を使用した Elastic Load Balancing - バージョン 1 の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Elastic Load Balancing - バージョン 1 の例 AWS CLI

次のコード例は、Elastic Load Balancing - バージョン 1 AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、add-tags を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーにタグを追加するには

この例では、指定されたロードバランサーにタグを追加します。

コマンド:

aws elb add-tags --load-balancer-name my-load-balancer --tags "Key=project,Value=lima" "Key=department,Value=digital-media"
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAddTags」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、apply-security-groups-to-load-balancer を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

セキュリティグループを VPC 内のロードバランサーに関連付けるには

この例では、セキュリティグループを VPC 内の指定されたロードバランサーに関連付けます。

コマンド:

aws elb apply-security-groups-to-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --security-groups sg-fc448899

出力:

{ "SecurityGroups": [ "sg-fc448899" ] }

次の例は、attach-load-balancer-to-subnets を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

サブネットをロードバランサーにアタッチするには

この例では、指定されたサブネットを、指定されたロードバランサーの設定済みサブネットのセットに追加します。

コマンド:

aws elb attach-load-balancer-to-subnets --load-balancer-name my-load-balancer --subnets subnet-0ecac448

出力:

{ "Subnets": [ "subnet-15aaab61", "subnet-0ecac448" ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAttachLoadBalancerToSubnets」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、configure-health-check を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

バックエンド EC2 インスタンスのヘルスチェック設定を指定するには

この例では、バックエンド EC2 インスタンスのヘルスを評価するために使用されるヘルスチェック設定を指定します。

コマンド:

aws elb configure-health-check --load-balancer-name my-load-balancer --health-check Target=HTTP:80/png,Interval=30,UnhealthyThreshold=2,HealthyThreshold=2,Timeout=3

出力:

{ "HealthCheck": { "HealthyThreshold": 2, "Interval": 30, "Target": "HTTP:80/png", "Timeout": 3, "UnhealthyThreshold": 2 } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスConfigureHealthCheck」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-app-cookie-stickiness-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

HTTPS ロードバランサーの維持ポリシーを生成するには

この例では、アプリケーションが生成した Cookie のスティッキーセッションの有効期間に従う維持ポリシーを生成します。

コマンド:

aws elb create-app-cookie-stickiness-policy --load-balancer-name my-load-balancer --policy-name my-app-cookie-policy --cookie-name my-app-cookie

次の例は、create-lb-cookie-stickiness-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

HTTPS ロードバランサーの期間ベースの維持ポリシーを生成するには

この例では、指定された有効期限によって制御されるスティッキーセッションの有効期間を持つ維持ポリシーを生成します。

コマンド:

aws elb create-lb-cookie-stickiness-policy --load-balancer-name my-load-balancer --policy-name my-duration-cookie-policy --cookie-expiration-period 60

次の例は、create-load-balancer-listeners を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーの HTTP リスナーを作成するには

この例では、HTTP プロトコルを使用して、ポート 80 でロードバランサーのリスナーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer-listeners --load-balancer-name my-load-balancer --listeners "Protocol=HTTP,LoadBalancerPort=80,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80"

ロードバランサーの HTTPS リスナーを作成するには

この例では、HTTPS プロトコルを使用して、ポート 443 でロードバランサーのリスナーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer-listeners --load-balancer-name my-load-balancer --listeners "Protocol=HTTPS,LoadBalancerPort=443,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80"
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateLoadBalancerListeners」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-load-balancer-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーで Proxy Protocol を有効にするポリシーを作成するには

この例では、指定されたロードバランサーで Proxy Protocol を有効にするポリシーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer-policy --load-balancer-name my-load-balancer --policy-name my-ProxyProtocol-policy --policy-type-name ProxyProtocolPolicyType --policy-attributes AttributeName=ProxyProtocol,AttributeValue=true

推奨されるセキュリティポリシーを使用して SSL ネゴシエーションポリシーを作成するには

この例では、推奨されるセキュリティポリシーを使用して、指定された HTTPS ロードバランサーの SSL ネゴシエーションポリシーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer-policy --load-balancer-name my-load-balancer --policy-name my-SSLNegotiation-policy --policy-type-name SSLNegotiationPolicyType --policy-attributes AttributeName=Reference-Security-Policy,AttributeValue=ELBSecurityPolicy-2015-03

