を使用した Route 53 Resolver の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Route 53 Resolver の例 AWS CLI

次のコード例は、Route 53 Resolver AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、associate-firewall-rule-group を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ファイアウォールルールグループを VPC に関連付けるには

次のassociate-firewall-rule-group例では、DNS Firewall ルールグループを Amazon VPC に関連付けます。

aws route53resolver associate-firewall-rule-group \ --name test-association \ --firewall-rule-group-id rslvr-frg-47f93271fexample \ --vpc-id vpc-31e92222 \ --priority 101

出力:

{ "FirewallRuleGroupAssociation": { "Id": "rslvr-frgassoc-57e8873d7example", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123456789012:firewall-rule-group-association/rslvr-frgassoc-57e8873d7example", "FirewallRuleGroupId": "rslvr-frg-47f93271fexample", "VpcId": "vpc-31e92222", "Name": "test-association", "Priority": 101, "MutationProtection": "DISABLED", "Status": "UPDATING", "StatusMessage": "Creating Firewall Rule Group Association", "CreatorRequestId": "2ca1a304-32b3-4f5f-bc4c-EXAMPLE11111", "CreationTime": "2021-05-25T21:47:48.755768Z", "ModificationTime": "2021-05-25T21:47:48.755768Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「VPC と Route 53 Resolver DNS Firewall ルールグループ間の関連付けの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAssociateFirewallRuleGroup」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、associate-resolver-endpoint-ip-address を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

別の IP アドレスを Resolver エンドポイントに関連付けるには

次のassociate-resolver-endpoint-ip-address例では、別の IP アドレスをインバウンド Resolver エンドポイントに関連付けます。サブネット ID のみを指定し、 --ip-addressパラメータから IP アドレスを省略すると、Resolver は指定したサブネットで使用可能な IP アドレスの中から IP アドレスを選択します。

aws route53resolver associate-resolver-endpoint-ip-address \ --resolver-endpoint-id rslvr-in-497098ad5example \ --ip-address="SubnetId=subnet-12d8exam,Ip=192.0.2.118"

出力:

{ "ResolverEndpoint": { "Id": "rslvr-in-497098ad5example", "CreatorRequestId": "AWSConsole.25.0123456789", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-endpoint/rslvr-in-497098ad5example", "Name": "my-inbound-endpoint", "SecurityGroupIds": [ "sg-05cd7b25d6example" ], "Direction": "INBOUND", "IpAddressCount": 3, "HostVPCId": "vpc-304bexam", "Status": "UPDATING", "StatusMessage": "Updating the Resolver Endpoint", "CreationTime": "2020-01-02T23:25:45.538Z", "ModificationTime": "2020-01-02T23:25:45.538Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「インバウンドエンドポイントを作成または編集するときに指定する値」を参照してください。

次の例は、associate-resolver-rule を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver ルールを VPC に関連付けるには

次のassociate-resolver-rule例では、Resolver ルールを Amazon VPC に関連付けます。コマンドを実行すると、Resolver は転送されるクエリのドメイン名など、ルールの設定に基づいて DNS クエリをネットワークに転送し始めます。

aws route53resolver associate-resolver-rule \ --name my-resolver-rule-association \ --resolver-rule-id rslvr-rr-42b60677c0example \ --vpc-id vpc-304bexam

出力:

{ "ResolverRuleAssociation": { "Id": "rslvr-rrassoc-d61cbb2c8bexample", "ResolverRuleId": "rslvr-rr-42b60677c0example", "Name": "my-resolver-rule-association", "VPCId": "vpc-304bexam", "Status": "CREATING", "StatusMessage": "[Trace id: 1-5dc5a8fa-ec2cc480d2ef07617example] Creating the association." } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「ネットワークへのアウトバウンド DNS クエリの転送」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAssociateResolverRule」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-firewall-domain-list を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Route 53 Resolver DNS Firewall ドメインリストを作成するには

次のcreate-firewall-domain-list例では、 AWS アカウントに test という名前の Route 53 Resolver DNS Firewall ドメインリストを作成します。

aws route53resolver create-firewall-domain-list \ --creator-request-id my-request-id \ --name test

出力:

{ "FirewallDomainList": { "Id": "rslvr-fdl-d61cbb2cbexample", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123456789012:firewall-domain-list/rslvr-fdl-d61cbb2cbexample", "Name": "test", "DomainCount": 0, "Status": "COMPLETE", "StatusMessage": "Created Firewall Domain List", "CreatorRequestId": "my-request-id", "CreationTime": "2021-05-25T15:55:51.115365Z", "ModificationTime": "2021-05-25T15:55:51.115365Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「独自のドメインリストの管理」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateFirewallDomainList」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-firewall-rule-group を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ファイアウォールルールグループを作成するには

次のcreate-firewall-rule-group例では、DNS Firewall ルールグループを作成します。

aws route53resolver create-firewall-rule-group \ --creator-request-id my-request-id \ --name test

出力:

{ "FirewallRuleGroup": { "Id": "rslvr-frg-47f93271fexample", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123456789012:firewall-rule-group/rslvr-frg-47f93271fexample", "Name": "test", "RuleCount": 0, "Status": "COMPLETE", "StatusMessage": "Created Firewall Rule Group", "OwnerId": "123456789012", "CreatorRequestId": "my-request-id", "ShareStatus": "NOT_SHARED", "CreationTime": "2021-05-25T18:59:26.490017Z", "ModificationTime": "2021-05-25T18:59:26.490017Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「DNS Firewall でのルールグループとルールの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateFirewallRuleGroup」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-firewall-rule を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ファイアウォールルールを作成するには

次のcreate-firewall-rule例では、DNS Firewall ドメインリストにリストされているドメインの DNS Firewall ルールにファイアウォールルールを作成します。

aws route53resolver create-firewall-rule \ --name allow-rule \ --firewall-rule-group-id rslvr-frg-47f93271fexample \ --firewall-domain-list-id rslvr-fdl-9e956e9ffexample \ --priority 101 \ --action ALLOW

出力:

