を使用した Snowball の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用した Snowball の例 AWS CLI

次のコード例は、Snowball AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、get-snowball-usage を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アカウントの Snowball サービスの制限に関する情報を取得するには

次のget-snowball-usage例では、アカウントの Snowball サービスの制限に関する情報と、アカウントが使用中の Snowball の数を表示します。

aws snowball get-snowball-usage

出力:

{ "SnowballLimit": 1, "SnowballsInUse": 0 }

詳細については、 AWS Snowball デベロッパーガイドの Snowball Edge の制限を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetSnowballUsage」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-jobs を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アカウント内の現在の Snowball ジョブを一覧表示するには

次のlist-jobs例では、 JobListEntry オブジェクトの配列を表示します。この例では、1 つのジョブが一覧表示されます。

aws snowball list-jobs

出力:

{ "JobListEntries": [ { "CreationDate": 2016-09-27T14:50Z, "Description": "Important Photos 2016-08-11", "IsMaster": TRUE, "JobId": "ABCd1e324fe-022f-488e-a98b-3b0566063db1", "JobState": "Complete", "JobType": "IMPORT", "SnowballType": "EDGE" } ] }

詳細については、AWS Snowball デベロッパーガイドの「Jobs for Snowball Edge devices」を参照してください。 AWS

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListJobs」の「」を参照してください。 AWS CLI