カスタムセキュリティポリシーを使用して SSL ネゴシエーションポリシーを作成するには

この例では、プロトコルと暗号を有効にして、カスタムセキュリティポリシーを使用して HTTPS ロードバランサーの SSL ネゴシエーションポリシーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer-policy --load-balancer-name my-load-balancer --policy-name my-SSLNegotiation-policy --policy-type-name SSLNegotiationPolicyType --policy-attributes AttributeName=Protocol-SSLv3,AttributeValue=true AttributeName=Protocol-TLSv1.1,AttributeValue=true AttributeName=DHE-RSA-AES256-SHA256,AttributeValue=true AttributeName=Server-Defined-Cipher-Order,AttributeValue=true

パブリックキーポリシーを作成するには

この例では、パブリックキーポリシーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer-policy --load-balancer-name my-load-balancer --policy-name my-PublicKey-policy --policy-type-name PublicKeyPolicyType --policy-attributes AttributeName=PublicKey,AttributeValue=MIIBIjANBgkqhkiG9w0BAQEFAAOCAQ8AMIIBCgKCAQEAwAYUjnfyEyXr1pxjhFWBpMlggUcqoi3kl+dS74kj//c6x7ROtusUaeQCTgIUkayttRDWchuqo1pHC1u+n5xxXnBBe2ejbb2WRsKIQ5rXEeixsjFpFsojpSQKkzhVGI6mJVZBJDVKSHmswnwLBdofLhzvllpovBPTHe+o4haAWvDBALJU0pkSI1FecPHcs2hwxf14zHoXy1e2k36A64nXW43wtfx5qcVSIxtCEOjnYRg7RPvybaGfQ+v6Iaxb/+7J5kEvZhTFQId+bSiJImF1FSUT1W1xwzBZPUbcUkkXDj45vC2s3Z8E+Lk7a3uZhvsQHLZnrfuWjBWGWvZ/MhZYgEXAMPLE

バックエンドサーバー認証ポリシーを作成するには

この例では、パブリックキーポリシーを使用してバックエンドインスタンスで認証を有効にするバックエンドサーバー認証ポリシーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer-policy --load-balancer-name my-load-balancer --policy-name my-authentication-policy --policy-type-name BackendServerAuthenticationPolicyType --policy-attributes AttributeName=PublicKeyPolicyName,AttributeValue=my-PublicKey-policy
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateLoadBalancerPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-load-balancer を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

HTTP ロードバランサーを作成するには

この例では、VPC 内に HTTP リスナーを持つロードバランサーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --listeners "Protocol=HTTP,LoadBalancerPort=80,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80" --subnets subnet-15aaab61 --security-groups sg-a61988c3

出力:

{ "DNSName": "my-load-balancer-1234567890.us-west-2.elb.amazonaws.com" }

この例では、EC2-Classic に HTTP リスナーを持つロードバランサーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --listeners "Protocol=HTTP,LoadBalancerPort=80,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80" --availability-zones us-west-2a us-west-2b

出力:

{ "DNSName": "my-load-balancer-123456789.us-west-2.elb.amazonaws.com" }

HTTPS ロードバランサーを作成するには

この例では、VPC 内に HTTPS リスナーを持つロードバランサーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --listeners "Protocol=HTTP,LoadBalancerPort=80,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80" "Protocol=HTTPS,LoadBalancerPort=443,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80,SSLCertificateId=arn:aws:iam::123456789012:server-certificate/my-server-cert" --subnets subnet-15aaab61 --security-groups sg-a61988c3

出力:

{ "DNSName": "my-load-balancer-1234567890.us-west-2.elb.amazonaws.com" }

この例では、EC2-Classic に HTTPS リスナーを持つロードバランサーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --listeners "Protocol=HTTP,LoadBalancerPort=80,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80" "Protocol=HTTPS,LoadBalancerPort=443,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80,SSLCertificateId=arn:aws:iam::123456789012:server-certificate/my-server-cert" --availability-zones us-west-2a us-west-2b