{ "FirewallRule": { "FirewallRuleGroupId": "rslvr-frg-47f93271fexample", "FirewallDomainListId": "rslvr-fdl-9e956e9ffexample", "Name": "allow-rule", "Priority": 101, "Action": "ALLOW", "CreatorRequestId": "d81e3fb7-020b-415e-939f-EXAMPLE11111", "CreationTime": "2021-05-25T21:44:00.346093Z", "ModificationTime": "2021-05-25T21:44:00.346093Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「DNS Firewall でのルールグループとルールの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateFirewallRule」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-resolver-endpoint を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

インバウンド Resolver エンドポイントを作成するには

次のcreate-resolver-endpoint例では、インバウンド Resolver エンドポイントを作成します。同じコマンドを使用して、インバウンドエンドポイントとアウトバウンドエンドポイントの両方を作成できます。

aws route53resolver create-resolver-endpoint --name my-inbound-endpoint --creator-request-id 2020-01-01-18:47 --security-group-ids "sg-f62bexam" --direction INBOUND --ip-addresses SubnetId=subnet-ba47exam,Ip=192.0.2.255 SubnetId=subnet-12d8exam,Ip=192.0.2.254

出力:

{ "ResolverEndpoint": { "Id": "rslvr-in-f9ab8a03f1example", "CreatorRequestId": "2020-01-01-18:47", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-endpoint/rslvr-in-f9ab8a03f1example", "Name": "my-inbound-endpoint", "SecurityGroupIds": [ "sg-f62bexam" ], "Direction": "INBOUND", "IpAddressCount": 2, "HostVPCId": "vpc-304examp", "Status": "CREATING", "StatusMessage": "[Trace id: 1-5dc1ff84-f3477826e4a190025example] Creating the Resolver Endpoint", "CreationTime": "2020-01-01T23:02:29.583Z", "ModificationTime": "2020-01-01T23:02:29.583Z" } }

アウトバウンド Resolver エンドポイントを作成するには

次のcreate-resolver-endpoint例では、JSON 形式のドキュメント の値を使用してアウトバウンドリゾルバーエンドポイントを作成しますcreate-outbound-resolver-endpoint.json

aws route53resolver create-resolver-endpoint \ --cli-input-json file://c:\temp\create-outbound-resolver-endpoint.json

create-outbound-resolver-endpoint.json の内容:

{ "CreatorRequestId": "2020-01-01-18:47", "Direction": "OUTBOUND", "IpAddresses": [ { "Ip": "192.0.2.255", "SubnetId": "subnet-ba47exam" }, { "Ip": "192.0.2.254", "SubnetId": "subnet-12d8exam" } ], "Name": "my-outbound-endpoint", "SecurityGroupIds": [ "sg-05cd7b25d6example" ], "Tags": [ { "Key": "my-key-name", "Value": "my-key-value" } ] }

詳細については、Amazon Route 53 デベロッパーガイドの「VPC とネットワーク間の DNS クエリの解決」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateResolverEndpoint」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-resolver-rule を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver ルールを作成するには

次のcreate-resolver-rule例では、Resolver 転送ルールを作成します。このルールでは、アウトバウンドエンドポイント rslvr-out-d5e5920e37example を使用して、 の DNS クエリexample.comを IP アドレス 10.24.8.75 および 10.24.8.156 に転送します。

aws route53resolver create-resolver-rule \ --creator-request-id 2020-01-02-18:47 \ --domain-name example.com \ --name my-rule \ --resolver-endpoint-id rslvr-out-d5e5920e37example \ --rule-type FORWARD \ --target-ips "Ip=10.24.8.75" "Ip=10.24.8.156"

出力:

{ "ResolverRule": { "Status": "COMPLETE", "RuleType": "FORWARD", "ResolverEndpointId": "rslvr-out-d5e5920e37example", "Name": "my-rule", "DomainName": "example.com.", "CreationTime": "2022-05-10T21:35:30.923187Z", "TargetIps": [ { "Ip": "10.24.8.75", "Port": 53 }, { "Ip": "10.24.8.156", "Port": 53 } ], "CreatorRequestId": "2022-05-10-16:33", "ModificationTime": "2022-05-10T21:35:30.923187Z", "ShareStatus": "NOT_SHARED", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-east-1:111117012054:resolver-rule/rslvr-rr-b1e0b905e93611111", "OwnerId": "111111111111", "Id": "rslvr-rr-rslvr-rr-b1e0b905e93611111", "StatusMessage": "[Trace id: 1-22222222-3e56afcc71a3724664f22e24] Successfully created Resolver Rule." } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateResolverRule」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-firewall-domain-list を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Route 53 Resolver DNS Firewall ドメインリストを削除するには

次のdelete-firewall-domain-list例では、 AWS アカウント内の test という名前の Route 53 Resolver DNS Firewall ドメインリストを削除します。

aws route53resolver delete-firewall-domain-list \ --firewall-domain-list-id rslvr-fdl-9e956e9ffexample

出力:

{ "FirewallDomainList": { "Id": "rslvr-fdl-9e956e9ffexample", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123456789012:firewall-domain-list/rslvr-fdl-9e956e9ffexample", "Name": "test", "DomainCount": 6, "Status": "DELETING", "StatusMessage": "Deleting the Firewall Domain List", "CreatorRequestId": "my-request-id", "CreationTime": "2021-05-25T15:55:51.115365Z", "ModificationTime": "2021-05-25T18:58:05.588024Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「独自のドメインリストの管理」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteFirewallDomainList」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-firewall-rule-group を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ファイアウォールルールグループを削除するには

次のdelete-firewall-rule-group例では、ファイアウォールルールグループを削除します。

aws route53resolver delete-firewall-rule-group \ --firewall-rule-group-id rslvr-frg-47f93271fexample

出力:

{ "FirewallRuleGroup": { "Id": "rslvr-frg-47f93271fexample", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123456789012:firewall-rule-group/rslvr-frg-47f93271fexample", "Name": "test", "RuleCount": 0, "Status": "UPDATING", "StatusMessage": "Updating Firewall Rule Group", "OwnerId": "123456789012", "CreatorRequestId": "my-request-id", "ShareStatus": "NOT_SHARED", "CreationTime": "2021-05-25T18:59:26.490017Z", "ModificationTime": "2021-05-25T21:51:53.028688Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「DNS Firewall でのルールグループとルールの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteFirewallRuleGroup」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-firewall-rule を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ファイアウォールルールを削除するには

