AWS RAM を使用した の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS RAM を使用した の例 AWS CLI

次のコード例は、 AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています AWS RAM。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、accept-resource-share-invitation を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソース共有の招待を承諾するには

次のaccept-resource-share-invitation例では、指定されたリソース共有の招待を受け入れます。招待されたアカウントのプリンシパルは、共有内のリソースの使用をすぐに開始できます。

aws ram accept-resource-share-invitation \ --resource-share-invitation-arn arn:aws:ram:us-west-2:111111111111:resource-share-invitation/1e3477be-4a95-46b4-bbe0-c4001EXAMPLE

出力:

{ "resourceShareInvitation": { "resourceShareInvitationArn": "arn:aws:ram:us-west-2:111111111111:resource-share-invitation/1e3477be-4a95-46b4-bbe0-c4001EXAMPLE", "resourceShareName": "MyLicenseShare", "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:111111111111:resource-share/27d09b4b-5e12-41d1-a4f2-19dedEXAMPLE", "senderAccountId": "111111111111", "receiverAccountId": "222222222222", "invitationTimestamp": "2021-09-22T15:07:35.620000-07:00", "status": "ACCEPTED" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAcceptResourceShareInvitation」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、associate-resource-share-permission を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

RAM 管理アクセス許可をリソース共有に関連付けるには

次のassociate-resource-share-permission例では、関連するリソースタイプの既存の 管理アクセス許可を、指定された 管理アクセス許可に置き換えます。関連するリソースタイプのすべてのリソースへのアクセスは、新しいアクセス許可によって管理されます。

aws ram associate-resource-share-permission \ --permission-arn arn:aws:ram::aws:permission/AWSRAMPermissionGlueDatabaseReadWrite \ --replace \ --resource-share-arn arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/27d09b4b-5e12-41d1-a4f2-19dedEXAMPLE

出力:

{ "returnValue": true }

次の例は、associate-resource-share を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

例 1: リソースをリソース共有に関連付けるには

次のassociate-resource-share例では、指定されたリソース共有にライセンス設定を追加します。

aws ram associate-resource-share \ --resource-share arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/27d09b4b-5e12-41d1-a4f2-19dedEXAMPLE \ --resource-arns arn:aws:license-manager:us-west-2:123456789012:license-configuration:lic-36be0485f5ae379cc74cf8e92EXAMPLE

出力:

{ "resourceShareAssociations": [ { "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/27d09b4b-5e12-41d1-a4f2-19dedEXAMPLE", "associatedEntity": "arn:aws:license-manager:us-west-2:123456789012:license-configuration:lic-36be0485f5ae379cc74cf8e92EXAMPLE", "associationType": "RESOURCE", "status": "ASSOCIATING", "external": false } ] }

例 2: プリンシパルをリソース共有に関連付けるには

次のassociate-resource-share例では、指定された組織単位内のすべてのアカウントに、指定されたリソース共有へのアクセスを許可します。

aws ram associate-resource-share \ --resource-share-arn arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/27d09b4b-5e12-41d1-a4f2-19dedEXAMPLE \ --principals arn:aws:organizations::123456789012:ou/o-63bEXAMPLE/ou-46xi-rEXAMPLE

出力:

{ "resourceShareAssociations": [ { "status": "ASSOCIATING", "associationType": "PRINCIPAL", "associatedEntity": "arn:aws:organizations::123456789012:ou/o-63bEXAMPLE/ou-46xi-rEXAMPLE", "external": false, "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/27d09b4b-5e12-41d1-a4f2-19dedEXAMPLE" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAssociateResourceShare」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-resource-share を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

例 1: リソース共有を作成するには

次のcreate-resource-share例では、指定された名前で空のリソース共有を作成します。リソース、プリンシパル、アクセス許可を個別に共有に追加する必要があります。

aws ram create-resource-share \ --name MyNewResourceShare

出力:

{ "resourceShare": { "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/4476c27d-8feb-4b21-afe9-7de23EXAMPLE", "name": "MyNewResourceShare", "owningAccountId": "123456789012", "allowExternalPrincipals": true, "status": "ACTIVE", "creationTime": 1634586271.302, "lastUpdatedTime": 1634586271.302 } }