出力:

{ "DNSName": "my-load-balancer-123456789.us-west-2.elb.amazonaws.com" }

内部ロードバランサーを作成するには

この例では、VPC 内に HTTP リスナーを持つ内部ロードバランサーを作成します。

コマンド:

aws elb create-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --listeners "Protocol=HTTP,LoadBalancerPort=80,InstanceProtocol=HTTP,InstancePort=80" --scheme internal --subnets subnet-a85db0df --security-groups sg-a61988c3

出力:

{ "DNSName": "internal-my-load-balancer-123456789.us-west-2.elb.amazonaws.com" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateLoadBalancer」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-load-balancer-listeners を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーからリスナーを削除するには

この例では、指定されたポートのリスナーを指定されたロードバランサーから削除します。

コマンド:

aws elb delete-load-balancer-listeners --load-balancer-name my-load-balancer --load-balancer-ports 80
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteLoadBalancerListeners」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-load-balancer-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーからポリシーを削除するには

この例では、指定されたポリシーを指定されたロードバランサーから削除します。リスナーでポリシーを有効にしないでください。

コマンド:

aws elb delete-load-balancer-policy --load-balancer-name my-load-balancer --policy-name my-duration-cookie-policy
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteLoadBalancerPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-load-balancer を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーを削除するには

この例では、指定されたロードバランサーを削除します。

コマンド:

aws elb delete-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteLoadBalancer」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、deregister-instances-from-load-balancer を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーからインスタンスを登録解除するには

この例では、指定されたインスタンスを指定されたロードバランサーから登録解除します。

コマンド:

aws elb deregister-instances-from-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --instances i-d6f6fae3

出力:

{ "Instances": [ { "InstanceId": "i-207d9717" }, { "InstanceId": "i-afefb49b" } ] }

次の例は、describe-account-limits を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Classic Load Balancer の制限を記述するには

次のdescribe-account-limits例では、 AWS アカウントの Classic Load Balancer の制限に関する詳細を表示します。

aws elb describe-account-limits

出力:

{ "Limits": [ { "Name": "classic-load-balancers", "Max": "20" }, { "Name": "classic-listeners", "Max": "100" }, { "Name": "classic-registered-instances", "Max": "1000" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeAccountLimits」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-instance-health を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーのインスタンスの状態を記述するには

この例では、指定されたロードバランサーのインスタンスのヘルスについて説明します。

コマンド:

aws elb describe-instance-health --load-balancer-name my-load-balancer

出力:

{ "InstanceStates": [ { "InstanceId": "i-207d9717", "ReasonCode": "N/A", "State": "InService", "Description": "N/A" }, { "InstanceId": "i-afefb49b", "ReasonCode": "N/A", "State": "InService", "Description": "N/A" } ] }

ロードバランサーのインスタンスの状態を記述するには

この例では、指定されたロードバランサーの指定されたインスタンスのヘルスについて説明します。

コマンド:

aws elb describe-instance-health --load-balancer-name my-load-balancer --instances i-7299c809

以下は、登録中のインスタンスのレスポンスの例です。

出力:

{ "InstanceStates": [ { "InstanceId": "i-7299c809", "ReasonCode": "ELB", "State": "OutOfService", "Description": "Instance registration is still in progress." } ] }

以下は、異常なインスタンスのレスポンスの例です。

出力:

{ "InstanceStates": [ { "InstanceId": "i-7299c809", "ReasonCode": "Instance", "State": "OutOfService", "Description": "Instance has failed at least the UnhealthyThreshold number of health checks consecutively." } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeInstanceHealth」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-load-balancer-attributes を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーの属性を記述するには

この例では、指定されたロードバランサーの属性について説明します。

コマンド:

aws elb describe-load-balancer-attributes --load-balancer-name my-load-balancer

出力:

{ "LoadBalancerAttributes": { "ConnectionDraining": { "Enabled": false, "Timeout": 300 }, "CrossZoneLoadBalancing": { "Enabled": true }, "ConnectionSettings": { "IdleTimeout": 30 }, "AccessLog": { "Enabled": false } } }

次の例は、describe-load-balancer-policies を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーに関連付けられているすべてのポリシーを記述するには