次のdelete-firewall-rule例では、指定されたファイアウォールルールを削除します。

aws route53resolver delete-firewall-rule \ --firewall-rule-group-id rslvr-frg-47f93271fexample \ --firewall-domain-list-id rslvr-fdl-9e956e9ffexample

出力:

{ "FirewallRule": { "FirewallRuleGroupId": "rslvr-frg-47f93271fexample", "FirewallDomainListId": "rslvr-fdl-9e956e9ffexample", "Name": "allow-rule", "Priority": 102, "Action": "ALLOW", "CreatorRequestId": "d81e3fb7-020b-415e-939f-EXAMPLE11111", "CreationTime": "2021-05-25T21:44:00.346093Z", "ModificationTime": "2021-05-25T21:45:59.611600Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「DNS Firewall でのルールグループとルールの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteFirewallRule」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-resolver-endpoint を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver エンドポイントを削除するには

次のdelete-resolver-endpoint例では、指定されたエンドポイントを削除します。

重要 インバウンドエンドポイントを削除すると、ネットワークからの DNS クエリは、エンドポイントで指定した VPC 内の Resolver に転送されなくなります。アウトバウンドエンドポイントを削除すると、Resolver は、削除されたアウトバウンドエンドポイントを指定するルールに基づいた、VPC からネットワークへの DNS クエリの転送を停止します。

aws route53resolver delete-resolver-endpoint \ --resolver-endpoint-id rslvr-in-497098ad59example

出力:

{ "ResolverEndpoint": { "Id": "rslvr-in-497098ad59example", "CreatorRequestId": "AWSConsole.25.157290example", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-endpoint/rslvr-in-497098ad59example", "Name": "my-inbound-endpoint", "SecurityGroupIds": [ "sg-05cd7b25d6example" ], "Direction": "INBOUND", "IpAddressCount": 5, "HostVPCId": "vpc-304bexam", "Status": "DELETING", "StatusMessage": "[Trace id: 1-5dc5b658-811b5be0922bbc382example] Deleting ResolverEndpoint.", "CreationTime": "2020-01-01T23:25:45.538Z", "ModificationTime": "2020-01-02T23:25:45.538Z" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteResolverEndpoint」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-resolver-rule を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver ルールを削除するには

次のdelete-resolver-rule例では、指定されたルールを削除します。

ルールが VPCsに関連付けられている場合は、削除する前に、まず VPCs からルールの関連付けを解除する必要があります。

aws route53resolver delete-resolver-rule \ --resolver-rule-id rslvr-rr-5b3809426bexample

出力:

{ "ResolverRule": { "Id": "rslvr-rr-5b3809426bexample", "CreatorRequestId": "2020-01-03-18:47", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-rule/rslvr-rr-5b3809426bexample", "DomainName": "zenith.example.com.", "Status": "DELETING", "StatusMessage": "[Trace id: 1-5dc5e05b-602e67b052cb74f05example] Deleting Resolver Rule.", "RuleType": "FORWARD", "Name": "my-resolver-rule", "TargetIps": [ { "Ip": "192.0.2.50", "Port": 53 } ], "ResolverEndpointId": "rslvr-out-d5e5920e3example", "OwnerId": "111122223333", "ShareStatus": "NOT_SHARED" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteResolverRule」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、disassociate-firewall-rule-group を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

VPC からファイアウォールルールグループの関連付けを解除するには

次のdisassociate-firewall-rule-group例では、DNS Firewall ルールグループの Amazon VPC との関連付けを解除します。

aws route53resolver disassociate-firewall-rule-group \ --firewall-rule-group-association-id rslvr-frgassoc-57e8873d7example

出力:

{ "FirewallRuleGroupAssociation": { "Id": "rslvr-frgassoc-57e8873d7example", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123456789012:firewall-rule-group-association/rslvr-frgassoc-57e8873d7example", "FirewallRuleGroupId": "rslvr-frg-47f93271fexample", "VpcId": "vpc-31e92222", "Name": "test-association", "Priority": 103, "MutationProtection": "DISABLED", "Status": "DELETING", "StatusMessage": "Deleting the Firewall Rule Group Association", "CreatorRequestId": "2ca1a304-32b3-4f5f-bc4c-EXAMPLE11111", "CreationTime": "2021-05-25T21:47:48.755768Z", "ModificationTime": "2021-05-25T21:51:02.377887Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「VPC と Route 53 Resolver DNS Firewall ルールグループ間の関連付けの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDisassociateFirewallRuleGroup」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、disassociate-resolver-endpoint-ip-address を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver エンドポイントから IP アドレスの関連付けを解除するには

次のdisassociate-resolver-endpoint-ip-address例では、指定された Resolver のインバウンドエンドポイントまたはアウトバウンドエンドポイントから IP アドレスを削除します。

: エンドポイントには少なくとも 2 つの IP アドレスが必要です。現在、エンドポイントに 2 つの IP アドレスしかなく、あるアドレスを別のアドレスに置き換える場合は、まず associate-resolver-endpoint-ip-address を使用して新しい IP アドレスを関連付ける必要があります。その後、エンドポイントから元の IP アドレスの関連付けを解除できます。

aws route53resolver disassociate-resolver-endpoint-ip-address \ --resolver-endpoint-id rslvr-in-f9ab8a03f1example \ --ip-address="SubnetId=subnet-12d8a459,Ip=172.31.40.121"

出力:

{ "ResolverEndpoint": { "Id": "rslvr-in-f9ab8a03f1example", "CreatorRequestId": "2020-01-01-18:47", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-endpoint/rslvr-in-f9ab8a03f1example", "Name": "my-inbound-endpoint", "SecurityGroupIds": [ "sg-f62bexam" ], "Direction": "INBOUND", "IpAddressCount": 3, "HostVPCId": "vpc-304bexam", "Status": "UPDATING", "StatusMessage": "Updating the Resolver Endpoint", "CreationTime": "2020-01-01T23:02:29.583Z", "ModificationTime": "2020-01-05T23:02:29.583Z" } }

次の例は、disassociate-resolver-rule を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver ルールと Amazon VPC の関連付けを解除するには

次のdisassociate-resolver-rule例では、指定された Resolver ルールと指定された VPC 間の関連付けを削除します。次の状況では、VPC からルールの関連付けを解除できます。