例 2: AWS アカウントをプリンシパルとしてリソース共有を作成するには

次のcreate-resource-share例では、リソース共有を作成し、指定された AWS アカウント (222222222222) へのアクセスを許可します。指定されたプリンシパルが同じ AWS Organization の一部でない場合、招待は送信され、アクセスを許可する前に承諾する必要があります。

aws ram create-resource-share \ --name MyNewResourceShare \ --principals 222222222222

例 3: AWS Organization に制限されたリソース共有を作成するには

次のcreate-resource-share例では、アカウントがメンバーである AWS Organization 内のアカウントに制限されたリソース共有を作成し、指定された OU をプリンシパルとして追加します。その OU 内のすべてのアカウントは、リソース共有内のリソースを使用できます。

aws ram create-resource-share \ --name MyNewResourceShare \ --no-allow-external-principals \ --principals arn:aws:organizations::123456789012:ou/o-63bEXAMPLE/ou-46xi-rEXAMPLE

出力:

{ "resourceShare": { "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7be8694e-095c-41ca-9ce8-7be4aEXAMPLE", "name": "MyNewResourceShare", "owningAccountId": "123456789012", "allowExternalPrincipals": false, "status": "ACTIVE", "creationTime": 1634587042.49, "lastUpdatedTime": 1634587042.49 } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateResourceShare」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-resource-share を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソース共有を削除するには

次のdelete-resource-share例では、指定されたリソース共有を削除します。

aws ram delete-resource-share \ --resource-share-arn arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7ab63972-b505-7e2a-420d-6f5d3EXAMPLE

次の出力は成功を示しています。

{ "returnValue": true }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteResourceShare」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、disassociate-resource-share-permission を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソース共有からリソースタイプの RAM 管理アクセス許可を削除するには

次のdisassociate-resource-share-permission例では、指定したリソース共有から Glue データベースの RAM 管理アクセス許可を削除します。

aws ram disassociate-resource-share-permission \ --resource-share-arn arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/27d09b4b-5e12-41d1-a4f2-19dedEXAMPLE \ --permission-arn arn:aws:ram::aws:permission/AWSRAMPermissionGlueDatabaseReadWrite

出力:

{ "returnValue": true }

次の例は、disassociate-resource-share を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソース共有からリソースを削除するには

次のdisassociate-resource-share例では、指定されたリソース、この場合は VPC サブネットを指定されたリソース共有から削除します。リソース共有へのアクセス権を持つプリンシパルは、そのリソースに対してオペレーションを実行できなくなります。

aws ram disassociate-resource-share \ --resource-arns arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:subnet/subnet-0250c25a1fEXAMPLE \ --resource-share-arn arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7ab63972-b505-7e2a-420d-6f5d3EXAMPLE

出力:

{ "resourceShareAssociations": [ "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7ab63972-b505-7e2a-420d-6f5d3EXAMPLE", "associatedEntity": "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:subnet/subnet-0250c25a1fEXAMPLE", "associationType": "RESOURCE", "status": "DISASSOCIATING", "external": false ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDisassociateResourceShare」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、enable-sharing-with-aws-organization を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

AWS Organizations 間でリソース共有を有効にするには

次のenable-sharing-with-aws-organization例では、組織と組織単位間でリソース共有を有効にします。

aws ram enable-sharing-with-aws-organization

次の出力は、正しく処理されたことを示しています。

{ "returnValue": true }

次の例は、get-permission を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

RAM 管理アクセス許可の詳細を取得するには

次のget-permission例では、指定された RAM 管理アクセス許可のデフォルトバージョンの詳細を表示します。

aws ram get-permission \ --permission-arn arn:aws:ram::aws:permission/AWSRAMPermissionGlueTableReadWriteForDatabase

出力:

{ "permission": { "arn": "arn:aws:ram::aws:permission/AWSRAMPermissionGlueTableReadWriteForDatabase", "version": "2", "defaultVersion": true, "name": "AWSRAMPermissionGlueTableReadWriteForDatabase", "resourceType": "glue:Database", "permission": "{\"Effect\":\"Allow\",\"Action\":[\"glue:GetTable\", \"glue:UpdateTable\", \"glue:DeleteTable\", \"glue:BatchDeleteTable\", \"glue:BatchDeleteTableVersion\", \"glue:GetTableVersion\", \"glue:GetTableVersions\", \"glue:GetPartition\", \"glue:GetPartitions\", \"glue:BatchGetPartition\", \"glue:BatchCreatePartition\", \"glue:CreatePartition\", \"glue:UpdatePartition\", \"glue:BatchDeletePartition\", \"glue:DeletePartition\", \"glue:GetTables\", \"glue:SearchTables\"]}", "creationTime": 1624912434.431, "lastUpdatedTime": 1624912434.431, "isResourceTypeDefault": false } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetPermission」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-resource-policies を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソースのポリシーを取得するには

次のget-resource-policies例では、リソース共有に関連付けられた指定されたリソースのリソースベースのアクセス許可ポリシーを表示します。

aws ram get-resource-policies \ --resource-arns arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:subnet/subnet-0250c25a1fEXAMPLE

出力:

{ "policies": [ "{\"Version\":\"2008-10-17\",\"Statement\":[{\"Sid\":\"RamStatement1\",\"Effect\":\"Allow\",\"Principal\":{\"AWS\":[]},\"Action\":[\"ec2:RunInstances\",\"ec2:CreateNetworkInterface\",\"ec2:DescribeSubnets\"],\"Resource\":\"arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:subnet/subnet-0250c25a1fEXAMPLE\"}]}" ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetResourcePolicies」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-resource-share-associations を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

例 1: すべてのリソースタイプのすべてのリソースの関連付けを一覧表示するには

次のget-resource-share-associations例では、すべてのリソース共有のすべてのリソースタイプのリソース関連付けを一覧表示します。

aws ram get-resource-share-associations \ --association-type RESOURCE

出力:

{ "resourceShareAssociations": [ { "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7ab63972-b505-7e2a-420d-6f5d3EXAMPLE", "associatedEntity": "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:subnet/subnet-0250c25a1fEXAMPLE", "resourceShareName": "MySubnetShare", "associationType": "RESOURCE", "status": "ASSOCIATED", "creationTime": 1565303590.973, "lastUpdatedTime": 1565303591.695, "external": false }, { "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/8167bdfe-4480-4a01-8632-315e0EXAMPLE", "associatedEntity": "arn:aws:license-manager:us-west-2:123456789012:license-configuration:lic-36be0485f5ae379cc74cf8e92EXAMPLE", "resourceShareName": "MyLicenseShare", "associationType": "RESOURCE", "status": "ASSOCIATED", "creationTime": 1632342958.457, "lastUpdatedTime": 1632342958.907, "external": false } ] }

例 2: リソース共有のプリンシパルの関連付けを一覧表示するには

次のget-resource-share-associations例では、指定されたリソース共有のみのプリンシパル関連付けのみを一覧表示します。

aws ram get-resource-share-associations \ --resource-share-arns arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7be8694e-095c-41ca-9ce8-7be4aEXAMPLE \ --association-type PRINCIPAL

出力:

{ "resourceShareAssociations": [ { "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7be8694e-095c-41ca-9ce8-7be4aEXAMPLE", "resourceShareName": "MyNewResourceShare", "associatedEntity": "arn:aws:organizations::123456789012:ou/o-63bEXAMPLE/ou-46xi-rEXAMPLE", "associationType": "PRINCIPAL", "status": "ASSOCIATED", "creationTime": 1634587042.49, "lastUpdatedTime": 1634587044.291, "external": false } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetResourceShareAssociations」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-resource-share-invitations を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソース共有の招待を一覧表示するには

次のget-resource-share-invitations例では、現在のリソース共有の招待を一覧表示します。

aws ram get-resource-share-invitations

出力:

{ "resourceShareInvitations": [ { "resourceShareInvitationArn": "arn:aws:ram:us-west2-1:111111111111:resource-share-invitation/32b639f0-14b8-7e8f-55ea-e6117EXAMPLE", "resourceShareName": "project-resource-share", "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:111111111111:resource-share/fcb639f0-1449-4744-35bc-a983fEXAMPLE", "senderAccountId": "111111111111", "receiverAccountId": "222222222222", "invitationTimestamp": 1565312166.258, "status": "PENDING" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetResourceShareInvitations」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-resource-shares を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

例 1: 所有し、他のユーザーと共有しているリソース共有を一覧表示するには

次のget-resource-shares例では、 が作成し、他のユーザーと共有しているリソース共有を一覧表示します。

aws ram get-resource-shares \ --resource-owner SELF

出力:

{ "resourceShares": [ { "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/3ab63985-99d9-1cd2-7d24-75e93EXAMPLE", "name": "my-resource-share", "owningAccountId": "123456789012", "allowExternalPrincipals": false, "status": "ACTIVE", "tags": [ { "key": "project", "value": "lima" } ] "creationTime": 1565295733.282, "lastUpdatedTime": 1565295733.282 }, { "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7ab63972-b505-7e2a-420d-6f5d3EXAMPLE", "name": "my-resource-share", "owningAccountId": "123456789012", "allowExternalPrincipals": true, "status": "ACTIVE", "creationTime": 1565295733.282, "lastUpdatedTime": 1565295733.282 } ] }

例 2: 他のユーザーが所有し、自分と共有しているリソース共有を一覧表示するには

次のget-resource-shares例では、他のユーザーが作成して共有したリソース共有を一覧表示します。この例では、何もありません。

aws ram get-resource-shares \ --resource-owner OTHER-ACCOUNTS

出力:

{ "resourceShares": [] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetResourceShares」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-pending-invitation-resources を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

保留中のリソース共有で使用可能なリソースを一覧表示するには

次のlist-pending-invitation-resources例では、指定された招待に関連付けられたリソース共有内のすべてのリソースを一覧表示します。

aws ram list-pending-invitation-resources \ --resource-share-invitation-arn arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share-invitation/1e3477be-4a95-46b4-bbe0-c4001EXAMPLE

出力:

{ "resources": [ { "arn": "arn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:subnet/subnet-04a555b0e6EXAMPLE", "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7be8694e-095c-41ca-9ce8-7be4aEXAMPLE", "creationTime": 1634676051.269, "lastUpdatedTime": 1634676052.07, "status": "AVAILABLE", "type": "ec2:Subnet" }, { "arn": "arn:aws:license-manager:us-west-2:123456789012:license-configuration:lic-36be0485f5ae379cc74cf8e92EXAMPLE", "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7ab63972-b505-7e2a-420d-6f5d3EXAMPLE", "creationTime": 1624912434.431, "lastUpdatedTime": 1624912434.431, "status": "AVAILABLE", "type": "license-manager:LicenseConfiguration" } ] }

次の例は、list-permissions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

使用可能な RAM 管理アクセス許可を一覧表示するには

次のlist-permissions例では、 AWS Glue データベースリソースタイプでのみ使用可能なすべての RAM 管理アクセス許可を一覧表示します。

aws ram list-permissions \ --resource-type glue:Database

出力:

{ "permissions": [ { "arn": "arn:aws:ram::aws:permission/AWSRAMDefaultPermissionGlueDatabase", "version": "1", "defaultVersion": true, "name": "AWSRAMDefaultPermissionGlueDatabase", "resourceType": "glue:Database", "creationTime": 1592007820.935, "lastUpdatedTime": 1592007820.935, "isResourceTypeDefault": true }, { "arn": "arn:aws:ram::aws:permission/AWSRAMPermissionGlueAllTablesReadWriteForDatabase", "version": "2", "defaultVersion": true, "name": "AWSRAMPermissionGlueAllTablesReadWriteForDatabase", "resourceType": "glue:Database", "creationTime": 1624912413.323, "lastUpdatedTime": 1624912413.323, "isResourceTypeDefault": false }, { "arn": "arn:aws:ram::aws:permission/AWSRAMPermissionGlueDatabaseReadWrite", "version": "2", "defaultVersion": true, "name": "AWSRAMPermissionGlueDatabaseReadWrite", "resourceType": "glue:Database", "creationTime": 1624912417.4, "lastUpdatedTime": 1624912417.4, "isResourceTypeDefault": false }, { "arn": "arn:aws:ram::aws:permission/AWSRAMPermissionGlueTableReadWriteForDatabase", "version": "2", "defaultVersion": true, "name": "AWSRAMPermissionGlueTableReadWriteForDatabase", "resourceType": "glue:Database", "creationTime": 1624912434.431, "lastUpdatedTime": 1624912434.431, "isResourceTypeDefault": false } ] }

