationRequests3xx\": 60,\"ApplicationRequests4xx\": null,\"InstanceHealth\": null,\"CPUSoftirq\": 60}},\"Version\": 1}" } ]

指定したオプションが指定した環境で有効な場合、Elastic Beanstalk は空の Messages 配列を返します。

{ "Messages": [] }

検証が失敗した場合、レスポンスにはエラーに関する情報が含まれます。

{ "Messages": [ { "OptionName": "ConfigDocumet", "Message": "Invalid option specification (Namespace: 'aws:elasticbeanstalk:healthreporting:system', OptionName: 'ConfigDocumet'): Unknown configuration setting.", "Namespace": "aws:elasticbeanstalk:healthreporting:system", "Severity": "error" } ] }

名前空間とサポートされているオプションの詳細については、AWS Elastic Beanstalk デベロッパーガイドの「オプション値」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスValidateConfigurationSettings」の「」を参照してください。 AWS CLI