この VPC から送信される DNS クエリの場合、Resolver がルールで指定されたドメイン名のネットワークへのクエリの転送を停止するようにします。転送ルールは削除します。ルールが現在 1 つ以上の VPC に関連付けられている場合は、ルールを削除する前に、すべての VPC からルールの関連付けを解除する必要があります。

aws route53resolver disassociate-resolver-rule \ --resolver-rule-id rslvr-rr-4955cb98ceexample \ --vpc-id vpc-304bexam

出力:

{ "ResolverRuleAssociation": { "Id": "rslvr-rrassoc-322f4e8b9cexample", "ResolverRuleId": "rslvr-rr-4955cb98ceexample", "Name": "my-resolver-rule-association", "VPCId": "vpc-304bexam", "Status": "DELETING", "StatusMessage": "[Trace id: 1-5dc5ffa2-a26c38004c1f94006example] Deleting Association" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDisassociateResolverRule」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-firewall-config を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

VPC のファイアウォール設定を取得するには

次のget-firewall-config例では、指定した VPC の DNS Firewall の動作を取得します。

aws route53resolver get-firewall-config \ --resource-id vpc-31e92222

出力:

{ "FirewallConfig": { "Id": "rslvr-fc-86016850cexample", "ResourceId": "vpc-31e9222", "OwnerId": "123456789012", "FirewallFailOpen": "DISABLED" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「DNS Firewall VPC 設定」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetFirewallConfig」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-firewall-domain-list を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Route 53 Resolver DNS Firewall ドメインリストを取得するには

次のget-firewall-domain-list例では、指定した ID を持つドメインリストを取得します。

aws route53resolver get-firewall-domain-list \ --firewall-domain-list-id rslvr-fdl-42b60677cexample

出力:

{ "FirewallDomainList": { "Id": "rslvr-fdl-9e956e9ffexample", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123457689012:firewall-domain-list/rslvr-fdl-42b60677cexample", "Name": "test", "DomainCount": 0, "Status": "COMPLETE", "StatusMessage": "Created Firewall Domain List", "CreatorRequestId": "my-request-id", "CreationTime": "2021-05-25T15:55:51.115365Z", "ModificationTime": "2021-05-25T15:55:51.115365Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「独自のドメインリストの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetFirewallDomainList」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-firewall-rule-group-association を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ファイアウォールルールグループの関連付けを取得するには

次のget-firewall-rule-group-association例では、ファイアウォールルールグループの関連付けを取得します。

aws route53resolver get-firewall-rule-group-association \ --firewall-rule-group-association-id rslvr-frgassoc-57e8873d7example

出力:

{ "FirewallRuleGroupAssociation": { "Id": "rslvr-frgassoc-57e8873d7example", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123456789012:firewall-rule-group-association/rslvr-frgassoc-57e8873d7example", "FirewallRuleGroupId": "rslvr-frg-47f93271fexample", "VpcId": "vpc-31e92222", "Name": "test-association", "Priority": 101, "MutationProtection": "DISABLED", "Status": "COMPLETE", "StatusMessage": "Finished rule group association update", "CreatorRequestId": "2ca1a304-32b3-4f5f-bc4c-EXAMPLE11111", "CreationTime": "2021-05-25T21:47:48.755768Z", "ModificationTime": "2021-05-25T21:47:48.755768Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「VPC と Route 53 Resolver DNS Firewall ルールグループ間の関連付けの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

次の例は、get-firewall-rule-group-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

AWS IAM ポリシーを取得するには

次のget-firewall-rule-group-policy例では、指定されたルールグループを共有するための AWS Identity and Access Management (AWS IAM) ポリシーを取得します。

aws route53resolver get-firewall-rule-group-policy \ --arn arn:aws:route53resolver:us-west-2:AWS_ACCOUNT_ID:firewall-rule-group/rslvr-frg-47f93271fexample

出力:

{ "FirewallRuleGroupPolicy": "{\"Version\":\"2012-10-17\",\"Statement\":[{\"Sid\":\"test\",\"Effect\":\"Allow\",\"Principal\":{\"AWS\":\"arn:aws:iam::AWS_ACCOUNT_ID:root\"},\"Action\":[\"route53resolver:GetFirewallRuleGroup\",\"route53resolver:ListFirewallRuleGroups\"],\"Resource\":\"arn:aws:route53resolver:us-east-1:AWS_ACCOUNT_ID:firewall-rule-group/rslvr-frg-47f93271fexample\"}]}" }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「DNS Firewall でのルールグループとルールの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetFirewallRuleGroupPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-firewall-rule-group を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ファイアウォールルールグループを取得するには

次のget-firewall-rule-group例では、指定した ID を持つ DNS Firewall ルールグループに関する情報を取得します。

aws route53resolver get-firewall-rule-group \ --firewall-rule-group-id rslvr-frg-47f93271fexample

出力:

{ "FirewallRuleGroup": { "Id": "rslvr-frg-47f93271fexample", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123456789012:firewall-rule-group/rslvr-frg-47f93271fexample", "Name": "test", "RuleCount": 0, "Status": "COMPLETE", "StatusMessage": "Created Firewall Rule Group", "OwnerId": "123456789012", "CreatorRequestId": "my-request-id", "ShareStatus": "NOT_SHARED", "CreationTime": "2021-05-25T18:59:26.490017Z", "ModificationTime": "2021-05-25T18:59:26.490017Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「DNS Firewall でのルールグループとルールの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetFirewallRuleGroup」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-resolver-endpoint を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver エンドポイントに関する情報を取得するには

次のget-resolver-endpoint例では、アウトバウンドで指定されたエンドポイントの詳細を表示します。該当するエンドポイント ID を指定することで、インバウンドエンドポイントとアウトバウンドエンドポイントget-resolver-endpointの両方に を使用できます。

aws route53resolver get-resolver-endpoint \ --resolver-endpoint-id rslvr-out-d5e5920e37example

出力:

{ "ResolverEndpoint": { "Id": "rslvr-out-d5e5920e37example", "CreatorRequestId": "2020-01-01-18:47", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-endpoint/rslvr-out-d5e5920e37example", "Name": "my-outbound-endpoint", "SecurityGroupIds": [ "sg-05cd7b25d6example" ], "Direction": "OUTBOUND", "IpAddressCount": 2, "HostVPCId": "vpc-304bexam", "Status": "OPERATIONAL", "StatusMessage": "This Resolver Endpoint is operational.", "CreationTime": "2020-01-01T23:50:50.979Z", "ModificationTime": "2020-01-02T23:50:50.979Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「インバウンドエンドポイントを作成または編集するときに指定する値」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetResolverEndpoint」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-resolver-rule-association を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver ルールと VPC 間の関連付けに関する情報を取得するには

次のget-resolver-rule-association例では、指定した Resolver ルールと VPC の関連付けに関する詳細を表示します。を使用して、リゾルバールールと VPC を関連付けますassociate-resolver-rule

aws route53resolver get-resolver-rule-association \ --resolver-rule-association-id rslvr-rrassoc-d61cbb2c8bexample

出力:

{ "ResolverRuleAssociation": { "Id": "rslvr-rrassoc-d61cbb2c8bexample", "ResolverRuleId": "rslvr-rr-42b60677c0example", "Name": "my-resolver-rule-association", "VPCId": "vpc-304bexam", "Status": "COMPLETE", "StatusMessage": "" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetResolverRuleAssociation」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-resolver-rule を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver ルールに関する情報を取得するには

次のget-resolver-rule例では、ルールが DNS クエリを転送するドメイン名や、ルールが関連付けられているアウトバウンドリゾルバーエンドポイントの ID など、指定されたリゾルバールールの詳細を表示します。

aws route53resolver get-resolver-rule \ --resolver-rule-id rslvr-rr-42b60677c0example

出力:

{ "ResolverRule": { "Id": "rslvr-rr-42b60677c0example", "CreatorRequestId": "2020-01-01-18:47", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-rule/rslvr-rr-42b60677c0example", "DomainName": "example.com.", "Status": "COMPLETE", "StatusMessage": "[Trace id: 1-5dc4b177-ff1d9d001a0f80005example] Successfully created Resolver Rule.", "RuleType": "FORWARD", "Name": "my-rule", "TargetIps": [ { "Ip": "192.0.2.45", "Port": 53 } ], "ResolverEndpointId": "rslvr-out-d5e5920e37example", "OwnerId": "111122223333", "ShareStatus": "NOT_SHARED" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「ルールを作成または編集するときに指定する値」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetResolverRule」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、import-firewall-domains を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ドメインをドメインリストにインポートするには

次のimport-firewall-domains例では、指定した DNS Firewall ドメインリストにファイルからドメインのセットをインポートします。

aws route53resolver import-firewall-domains \ --firewall-domain-list-id rslvr-fdl-d61cbb2cbexample \ --operation REPLACE \ --domain-file-url s3://PATH/TO/YOUR/FILE

出力:

{ "Id": "rslvr-fdl-d61cbb2cbexample", "Name": "test", "Status": "IMPORTING", "StatusMessage": "Importing domains from provided file." }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「独自のドメインリストの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスImportFirewallDomains」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-firewall-configs を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ファイアウォール設定を一覧表示するには

次のlist-firewall-configs例では、DNS Firewall の設定を一覧表示します。

aws route53resolver list-firewall-configs

出力:

{ "FirewallConfigs": [ { "Id": "rslvr-fc-86016850cexample", "ResourceId": "vpc-31e92222", "OwnerId": "123456789012", "FirewallFailOpen": "DISABLED" } ] }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「DNS Firewall VPC 設定」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListFirewallConfigs」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-firewall-domain-lists を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Route 53 Resolver DNS Firewall ドメインリストをすべて一覧表示するには

次のlist-firewall-domain-lists例では、すべてのドメインリストを一覧表示します。

aws route53resolver list-firewall-domain-lists

出力:

{ "FirewallDomainLists": [ { "Id": "rslvr-fdl-2c46f2ecfexample", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123456789012:firewall-domain-list/rslvr-fdl-2c46f2ecfexample", "Name": "AWSManagedDomainsMalwareDomainList", "CreatorRequestId": "AWSManagedDomainsMalwareDomainList", "ManagedOwnerName": "Route 53 Resolver DNS Firewall" }, { "Id": "rslvr-fdl-aa970e9e1example", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123456789012:firewall-domain-list/rslvr-fdl-aa970e9e1example", "Name": "AWSManagedDomainsBotnetCommandandControl", "CreatorRequestId": "AWSManagedDomainsBotnetCommandandControl", "ManagedOwnerName": "Route 53 Resolver DNS Firewall" }, { "Id": "rslvr-fdl-42b60677cexample", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123456789111:firewall-domain-list/rslvr-fdl-42b60677cexample", "Name": "test", "CreatorRequestId": "my-request-id" } ] }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「Route 53 Resolver DNS Firewall ドメインリスト」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListFirewallDomainLists」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-firewall-domains を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ドメインリスト内のドメインを一覧表示するには

次のlist-firewall-domains例では、指定した DNS Firewall ドメインリスト内のドメインを一覧表示します。

aws route53resolver list-firewall-domains \ --firewall-domain-list-id rslvr-fdl-d61cbb2cbexample

出力:

{ "Domains": [ "test1.com.", "test2.com.", "test3.com." ] }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「独自のドメインリストの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListFirewallDomains」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-firewall-rule-group-associations を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

DNS Firewall ルールグループの関連付けを一覧表示するには

次のlist-firewall-rule-group-associations例では、DNS Firewall ルールグループと Amazon VPCs。

aws route53resolver list-firewall-rule-group-associations

出力:

{ "FirewallRuleGroupAssociations": [ { "Id": "rslvr-frgassoc-57e8873d7example", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123456789012:firewall-rule-group-association/rslvr-frgassoc-57e8873d7example", "FirewallRuleGroupId": "rslvr-frg-47f93271fexample", "VpcId": "vpc-31e92222", "Name": "test-association", "Priority": 101, "MutationProtection": "DISABLED", "Status": "UPDATING", "StatusMessage": "Creating Firewall Rule Group Association", "CreatorRequestId": "2ca1a304-32b3-4f5f-bc4c-EXAMPLE11111", "CreationTime": "2021-05-25T21:47:48.755768Z", "ModificationTime": "2021-05-25T21:47:48.755768Z" } ] }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「VPC と Route 53 Resolver DNS Firewall ルールグループ間の関連付けの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