次のlist-permissions例では、すべてのリソースタイプで使用可能な RAM 管理アクセス許可を表示します。

aws ram list-permissions

出力:

{ "permissions": [ { "arn": "arn:aws:ram::aws:permission/AWSRAMBlankEndEntityCertificateAPICSRPassthroughIssuanceCertificateAuthority", "version": "1", "defaultVersion": true, "name": "AWSRAMBlankEndEntityCertificateAPICSRPassthroughIssuanceCertificateAuthority", "resourceType": "acm-pca:CertificateAuthority", "creationTime": 1623264861.085, "lastUpdatedTime": 1623264861.085, "isResourceTypeDefault": false }, { "arn": "arn:aws:ram::aws:permission/AWSRAMDefaultPermissionAppMesh", "version": "1", "defaultVersion": true, "name": "AWSRAMDefaultPermissionAppMesh", "resourceType": "appmesh:Mesh", "creationTime": 1589307188.584, "lastUpdatedTime": 1589307188.584, "isResourceTypeDefault": true }, ...TRUNCATED FOR BREVITY... { "arn": "arn:aws:ram::aws:permission/AWSRAMSubordinateCACertificatePathLen0IssuanceCertificateAuthority", "version": "1", "defaultVersion": true, "name": "AWSRAMSubordinateCACertificatePathLen0IssuanceCertificateAuthority", "resourceType": "acm-pca:CertificateAuthority", "creationTime": 1623264876.75, "lastUpdatedTime": 1623264876.75, "isResourceTypeDefault": false } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListPermissions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-principals を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソースにアクセスできるプリンシパルを一覧表示するには

次のlist-principals例では、任意のリソース共有を通じて指定されたタイプのリソースにアクセスできるプリンシパルのリストを表示します。

aws ram list-principals \ --resource-type ec2:Subnet

出力:

{ "principals": [ { "id": "arn:aws:organizations::123456789012:ou/o-gx7EXAMPLE/ou-29c5-zEXAMPLE", "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7ab63972-b505-7e2a-420d-6f5d3EXAMPLE", "creationTime": 1565298209.737, "lastUpdatedTime": 1565298211.019, "external": false } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListPrincipals」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-resource-share-permissions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソース共有に現在アタッチされているすべての RAM 管理アクセス許可を一覧表示するには

次のlist-resource-share-permissions例では、指定されたリソース共有にアタッチされているすべての RAM 管理アクセス許可を一覧表示します。

aws ram list-resource-share-permissions \ --resource-share-arn arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/27d09b4b-5e12-41d1-a4f2-19dedEXAMPLE

出力:

{ "permissions": [ { "arn": "arn:aws:ram::aws:permission/AWSRAMDefaultPermissionLicenseConfiguration", "version": "1", "resourceType": "license-manager:LicenseConfiguration", "status": "ASSOCIATED", "lastUpdatedTime": 1632342984.234 }, { "arn": "arn:aws:ram::aws:permission/AWSRAMPermissionGlueDatabaseReadWrite", "version": "2", "resourceType": "glue:Database", "status": "ASSOCIATED", "lastUpdatedTime": 1632512462.297 } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListResourceSharePermissions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-resource-types を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

AWS RAM でサポートされているリソースタイプを一覧表示するには

次のlist-resource-types例では、 AWS RAM で現在サポートされているすべてのリソースタイプを一覧表示します。

aws ram list-resource-types

出力:

{ "resourceTypes": [ { "resourceType": "route53resolver:FirewallRuleGroup", "serviceName": "route53resolver" }, { "resourceType": "ec2:LocalGatewayRouteTable", "serviceName": "ec2" }, ...OUTPUT TRUNCATED FOR BREVITY... { "resourceType": "ec2:Subnet", "serviceName": "ec2" }, { "resourceType": "ec2:TransitGatewayMulticastDomain", "serviceName": "ec2" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListResourceTypes」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-resources を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソース共有に関連付けられたリソースを一覧表示するには

次のlist-resources例では、指定されたリソースタイプの指定されたリソース共有内のすべてのリソースを一覧表示します。

aws ram list-resources \ --resource-type ec2:Subnet \ --resource-owner SELF \ --resource-share-arn arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7ab63972-b505-7e2a-420d-6f5d3EXAMPLE

出力:

{ "resources": [ { "arn": "aarn:aws:ec2:us-west-2:123456789012:subnet/subnet-0250c25a1f4e15235", "type": "ec2:Subnet", "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7ab63972-b505-7e2a-420d-6f5d3EXAMPLE", "creationTime": 1565301545.023, "lastUpdatedTime": 1565301545.947 } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListResources」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、promote-resource-share-created-from-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソースポリシーベースのリソース共有を AWS RAM の全機能に昇格させるには

次のpromote-resource-share-created-from-policy例では、リソースベースのポリシーをアタッチして暗黙的に作成したリソース共有を取得し、 AWS RAM コンソールとその CLI および API オペレーションで完全に機能するように変換します。

aws ram promote-resource-share-created-from-policy \ --resource-share-arn arn:aws:ram:us-east-1:123456789012:resource-share/91fa8429-2d06-4032-909a-90909EXAMPLE

出力:

{ "returnValue": true }

次の例は、reject-resource-share-invitation を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソース共有の招待を拒否するには

次のreject-resource-share-invitation例では、指定されたリソース共有の招待を拒否します。

aws ram reject-resource-share-invitation \ --resource-share-invitation-arn arn:aws:ram:us-west-2:111111111111:resource-share-invitation/32b639f0-14b8-7e8f-55ea-e6117EXAMPLE

出力:

"resourceShareInvitations": [ { "resourceShareInvitationArn": "arn:aws:ram:us-west2-1:111111111111:resource-share-invitation/32b639f0-14b8-7e8f-55ea-e6117EXAMPLE", "resourceShareName": "project-resource-share", "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:111111111111:resource-share/fcb639f0-1449-4744-35bc-a983fEXAMPLE", "senderAccountId": "111111111111", "receiverAccountId": "222222222222", "invitationTimestamp": 1565319592.463, "status": "REJECTED" } ]
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスRejectResourceShareInvitation」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、tag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソース共有にタグを追加するには

次のtag-resource例では、指定されたリソース共有limaにタグキーprojectと関連する値を追加します。

aws ram tag-resource \ --tags key=project,value=lima \ --resource-share-arn arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7ab63972-b505-7e2a-420d-6f5d3EXAMPLE

このコマンドでは何も出力されません。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスTagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、untag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソース共有からタグを削除するには

次のuntag-resource例では、指定されたリソース共有からprojectタグキー および関連する値 を削除します。

aws ram untag-resource \ --tag-keys project \ --resource-share-arn arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7ab63972-b505-7e2a-420d-6f5d3EXAMPLE

このコマンドでは何も出力されません。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUntagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-resource-share を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リソース共有を更新するには

次のupdate-resource-share例では、指定されたリソース共有を変更して、 AWS Organization にない外部プリンシパルを許可します。

aws ram update-resource-share \ --allow-external-principals \ --resource-share-arn arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7ab63972-b505-7e2a-420d-6f5d3EXAMPLE

出力:

{ "resourceShare": { "resourceShareArn": "arn:aws:ram:us-west-2:123456789012:resource-share/7ab63972-b505-7e2a-420d-6f5d3EXAMPLE", "name": "my-resource-share", "owningAccountId": "123456789012", "allowExternalPrincipals": true, "status": "ACTIVE", "creationTime": 1565295733.282, "lastUpdatedTime": 1565303080.023 } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateResourceShare」の「」を参照してください。 AWS CLI