この例では、指定されたロードバランサーに関連付けられているすべてのポリシーについて説明します。

コマンド:

aws elb describe-load-balancer-policies --load-balancer-name my-load-balancer

出力:

{ "PolicyDescriptions": [ { "PolicyAttributeDescriptions": [ { "AttributeName": "ProxyProtocol", "AttributeValue": "true" } ], "PolicyName": "my-ProxyProtocol-policy", "PolicyTypeName": "ProxyProtocolPolicyType" }, { "PolicyAttributeDescriptions": [ { "AttributeName": "CookieName", "AttributeValue": "my-app-cookie" } ], "PolicyName": "my-app-cookie-policy", "PolicyTypeName": "AppCookieStickinessPolicyType" }, { "PolicyAttributeDescriptions": [ { "AttributeName": "CookieExpirationPeriod", "AttributeValue": "60" } ], "PolicyName": "my-duration-cookie-policy", "PolicyTypeName": "LBCookieStickinessPolicyType" }, . . . ] }

ロードバランサーに関連付けられた特定のポリシーを記述するには

この例では、指定されたロードバランサーに関連付けられた指定されたポリシーについて説明します。

コマンド:

aws elb describe-load-balancer-policies --load-balancer-name my-load-balancer --policy-name my-authentication-policy

出力:

{ "PolicyDescriptions": [ { "PolicyAttributeDescriptions": [ { "AttributeName": "PublicKeyPolicyName", "AttributeValue": "my-PublicKey-policy" } ], "PolicyName": "my-authentication-policy", "PolicyTypeName": "BackendServerAuthenticationPolicyType" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeLoadBalancerPolicies」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-load-balancer-policy-types を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Elastic Load Balancing で定義されるロードバランサーのポリシータイプを記述するには

この例では、ロードバランサーのポリシー設定の作成に使用できるロードバランサーポリシータイプについて説明します。

コマンド:

aws elb describe-load-balancer-policy-types

出力:

{ "PolicyTypeDescriptions": [ { "PolicyAttributeTypeDescriptions": [ { "Cardinality": "ONE", "AttributeName": "ProxyProtocol", "AttributeType": "Boolean" } ], "PolicyTypeName": "ProxyProtocolPolicyType", "Description": "Policy that controls whether to include the IP address and port of the originating request for TCP messages. This policy operates on TCP/SSL listeners only" }, { "PolicyAttributeTypeDescriptions": [ { "Cardinality": "ONE", "AttributeName": "PublicKey", "AttributeType": "String" } ], "PolicyTypeName": "PublicKeyPolicyType", "Description": "Policy containing a list of public keys to accept when authenticating the back-end server(s). This policy cannot be applied directly to back-end servers or listeners but must be part of a BackendServerAuthenticationPolicyType." }, { "PolicyAttributeTypeDescriptions": [ { "Cardinality": "ONE", "AttributeName": "CookieName", "AttributeType": "String" } ], "PolicyTypeName": "AppCookieStickinessPolicyType", "Description": "Stickiness policy with session lifetimes controlled by the lifetime of the application-generated cookie. This policy can be associated only with HTTP/HTTPS listeners." }, { "PolicyAttributeTypeDescriptions": [ { "Cardinality": "ZERO_OR_ONE", "AttributeName": "CookieExpirationPeriod", "AttributeType": "Long" } ], "PolicyTypeName": "LBCookieStickinessPolicyType", "Description": "Stickiness policy with session lifetimes controlled by the browser (user-agent) or a specified expiration period. This policy can be associated only with HTTP/HTTPS listeners." }, { "PolicyAttributeTypeDescriptions": [ . . . ], "PolicyTypeName": "SSLNegotiationPolicyType", "Description": "Listener policy that defines the ciphers and protocols that will be accepted by the load balancer. This policy can be associated only with HTTPS/SSL listeners." }, { "PolicyAttributeTypeDescriptions": [ { "Cardinality": "ONE_OR_MORE", "AttributeName": "PublicKeyPolicyName", "AttributeType": "PolicyName" } ], "PolicyTypeName": "BackendServerAuthenticationPolicyType", "Description": "Policy that controls authentication to back-end server(s) and contains one or more policies, such as an instance of a PublicKeyPolicyType. This policy can be associated only with back-end servers that are using HTTPS/SSL." } ] }