次の例は、list-firewall-rule-groups を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ファイアウォールルールグループのリストを取得するには

次のlist-firewall-rule-groups例では、DNS Firewall ルールグループを一覧表示します。

aws route53resolver list-firewall-rule-groups

出力:

{ "FirewallRuleGroups": [ { "Id": "rslvr-frg-47f93271fexample", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123456789012:firewall-rule-group/rslvr-frg-47f93271fexample", "Name": "test", "OwnerId": "123456789012", "CreatorRequestId": "my-request-id", "ShareStatus": "NOT_SHARED" } ] }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「DNS Firewall でのルールグループとルールの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListFirewallRuleGroups」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-firewall-rules を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ファイアウォールルールを一覧表示するには

次のlist-firewall-rules例では、ファイアウォールルールグループ内のすべての DNS Firewall ルールを一覧表示します。

aws route53resolver list-firewall-rules \ --firewall-rule-group-id rslvr-frg-47f93271fexample

出力:

{ "FirewallRules": [ { "FirewallRuleGroupId": "rslvr-frg-47f93271fexample", "FirewallDomainListId": "rslvr-fdl-9e956e9ffexample", "Name": "allow-rule", "Priority": 101, "Action": "ALLOW", "CreatorRequestId": "d81e3fb7-020b-415e-939f-EXAMPLE11111", "CreationTime": "2021-05-25T21:44:00.346093Z", "ModificationTime": "2021-05-25T21:44:00.346093Z" } ] }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「DNS Firewall でのルールグループとルールの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListFirewallRules」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-resolver-endpoint-ip-addresses を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

指定されたインバウンドエンドポイントまたはアウトバウンドエンドポイントの IP アドレスを一覧表示するには

次のlist-resolver-endpoint-ip-addresses例では、インバウンドエンドポイント に関連付けられている IP アドレスに関する情報を一覧表示しますrslvr-in-f9ab8a03f1example。該当するエンドポイント ID を指定して、アウトバウンドエンドポイントlist-resolver-endpoint-ip-addressesに を使用することもできます。

aws route53resolver list-resolver-endpoint-ip-addresses \ --resolver-endpoint-id rslvr-in-f9ab8a03f1example

出力:

{ "MaxResults": 10, "IpAddresses": [ { "IpId": "rni-1de60cdbfeexample", "SubnetId": "subnet-ba47exam", "Ip": "192.0.2.44", "Status": "ATTACHED", "StatusMessage": "This IP address is operational.", "CreationTime": "2020-01-03T23:02:29.587Z", "ModificationTime": "2020-01-03T23:03:05.555Z" }, { "IpId": "rni-aac7085e38example", "SubnetId": "subnet-12d8exam", "Ip": "192.0.2.45", "Status": "ATTACHED", "StatusMessage": "This IP address is operational.", "CreationTime": "2020-01-03T23:02:29.593Z", "ModificationTime": "2020-01-03T23:02:55.060Z" } ] }

出力の値の詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「インバウンドエンドポイント を作成または編集するときに指定する値」および「アウトバウンドエンドポイント を作成または編集するときに指定する値」を参照してください。 Amazon Route 53

次の例は、list-resolver-endpoints を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

AWS リージョンの Resolver エンドポイントを一覧表示するには

次のlist-resolver-endpoints例では、現在のアカウントに存在するインバウンドおよびアウトバウンドの Resolver エンドポイントを一覧表示します。

aws route53resolver list-resolver-endpoints

出力:

{ "MaxResults": 10, "ResolverEndpoints": [ { "Id": "rslvr-in-497098ad59example", "CreatorRequestId": "2020-01-01-18:47", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-endpoint/rslvr-in-497098ad59example", "Name": "my-inbound-endpoint", "SecurityGroupIds": [ "sg-05cd7b25d6example" ], "Direction": "INBOUND", "IpAddressCount": 2, "HostVPCId": "vpc-304bexam", "Status": "OPERATIONAL", "StatusMessage": "This Resolver Endpoint is operational.", "CreationTime": "2020-01-01T23:25:45.538Z", "ModificationTime": "2020-01-01T23:25:45.538Z" }, { "Id": "rslvr-out-d5e5920e37example", "CreatorRequestId": "2020-01-01-18:48", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-endpoint/rslvr-out-d5e5920e37example", "Name": "my-outbound-endpoint", "SecurityGroupIds": [ "sg-05cd7b25d6example" ], "Direction": "OUTBOUND", "IpAddressCount": 2, "HostVPCId": "vpc-304bexam", "Status": "OPERATIONAL", "StatusMessage": "This Resolver Endpoint is operational.", "CreationTime": "2020-01-01T23:50:50.979Z", "ModificationTime": "2020-01-01T23:50:50.979Z" } ] }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListResolverEndpoints」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-resolver-rule-associations を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver ルールと VPCs 間の関連付けを一覧表示するには

次のlist-resolver-rule-associations例では、現在の AWS アカウントのリゾルバールールと VPCs間の関連付けを一覧表示します。

aws route53resolver list-resolver-rule-associations

出力:

{ "MaxResults": 30, "ResolverRuleAssociations": [ { "Id": "rslvr-autodefined-assoc-vpc-304bexam-internet-resolver", "ResolverRuleId": "rslvr-autodefined-rr-internet-resolver", "Name": "System Rule Association", "VPCId": "vpc-304bexam", "Status": "COMPLETE", "StatusMessage": "" }, { "Id": "rslvr-rrassoc-d61cbb2c8bexample", "ResolverRuleId": "rslvr-rr-42b60677c0example", "Name": "my-resolver-rule-association", "VPCId": "vpc-304bexam", "Status": "COMPLETE", "StatusMessage": "" } ] }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「Route 53 Resolver が VPCs」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListResolverRuleAssociations」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-resolver-rules を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver ルールを一覧表示するには

次のlist-resolver-rules例では、現在の AWS アカウントのすべての Resolver ルールを一覧表示します。

aws route53resolver list-resolver-rules

出力:

{ "MaxResults": 30, "ResolverRules": [ { "Id": "rslvr-autodefined-rr-internet-resolver", "CreatorRequestId": "", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2::autodefined-rule/rslvr-autodefined-rr-internet-resolver", "DomainName": ".", "Status": "COMPLETE", "RuleType": "RECURSIVE", "Name": "Internet Resolver", "OwnerId": "Route 53 Resolver", "ShareStatus": "NOT_SHARED" }, { "Id": "rslvr-rr-42b60677c0example", "CreatorRequestId": "2020-01-01-18:47", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-rule/rslvr-rr-42b60677c0bc4e299", "DomainName": "example.com.", "Status": "COMPLETE", "StatusMessage": "[Trace id: 1-5dc4b177-ff1d9d001a0f80005example] Successfully created Resolver Rule.", "RuleType": "FORWARD", "Name": "my-rule", "TargetIps": [ { "Ip": "192.0.2.45", "Port": 53 } ], "ResolverEndpointId": "rslvr-out-d5e5920e37example", "OwnerId": "111122223333", "ShareStatus": "NOT_SHARED" } ] }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「Route 53 Resolver が VPCs」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListResolverRules」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-tags-for-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver リソースのタグを一覧表示するには

次のlist-tags-for-resource例では、指定した Resolver ルールに割り当てられているタグを一覧表示します。

aws route53resolver list-tags-for-resource \ --resource-arn "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-rule/rslvr-rr-42b60677c0example"

出力:

{ "Tags": [ { "Key": "my-key-1", "Value": "my-value-1" }, { "Key": "my-key-2", "Value": "my-value-2" } ] }

コスト配分にタグを使用する方法については、AWS 「 Billing and Cost Management ユーザーガイド」の「コスト配分タグの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListTagsForResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-firewall-rule-group-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

AWS IAM ポリシーをアタッチしてファイアウォールルールグループポリシーを共有するには

次のput-firewall-rule-group-policy例では、ルールグループを共有するための AWS Identity and Access Management (AWS IAM) ポリシーをアタッチします。

aws route53resolver put-firewall-rule-group-policy \ --firewall-rule-group-policy "{\"Version\":\"2012-10-17\",\"Statement\":[{\"Sid\":\"test\",\"Effect\":\"Allow\",\"Principal\":{\"AWS\":\"arn:aws:iam::AWS_ACCOUNT_ID:root\"},\"Action\":[\"route53resolver:GetFirewallRuleGroup\",\"route53resolver:ListFirewallRuleGroups\"],\"Resource\":\"arn:aws:route53resolver:us-east-1:AWS_ACCOUNT_ID:firewall-rule-group/rslvr-frg-47f93271fexample\"}]}"

出力:

{ "ReturnValue": true }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「DNS Firewall でのルールグループとルールの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutFirewallRuleGroupPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-resolver-rule-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver ルールを別の AWS アカウントと共有するには

次のput-resolver-rule-policy例では、別の AWS アカウントと共有したい Resolver ルール、ルールを共有したいアカウント、およびアカウントがルールに対して実行できるようにするルール関連のオペレーションを指定します。

このコマンドは、ルールを作成したのと同じアカウントの認証情報を使用して実行する必要があります。

aws route53resolver put-resolver-rule-policy \ --region us-east-1 \ --arn "arn:aws:route53resolver:us-east-1:111122223333:resolver-rule/rslvr-rr-42b60677c0example" \ --resolver-rule-policy "{\"Version\": \"2012-10-17\", \ \"Statement\": [ { \ \"Effect\" : \"Allow\", \ \"Principal\" : {\"AWS\" : \"444455556666\" }, \ \"Action\" : [ \ \"route53resolver:GetResolverRule\", \ \"route53resolver:AssociateResolverRule\", \ \"route53resolver:DisassociateResolverRule\", \ \"route53resolver:ListResolverRules\", \ \"route53resolver:ListResolverRuleAssociations\" ], \ \"Resource\" : [ \"arn:aws:route53resolver:us-east-1:111122223333:resolver-rule/rslvr-rr-42b60677c0example\" ] } ] }"

出力:

{ "ReturnValue": true }

を実行したらput-resolver-rule-policy、次の 2 つの Resource Access Manager (RAM) コマンドを実行できます。ルールを共有するアカウントを使用する必要があります。

get-resource-share-invitations は値 を返しますresourceShareInvitationArn。共有ルールを使用するには、この値が必要です。accept-resource-share-invitation は、共有ルールを使用するための招待を受け入れます。

詳細については、次のドキュメントを参照してください。

get-resource-share-invitationsaccept-resource-share-invitations「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「他の AWS アカウントと転送ルールを共有し、共有ルールを使用するAmazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutResolverRulePolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、tag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

タグを Resolver リソースに関連付けるには

次のtag-resource例では、指定した Resolver ルールに 2 つのタグキーと値のペアを関連付けます。

aws route53resolver tag-resource \ --resource-arn "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-rule/rslvr-rr-42b60677c0example" \ --tags "Key=my-key-1,Value=my-value-1" "Key=my-key-2,Value=my-value-2"

このコマンドでは何も出力されません。

コスト配分にタグを使用する方法については、AWS 「請求情報とコスト管理ユーザーガイド」の「コスト配分タグの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスTagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、untag-resource を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver リソースからタグを削除するには

次のuntag-resource例では、指定した Resolver ルールから 2 つのタグを削除します。

aws route53resolver untag-resource \ --resource-arn "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-rule/rslvr-rr-42b60677c0example" \ --tag-keys my-key-1 my-key-2

このコマンドでは何も出力されません。タグが削除されたことを確認するには、 を使用しますlist-tags-for-resource

コスト配分にタグを使用する方法については、AWS 「 Billing and Cost Management ユーザーガイド」の「コスト配分タグの使用」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUntagResource」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-firewall-config を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ファイアウォール設定を更新するには

次のupdate-firewall-config例では、DNS Firewall の設定を更新します。

aws route53resolver update-firewall-config \ --resource-id vpc-31e92222 \ --firewall-fail-open DISABLED

出力:

{ "FirewallConfig": { "Id": "rslvr-fc-86016850cexample", "ResourceId": "vpc-31e92222", "OwnerId": "123456789012", "FirewallFailOpen": "DISABLED" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「DNS Firewall VPC 設定」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateFirewallConfig」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-firewall-domains を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ドメインリストを更新するには

