AWS FIS を使用した の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS FIS を使用した の例 AWS CLI

次のコード例は、 AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています AWS FIS。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、create-experiment-template を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

実験テンプレートを作成するには

次のcreate-experiment-template例では、 AWS FIS アカウントに実験テンプレートを作成します。

aws fis create-experiment-template \ --cli-input-json file://myfile.json

myfile.json の内容:

{ "description": "experimentTemplate", "stopConditions": [ { "source": "aws:cloudwatch:alarm", "value": "arn:aws:cloudwatch:us-west-2:123456789012:alarm:alarmName" } ], "targets": { "Instances-Target-1": { "resourceType": "aws:ec2:instance", "resourceArns": [ "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:instance/i-12a3b4c56d78e9012" ], "selectionMode": "ALL" } }, "actions": { "reboot": { "actionId": "aws:ec2:reboot-instances", "description": "reboot", "parameters": {}, "targets": { "Instances": "Instances-Target-1" } } }, "roleArn": "arn:aws:iam::123456789012:role/myRole" }

出力:

{ "experimentTemplate": { "id": "ABCDE1fgHIJkLmNop", "description": "experimentTemplate", "targets": { "Instances-Target-1": { "resourceType": "aws:ec2:instance", "resourceArns": [ "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:instance/i-12a3b4c56d78e9012" ], "selectionMode": "ALL" } }, "actions": { "reboot": { "actionId": "aws:ec2:reboot-instances", "description": "reboot", "parameters": {}, "targets": { "Instances": "Instances-Target-1" } } }, "stopConditions": [ { "source": "aws:cloudwatch:alarm", "value": "arn:aws:cloudwatch:us-west-2:123456789012:alarm:alarmName" } ], "creationTime": 1616434850.659, "lastUpdateTime": 1616434850.659, "roleArn": "arn:aws:iam::123456789012:role/myRole", "tags": {} } }

詳細については、「 AWS Fault Injection Simulator ユーザーガイド」の「実験テンプレートを作成する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateExperimentTemplate」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-experiment-template を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

実験テンプレートを削除するには

次のdelete-experiment-template例では、指定された実験テンプレートを削除します。

aws fis delete-experiment-template \ --id ABCDE1fgHIJkLmNop

出力:

{ "experimentTemplate": { "id": "ABCDE1fgHIJkLmNop", "description": "myExperimentTemplate", "targets": { "Instances-Target-1": { "resourceType": "aws:ec2:instance", "resourceArns": [ "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:instance/i-12a3b4c56d78e9012" ], "selectionMode": "ALL" } }, "actions": { "testaction": { "actionId": "aws:ec2:stop-instances", "parameters": {}, "targets": { "Instances": "Instances-Target-1" } } }, "stopConditions": [ { "source": "none" } ], "creationTime": 1616017191.124, "lastUpdateTime": 1616017859.607, "roleArn": "arn:aws:iam::123456789012:role/FISRole" } }

詳細については、「 AWS Fault Injection Simulator ユーザーガイド」の「実験テンプレートの削除」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteExperimentTemplate」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-action を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アクションの詳細を取得するには

次のget-action例では、指定されたアクションの詳細を取得します。

aws fis get-action \ --id aws:ec2:stop-instances

出力:

{ "action": { "id": "aws:ec2:stop-instances", "description": "Stop the specified EC2 instances.", "parameters": { "startInstancesAfterDuration": { "description": "The time to wait before restarting the instances (ISO 8601 duration).", "required": false } }, "targets": { "Instances": { "resourceType": "aws:ec2:instance" } }, "tags": {} } }

詳細については、「 AWS Fault Injection Simulator ユーザーガイド」の「アクション」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetAction」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-experiment-template を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

実験テンプレートの詳細を取得するには

次のget-experiment-template例では、指定された実験テンプレートの詳細を取得します。

aws fis get-experiment-template \ --id ABCDE1fgHIJkLmNop

出力:

{ "experimentTemplate": { "id": "ABCDE1fgHIJkLmNop", "description": "myExperimentTemplate", "targets": { "Instances-Target-1": { "resourceType": "aws:ec2:instance", "resourceArns": [ "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:instance/i-12a3b4c56d78e9012" ], "selectionMode": "ALL" } }, "actions": { "testaction": { "actionId": "aws:ec2:stop-instances", "parameters": {}, "targets": { "Instances": "Instances-Target-1" } } }, "stopConditions": [ { "source": "none" } ], "creationTime": 1616017191.124, "lastUpdateTime": 1616017331.51, "roleArn": "arn:aws:iam::123456789012:role/FISRole", "tags": { "key: "value" } } }

詳細については、「 AWS Fault Injection Simulator ユーザーガイド」の「実験テンプレート」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetExperimentTemplate」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-experiment を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

実験の詳細を取得するには

次のget-experiment例では、指定された実験の詳細を取得します。

aws fis get-experiment \ --id ABC12DeFGhI3jKLMNOP

出力:

{ "experiment": { "id": "ABC12DeFGhI3jKLMNOP", "experimentTemplateId": "ABCDE1fgHIJkLmNop", "roleArn": "arn:aws:iam::123456789012:role/myRole", "state": { "status": "completed", "reason": "Experiment completed." }, "targets": { "Instances-Target-1": { "resourceType": "aws:ec2:instance", "resourceArns": [ "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:instance/i-12a3b4c56d78e9012" ], "selectionMode": "ALL" } }, "actions": { "reboot": { "actionId": "aws:ec2:reboot-instances", "parameters": {}, "targets": { "Instances": "Instances-Target-1" }, "state": { "status": "completed", "reason": "Action was completed." } } }, "stopConditions": [ { "source": "none" } ], "creationTime": 1616432509.662, "startTime": 1616432509.962, "endTime": 1616432522.307, "tags": {} } }

詳細については、「 Fault Injection Simulator ユーザーガイド」の「Experiments for AWS FIS」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetExperiment」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-actions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アクションを一覧表示するには

次のlist-actions例では、使用可能なアクションを一覧表示します。

aws fis list-actions

出力:

{ "actions": [ { "id": "aws:ec2:reboot-instances", "description": "Reboot the specified EC2 instances.", "targets": { "Instances": { "resourceType": "aws:ec2:instance" } }, "tags": {} }, { "id": "aws:ec2:stop-instances", "description": "Stop the specified EC2 instances.", "targets": { "Instances": { "resourceType": "aws:ec2:instance" } }, "tags": {} }, { "id": "aws:ec2:terminate-instances", "description": "Terminate the specified EC2 instances.", "targets": { "Instances": { "resourceType": "aws:ec2:instance" } }, "tags": {} }, { "id": "aws:ecs:drain-container-instances", "description": "Drain percentage of underlying EC2 instances on an ECS cluster.", "targets": { "Clusters": { "resourceType": "aws:ecs:cluster" } }, "tags": {} }, { "id": "aws:eks:terminate-nodegroup-instances", "description": "Terminates a percentage of the underlying EC2 instances in an EKS cluster.", "targets": { "Nodegroups": { "resourceType": "aws:eks:nodegroup" } }, "tags": {} }, { "id": "aws:fis:inject-api-internal-error", "description": "Cause an AWS service to return internal error responses for specific callers and operations.", "targets": { "Roles": { "resourceType": "aws:iam:role" } }, "tags": {} }, { "id": "aws:fis:inject-api-throttle-error", "description": "Cause an AWS service to return throttled responses for specific callers and operations.", "targets": { "Roles": { "resourceType": "aws:iam:role" } }, "tags": {} }, { "id": "aws:fis:inject-api-unavailable-error", "description": "Cause an AWS service to return unavailable error responses for specific callers and operations.", "targets": { "Roles": { "resourceType": "aws:iam:role" } }, "tags": {} }, { "id": "aws:fis:wait", "description": "Wait for the specified duration. Stop condition monitoring will continue during this time.", "tags": {} }, { "id": "aws:rds:failover-db-cluster", "description": "Failover a DB Cluster to one of the replicas.", "targets": { "Clusters": { "resourceType": "aws:rds:cluster" } }, "tags": {} }, { "id": "aws:rds:reboot-db-instances", "description": "Reboot the specified DB instances.", "targets": { "DBInstances": { "resourceType": "aws:rds:db" } }, "tags": {} }, { "id": "aws:ssm:send-command", "description": "Run the specified SSM document.", "targets": { "Instances": { "resourceType": "aws:ec2:instance" } }, "tags": {} } ] }

詳細については、「 AWS Fault Injection Simulator ユーザーガイド」の「アクション」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListActions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-experiment-templates を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

実験テンプレートを一覧表示するには

次のlist-experiment-templates例では、 AWS アカウントの実験テンプレートを一覧表示します。

aws fis list-experiment-templates

出力:

{ "experimentTemplates": [ { "id": "ABCDE1fgHIJkLmNop", "description": "myExperimentTemplate", "creationTime": 1616017191.124, "lastUpdateTime": 1616017191.124, "tags": { "key": "value" } } ] }

詳細については、「 AWS Fault Injection Simulator ユーザーガイド」の「実験テンプレート」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListExperimentTemplates」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-experiments を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

実験を一覧表示するには

次のlist-experiments例では、 AWS アカウントの実験を一覧表示します。

aws fis list-experiments

出力:

{ "experiments": [ { "id": "ABCdeF1GHiJkLM23NO", "experimentTemplateId": "ABCDE1fgHIJkLmNop", "state": { "status": "running", "reason": "Experiment is running." }, "creationTime": 1616017341.197, "tags": { "key": "value" } } ] }

詳細については、「 Fault Injection Simulator ユーザーガイド」の「実験」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListExperiments」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-tags-for-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソースのタグを一覧表示するには