次の例は、describe-load-balancers を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーを記述するには

この例は、すべてのロードバランサーを記述します。

コマンド:

aws elb describe-load-balancers

ロードバランサーの 1 つを記述するには

この例は、指定されたロードバランサーを記述します。

コマンド:

aws elb describe-load-balancers --load-balancer-name my-load-balancer

次のレスポンス例は、VPC 内の HTTPS ロードバランサー用です。

出力:

{ "LoadBalancerDescriptions": [ { "Subnets": [ "subnet-15aaab61" ], "CanonicalHostedZoneNameID": "Z3DZXE0EXAMPLE", "CanonicalHostedZoneName": "my-load-balancer-1234567890.us-west-2.elb.amazonaws.com", "ListenerDescriptions": [ { "Listener": { "InstancePort": 80, "LoadBalancerPort": 80, "Protocol": "HTTP", "InstanceProtocol": "HTTP" }, "PolicyNames": [] }, { "Listener": { "InstancePort": 443, "SSLCertificateId": "arn:aws:iam::123456789012:server-certificate/my-server-cert", "LoadBalancerPort": 443, "Protocol": "HTTPS", "InstanceProtocol": "HTTPS" }, "PolicyNames": [ "ELBSecurityPolicy-2015-03" ] } ], "HealthCheck": { "HealthyThreshold": 2, "Interval": 30, "Target": "HTTP:80/png", "Timeout": 3, "UnhealthyThreshold": 2 }, "VPCId": "vpc-a01106c2", "BackendServerDescriptions": [ { "InstancePort": 80, "PolicyNames": [ "my-ProxyProtocol-policy" ] } ], "Instances": [ { "InstanceId": "i-207d9717" }, { "InstanceId": "i-afefb49b" } ], "DNSName": "my-load-balancer-1234567890.us-west-2.elb.amazonaws.com", "SecurityGroups": [ "sg-a61988c3" ], "Policies": { "LBCookieStickinessPolicies": [ { "PolicyName": "my-duration-cookie-policy", "CookieExpirationPeriod": 60 } ], "AppCookieStickinessPolicies": [], "OtherPolicies": [ "my-PublicKey-policy", "my-authentication-policy", "my-SSLNegotiation-policy", "my-ProxyProtocol-policy", "ELBSecurityPolicy-2015-03" ] }, "LoadBalancerName": "my-load-balancer", "CreatedTime": "2015-03-19T03:24:02.650Z", "AvailabilityZones": [ "us-west-2a" ], "Scheme": "internet-facing", "SourceSecurityGroup": { "OwnerAlias": "123456789012", "GroupName": "my-elb-sg" } } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeLoadBalancers」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-tags を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーに割り当てられたタグを記述するには

この例では、指定されたロードバランサーに割り当てられたタグについて説明します。

コマンド:

aws elb describe-tags --load-balancer-name my-load-balancer

出力:

{ "TagDescriptions": [ { "Tags": [ { "Value": "lima", "Key": "project" }, { "Value": "digital-media", "Key": "department" } ], "LoadBalancerName": "my-load-balancer" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeTags」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、detach-load-balancer-from-subnets を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

サブネットからロードバランサーをデタッチするには

この例では、指定されたサブネットから指定されたロードバランサーをデタッチします。

コマンド:

aws elb detach-load-balancer-from-subnets --load-balancer-name my-load-balancer --subnets subnet-0ecac448

出力:

{ "Subnets": [ "subnet-15aaab61" ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDetachLoadBalancerFromSubnets」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、disable-availability-zones-for-load-balancer を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーのアベイラビリティーゾーンを無効にするには

この例では、指定されたアベイラビリティーゾーンを、指定されたロードバランサーの一連のアベイラビリティーゾーンから削除します。

コマンド:

aws elb disable-availability-zones-for-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --availability-zones us-west-2a

出力:

{ "AvailabilityZones": [ "us-west-2b" ] }

次の例は、enable-availability-zones-for-load-balancer を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーのアベイラビリティーゾーンを有効にするには