次のupdate-firewall-domains例では、指定した ID を使用してドメインをドメインリストに追加します。

aws route53resolver update-firewall-domains \ --firewall-domain-list-id rslvr-fdl-42b60677cexampleb \ --operation ADD \ --domains test1.com test2.com test3.com

出力:

{ "Id": "rslvr-fdl-42b60677cexample", "Name": "test", "Status": "UPDATING", "StatusMessage": "Updating the Firewall Domain List" }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「独自のドメインリストの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateFirewallDomains」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-firewall-rule-group-association を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ファイアウォールルールグループの関連付けを更新するには

次のupdate-firewall-rule-group-association例では、ファイアウォールルールグループの関連付けを更新します。

aws route53resolver update-firewall-rule-group-association \ --firewall-rule-group-association-id rslvr-frgassoc-57e8873d7example \ --priority 103

出力:

{ "FirewallRuleGroupAssociation": { "Id": "rslvr-frgassoc-57e8873d7example", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:123456789012:firewall-rule-group-association/rslvr-frgassoc-57e8873d7example", "FirewallRuleGroupId": "rslvr-frg-47f93271fexample", "VpcId": "vpc-31e92222", "Name": "test-association", "Priority": 103, "MutationProtection": "DISABLED", "Status": "UPDATING", "StatusMessage": "Updating the Firewall Rule Group Association Attributes", "CreatorRequestId": "2ca1a304-32b3-4f5f-bc4c-EXAMPLE11111", "CreationTime": "2021-05-25T21:47:48.755768Z", "ModificationTime": "2021-05-25T21:50:09.272569Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「VPC と Route 53 Resolver DNS Firewall ルールグループ間の関連付けの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

次の例は、update-firewall-rule を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ファイアウォールルールを更新するには

次のupdate-firewall-rule例では、指定したパラメータでファイアウォールルールを更新します。

aws route53resolver update-firewall-rule \ --firewall-rule-group-id rslvr-frg-47f93271fexample \ --firewall-domain-list-id rslvr-fdl-9e956e9ffexample \ --priority 102

出力:

{ "FirewallRule": { "FirewallRuleGroupId": "rslvr-frg-47f93271fexample", "FirewallDomainListId": "rslvr-fdl-9e956e9ffexample", "Name": "allow-rule", "Priority": 102, "Action": "ALLOW", "CreatorRequestId": "d81e3fb7-020b-415e-939f-EXAMPLE11111", "CreationTime": "2021-05-25T21:44:00.346093Z", "ModificationTime": "2021-05-25T21:45:59.611600Z" } }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「DNS Firewall でのルールグループとルールの管理」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateFirewallRule」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-resolver-endpoint を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

Resolver エンドポイントの名前を更新するには

次のupdate-resolver-endpoint例では、Resolver エンドポイントの名前を更新します。他の値の更新はサポートされていません。

aws route53resolver update-resolver-endpoint \ --resolver-endpoint-id rslvr-in-b5d45e32bdc445f09 \ --name my-renamed-inbound-endpoint

出力:

{ "ResolverEndpoint": { "Id": "rslvr-in-b5d45e32bdexample", "CreatorRequestId": "2020-01-02-18:48", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-endpoint/rslvr-in-b5d45e32bdexample", "Name": "my-renamed-inbound-endpoint", "SecurityGroupIds": [ "sg-f62bexam" ], "Direction": "INBOUND", "IpAddressCount": 2, "HostVPCId": "vpc-304bexam", "Status": "OPERATIONAL", "StatusMessage": "This Resolver Endpoint is operational.", "CreationTime": "2020-01-01T18:33:59.265Z", "ModificationTime": "2020-01-08T18:33:59.265Z" } }
  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateResolverEndpoint」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-resolver-rule を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

例 1: 設定リゾルバーエンドポイントを更新するには

次のupdate-resolver-rule例では、ルールの名前、DNS クエリが転送されるオンプレミスネットワークの IP アドレス、およびクエリをネットワークに転送するために使用しているアウトバウンド Resolver エンドポイントの ID を更新します。

: の既存の値はTargetIps上書きされるため、更新後にルールに含めるすべての IP アドレスを指定する必要があります。

aws route53resolver update-resolver-rule \ --resolver-rule-id rslvr-rr-1247fa64f3example \ --config Name="my-2nd-rule",TargetIps=[{Ip=192.0.2.45,Port=53},{Ip=192.0.2.46,Port=53}],ResolverEndpointId=rslvr-out-7b89ed0d25example

出力:

{ "ResolverRule": { "Id": "rslvr-rr-1247fa64f3example", "CreatorRequestId": "2020-01-02-18:47", "Arn": "arn:aws:route53resolver:us-west-2:111122223333:resolver-rule/rslvr-rr-1247fa64f3example", "DomainName": "www.example.com.", "Status": "COMPLETE", "StatusMessage": "[Trace id: 1-5dcc90b9-8a8ee860aba1ebd89example] Successfully updated Resolver Rule.", "RuleType": "FORWARD", "Name": "my-2nd-rule", "TargetIps": [ { "Ip": "192.0.2.45", "Port": 53 }, { "Ip": "192.0.2.46", "Port": 53 } ], "ResolverEndpointId": "rslvr-out-7b89ed0d25example", "OwnerId": "111122223333", "ShareStatus": "NOT_SHARED" } }

例 2: 「config」設定のファイルを使用して設定リゾルバーエンドポイントを更新するには

または、config設定を JSON ファイルに追加し、 を呼び出すときにそのファイルを指定することもできますupdate-resolver-rule

aws route53resolver update-resolver-rule \ --resolver-rule-id rslvr-rr-1247fa64f3example \ --config file://c:\temp\update-resolver-rule.json

update-resolver-rule.json の内容。

{ "Name": "my-2nd-rule", "TargetIps": [ { "Ip": "192.0.2.45", "Port": 53 }, { "Ip": "192.0.2.46", "Port": 53 } ], "ResolverEndpointId": "rslvr-out-7b89ed0d25example" }

詳細については、「Amazon Route 53 デベロッパーガイド」の「ルールを作成または編集するときに指定する値」を参照してください。 Amazon Route 53

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateResolverRule」の「」を参照してください。 AWS CLI