次のlist-tags-for-resource例では、指定されたリソースのタグを一覧表示します。

aws fis list-tags-for-resource \ --resource-arn arn:aws:fis:us-west-2:123456789012:experiment/ABC12DeFGhI3jKLMNOP

出力:

{ "tags": { "key1": "value1", "key2": "value2" } }

詳細については、「 AWS Fault Injection Simulator ユーザーガイド」のAWS 「FIS リソースにタグを付ける」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListTagsForResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、start-experiment を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

実験を開始するには

次のstart-experiment例では、指定された実験を開始します。

aws fis start-experiment \ --experiment-template-id ABCDE1fgHIJkLmNop

出力:

{ "experiment": { "id": "ABC12DeFGhI3jKLMNOP", "experimentTemplateId": "ABCDE1fgHIJkLmNop", "roleArn": "arn:aws:iam::123456789012:role/myRole", "state": { "status": "initiating", "reason": "Experiment is initiating." }, "targets": { "Instances-Target-1": { "resourceType": "aws:ec2:instance", "resourceArns": [ "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:instance/i-12a3b4c56d78e9012" ], "selectionMode": "ALL" } }, "actions": { "reboot": { "actionId": "aws:ec2:reboot-instances", "parameters": {}, "targets": { "Instances": "Instances-Target-1" }, "state": { "status": "pending", "reason": "Initial state" } } }, "stopConditions": [ { "source": "none" } ], "creationTime": 1616432464.025, "startTime": 1616432464.374, "tags": {} } }

詳細については、「 Fault Injection Simulator ユーザーガイド」の「 AWS FIS の実験」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスStartExperiment」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、stop-experiment を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

実験を停止するには

次のstop-experiment例では、指定された実験の実行を停止します。

aws fis stop-experiment \ --id ABC12DeFGhI3jKLMNOP

出力:

{ "experiment": { "id": "ABC12DeFGhI3jKLMNOP", "experimentTemplateId": "ABCDE1fgHIJkLmNop", "roleArn": "arn:aws:iam::123456789012:role/myRole", "state": { "status": "stopping", "reason": "Stopping Experiment." }, "targets": { "Instances-Target-1": { "resourceType": "aws:ec2:instance", "resourceArns": [ "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:instance/i-12a3b4c56d78e9012" ], "selectionMode": "ALL" } }, "actions": { "reboot": { "actionId": "aws:ec2:reboot-instances", "parameters": {}, "targets": { "Instances": "Instances-Target-1" }, "startAfter": [ "wait" ], "state": { "status": "pending", "reason": "Initial state." } }, "wait": { "actionId": "aws:fis:wait", "parameters": { "duration": "PT5M" }, "state": { "status": "running", "reason": "" } } }, "stopConditions": [ { "source": "none" } ], "creationTime": 1616432680.927, "startTime": 1616432681.177, "tags": {} } }

詳細については、「 Fault Injection Simulator ユーザーガイド」の「 AWS FIS の実験」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスStopExperiment」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、tag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソースにタグを付けるには

次のtag-resource例では、指定されたリソースにタグを付けます。

aws fis tag-resource \ --resource-arn arn:aws:fis:us-west-2:123456789012:experiment/ABC12DeFGhI3jKLMNOP \ --tags key1=value1,key2=value2

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、「 AWS Fault Injection Simulator ユーザーガイド」のAWS 「FIS リソースにタグを付ける」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスTagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、untag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソースのタグを解除するには

次のuntag-resource例では、指定されたリソースからタグを削除します。

aws fis untag-resource \ --resource-arn arn:aws:fis:us-west-2:123456789012:experiment/ABC12DeFGhI3jKLMNOP

このコマンドでは何も出力されません。

詳細については、AWS 「 Fault Injection Simulator ユーザーガイド」のAWS 「FIS リソースにタグを付ける」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUntagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-experiment-template を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

実験テンプレートを更新するには

次のupdate-experiment-template例では、指定した実験テンプレートの説明を更新します。

aws fis update-experiment-template \ --id ABCDE1fgHIJkLmNop \ ---description myExperimentTemplate

出力:

{ "experimentTemplate": { "id": "ABCDE1fgHIJkLmNop", "description": "myExperimentTemplate", "targets": { "Instances-Target-1": { "resourceType": "aws:ec2:instance", "resourceArns": [ "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:instance/i-12a3b4c56d78e9012" ], "selectionMode": "ALL" } }, "actions": { "testaction": { "actionId": "aws:ec2:stop-instances", "parameters": {}, "targets": { "Instances": "Instances-Target-1" } } }, "stopConditions": [ { "source": "none" } ], "creationTime": 1616017191.124, "lastUpdateTime": 1616017859.607, "roleArn": "arn:aws:iam::123456789012:role/FISRole", "tags": { "key": "value" } } }

詳細については、「 AWS Fault Injection Simulator ユーザーガイド」の「実験テンプレートを更新する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateExperimentTemplate」の「」を参照してください。 AWS CLI