この例では、指定されたアベイラビリティーゾーンを指定されたロードバランサーに追加します。

コマンド:

aws elb enable-availability-zones-for-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --availability-zones us-west-2b

出力:

{ "AvailabilityZones": [ "us-west-2a", "us-west-2b" ] }

次の例は、modify-load-balancer-attributes を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーの属性を変更するには

この例では、指定されたロードバランサーの CrossZoneLoadBalancing 属性を変更します。

コマンド:

aws elb modify-load-balancer-attributes --load-balancer-name my-load-balancer --load-balancer-attributes "{\"CrossZoneLoadBalancing\":{\"Enabled\":true}}"

出力:

{ "LoadBalancerAttributes": { "CrossZoneLoadBalancing": { "Enabled": true } }, "LoadBalancerName": "my-load-balancer" }

この例では、指定されたロードバランサーの ConnectionDraining 属性を変更します。

コマンド:

aws elb modify-load-balancer-attributes --load-balancer-name my-load-balancer --load-balancer-attributes "{\"ConnectionDraining\":{\"Enabled\":true,\"Timeout\":300}}"

出力:

{ "LoadBalancerAttributes": { "ConnectionDraining": { "Enabled": true, "Timeout": 300 } }, "LoadBalancerName": "my-load-balancer" }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスModifyLoadBalancerAttributes」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、register-instances-with-load-balancer を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーにインスタンスを登録するには

この例では、指定されたインスタンスを指定されたロードバランサーに登録します。

コマンド:

aws elb register-instances-with-load-balancer --load-balancer-name my-load-balancer --instances i-d6f6fae3

出力:

{ "Instances": [ { "InstanceId": "i-d6f6fae3" }, { "InstanceId": "i-207d9717" }, { "InstanceId": "i-afefb49b" } ] }

次の例は、remove-tags を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ロードバランサーからタグを削除するには

この例では、指定されたロードバランサーからタグを削除します。

コマンド:

aws elb remove-tags --load-balancer-name my-load-balancer --tags project
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRemoveTags」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、set-load-balancer-listener-ssl-certificate を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

HTTPS ロードバランサーの SSL 証明書を更新するには

この例では、指定された HTTPS ロードバランサーの既存の SSL 証明書を置き換えます。

コマンド:

aws elb set-load-balancer-listener-ssl-certificate --load-balancer-name my-load-balancer --load-balancer-port 443 --ssl-certificate-id arn:aws:iam::123456789012:server-certificate/new-server-cert

次の例は、set-load-balancer-policies-for-backend-server を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

バックエンドインスタンスのポートに関連付けられたポリシーを置き換えるには

この例では、指定されたポートに現在関連付けられているポリシーを置き換えます。

コマンド:

aws elb set-load-balancer-policies-for-backend-server --load-balancer-name my-load-balancer --instance-port 80 --policy-names my-ProxyProtocol-policy

バックエンドインスタンスのポートに現在関連付けられているすべてのポリシーを削除するには

この例では、指定されたポートに関連付けられているすべてのポリシーを削除します。

コマンド:

aws elb set-load-balancer-policies-for-backend-server --load-balancer-name my-load-balancer --instance-port 80 --policy-names []

ポリシーが削除されたことを確認するには、 describe-load-balancer-policies コマンドを使用します。

次の例は、set-load-balancer-policies-of-listener を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リスナーに関連付けられたポリシーを置き換えるには

この例では、指定されたリスナーに現在関連付けられているポリシーを置き換えます。

コマンド:

aws elb set-load-balancer-policies-of-listener --load-balancer-name my-load-balancer --load-balancer-port 443 --policy-names my-SSLNegotiation-policy

リスナーに関連付けられているすべてのポリシーを削除するには

この例では、指定したリスナーに現在関連付けられているすべてのポリシーを削除します。

コマンド:

aws elb set-load-balancer-policies-of-listener --load-balancer-name my-load-balancer --load-balancer-port 443 --policy-names []

ポリシーがロードバランサーから削除されていることを確認するには、 describe-load-balancer-policies コマンドを使用します。